馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

無関心、について 3/x


好きの反対は無関心、
何かが変だ。
何か仕掛けがあるような気がする。
きっと魔法がかけられている。

好きの反対は無関心、
そのフレーズは、
当然には正しくはないが、
ある意味ではとても正しい。

まず関心が持たれなければ、
好きも嫌いもない。
認知されなければ、
感情は生まれない。



    161022d.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/image/7924/1

とても当たりまえのことを、
言っているに過ぎないのに、
関心、という認知から、
好き、という感情に跳ばされる。

好き、に対する、嫌い、
関心、に対する、無関心、
それらが対立する軸を見失う。
そのあたりだろうか、

魔法の呪文が、
書き込まれているのは。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年10月23日 12:05 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1238-d4c171fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)