馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

無関心、について 2/x


好きの反対は無関心、
では、嫌い、はどこに行った?
記述されないからといって、
嫌い、がなくなるわけではないだろう。



    161022c.jpg
    http://www.thenational.ae/arts-lifestyle/music/guitar-hero-the-perpetual-relevance-of-jimi-hendrix

好きの反対が無関心なら、
嫌いの反対も、もちろん、
無関心に決まっている。
そんなの、誰でも即答できる。

嫌い、を隠しただけの、
きれいごとのフレーズを、
素直に受け容れること、
それを何と呼ぶのかは知らないが、

僕は、それを無関心と呼ぶ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年10月22日 20:09 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

普通に考えると、好き=プラス志向、嫌い=マイナス志向、無関心=ゼロ志向という事になる訳ですが、その常識?に青梗菜さんは挑む?という事かな。
好きでも嫌いでも、相手にされる。という点で共通するけど、無関心というのは、相手にしないということですから、意識にも昇らない。ただ、無意識ではどうだろう?という感はしますね〜。
無関心、つまり、敢えて、無意識に押し込めていると。
ただ、今の精神医学では、無意識というのは非科学的と、フロントやユングとかも、教えない傾向にありますよ〜。
  1. 2016/10/23(日) 01:41:12 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>普通に考えると、好き=プラス志向、嫌い=マイナス志向、無関心=ゼロ志向という事になる訳ですが、
はい、好きなことに照準して、嫌いなことは思考から追い出すと、ご機嫌に生活できる。
例えば、広島、と聞いたら、
厳島神社、尾道、カープ、もみじ饅頭、と連想するのがいい。
長崎、沖縄、ペリリュー島、インパール作戦、に行くのはだめw。
楽しく生きることが人生の目的なら、
いいと思いますよ~、ポジティブ思考。

数直線でプラス、マイナスを表すと、
無関心はゼロっぽいですね。
好き嫌いが与えられていない、手つかずのゼロ。

>その常識?に青梗菜さんは挑む?という事かな。
どうかなぁ、常識は壊せると思うけどw。

>好きでも嫌いでも、相手にされる。という点で共通するけど、無関心というのは、相手にしないということですから、意識にも昇らない。
そうそう、それそれ。
まきがいさんが、「好き・嫌い・醜い」って分類したときに、
「好き」と「嫌い」は考えることができるけれど、
「醜い」は考え続けることができない、って考察してました。
見抜いてるなぁ、慧眼です。

では、考え続けることができない「醜い」は、「嫌い」に寄って行き、
同じく、考え続けることができない「美しい」は、「好き」に振り分けられる。
そんな仮説が成り立ちそうです。
言葉と、好き嫌い、が揃っているリアル、
言葉だけで、好き嫌い、が伴っていないフィクション、
好き嫌い、が言葉にならない直感、
そんな分類も絡んできそうです。
  1. 2016/10/23(日) 11:02:15 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

何かを考えるのは、くたびれます。
しかし、くたびれなければ体感がありません。
体感が無ければ、自分を刻むものが生まれず、
せっかく浮かんだ疑問が目の前を通過してしまいます。
必死に何かを書くのも、必要な栄養なのだと思います







  1. 2016/10/24(月) 22:05:59 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>何かを考えるのは、くたびれます。
うん、疲れるw。
考える、って何だろうね。
何百冊、何千冊の本を読んでても、
考えてない人は考えてないわ。
読書感想文を書いて、
先生に点数をつけてもらうことから出られない。

>しかし、くたびれなければ体感がありません。
はい、体感はどこにも落ちてないもん。
検索しても、拾えない。

>体感が無ければ、自分を刻むものが生まれず、
>せっかく浮かんだ疑問が目の前を通過してしまいます。
問いを問いと思えるかにかかってる。
無関心についてなんか、
まともな人は、一生考えないよなw。

>必死に何かを書くのも、必要な栄養なのだと思います
ふふふw、必死で書いてるときも、
半笑いで書いてる風情を装いましょうw。
  1. 2016/10/24(月) 23:13:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1237-d4eeb339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)