馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

嫌い、について 10/xx


嫌いな人とは、つき合いたくはないが、
テンプレートに沿わせたり、
すでに共有されたインデックスを、
指示し合ったりすることは、
諭されなくても、僕にでもできる。
教えてくれなくてもいい。

本に書いていたこと、
ネットで拾ってきたこと、
テレビで聞きかじったことを、
繰り返すことは、僕にでもできる。
それで満足する人に対しては、
僕は、満足を与えよう。

しかし、それで満足する、
そのこと自体が、僕が嫌いな人の、
嫌いな所以(ゆえん)になっている。



    161015c.jpg
    http://real.tsite.jp/umeda/event/2015/09/post-32.html

僕が嫌いな人、とは、
僕が何を嫌っているのか、という、
僕の言葉が通じない人だろう。
僕の、嫌い、の意味しているものを、
理解されないこと自体が、
僕が嫌う理由として挙げられる。

それは、ゼロのかたちをとることで、
意味作用をもつ記号、
嫌い、とは、ゼロ記号である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年10月15日 18:37 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1230-f100f0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)