馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

好き、について 12/xx


すべての音楽の中に、
いくつかの、僕の好きな音楽がある。
        すべての、とか、いくつかの、とかは、
        量を表現している。
すべての音楽も、僕の好きな音楽も、
量化表現されるものだ。


すべて、といっても、
たいした量ではない。
        すべての音楽、とは、
        僕が知る限りのすべての音楽であり、
僕が知らない音楽は、
僕には、存在しないのと同じである。
        音楽は、存在するから、
        僕に知られているのではなく、
僕に知られているから、
存在することになる。



    140103b.jpg

大量の音楽を聴けば、
大量の分節を持つ。
        その中から選ばれた音楽は、
        とびきりの、好き、になるはずだ。
その一方で、思うのは、
好きになれない音楽の多さ。
        もしも、僕が知っている音楽が、
        100曲だけだったら、
僕は、そのすべての音楽を、
好きになれたのかもしれない。


好き、というのは、
きっと、いくつかの、
        好きになれたのかもしれないものごとを、
        嫌うことである。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年09月27日 23:08 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

80年代のひとみたいw

白黒画像のすべてがなつかしいw
いまどきっっ
ローバーにSRw
機能性かつおしゃれじゃなきゃなうえかつ頑固でなきゃいやなんですねw
へんなのw
そうか
Hajimeさんも車はマニュアル,音源はLPが好きというひとでしたね・・・
  1. 2016/09/29(木) 20:01:27 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

出会った瞬間にやられてしまうことがある。
いや、出会う前から決められていたと思えることも。
例えば、車を買おうと思って一生懸命に色んなカタログを見たりというような、相手に関する様々な情報を必死に集めている時には、
その相手は姿を現さない。
つまんねぇな、やはり、なかなか良いものは無いなぁ。

忘れたころに、不意に出会ってしまう。
出会ってしまった時に、記憶の全てが出会いの瞬間に凝縮される。
やはり、お前だったのかと、気付くこともある。
相手の方が自分を探していたのかという錯覚さえ生まれる。
そのように結びついた関係は、
自分か、相手が放棄しない限り他の誰にも邪魔されることは無い。自分と、相手とのほぼ完全な関係が結ばれる。
以上は、私の個人的な、関係にまつわる考え方で、
他の誰かと共有できるものでは無いかもしれません。
  1. 2016/09/29(木) 20:41:18 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

少玄(女子)さん、こんにちは。

>80年代のひとみたいw
ははは!w
そうか~、僕にとっては、クルマもバイクも、
80年代で終わりなんだ~w。
>へんなのw
ミニの前はね、初期型のデミオだったの。
古いデミオから、さらに古いミニに乗り換えたの。
経済性や安全性では、今どきのどんなクルマにも負けるけど、
文学性や抒情性では、どんなクルマにも負けないよっ。
なので、問題は、クルマに文学性や抒情性を求めるかどうかだけの話。
とてもかんたんな話ですw。

hajimeさんはBMWのミニですよね~。
SRはどうなんだろ。
セパハンでなぁ、いいブーツがほしいなぁ。
背中がかっこいい男になりたいねぇ、なんてねぇw。
  1. 2016/09/29(木) 21:43:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>出会った瞬間にやられてしまうことがある。
>いや、出会う前から決められていたと思えることも。
はい、好き嫌いのオチは、それしかないと思います。
好き、とは、出会ったら、好きになるしかない、ってことです。

>忘れたころに、不意に出会ってしまう。
>出会ってしまった時に、記憶の全てが出会いの瞬間に凝縮される。
謎が解ける気がしますね~。
懐かしさを連れてくる。

>相手の方が自分を探していたのかという錯覚さえ生まれる。
ギターなんかは、呼ぶよねw。
手に取れ、って命令してる。
持って帰れないけどねw。

大瀧詠一とか、なんともすごいよね。
小沢健二の歌詞もいいわ~w。
もう聞き飽きてるのに、さすがに古くさいのに。
自分がいいと思ったものは、
どうしようもないなぁ。
  1. 2016/09/29(木) 21:44:24 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

あゝ、薬の不具合で寝込んでいました。
要するに、僕に効く薬は、何かということだけど、全ての薬を試せないのは当たり前で、今の時点で、暫定的に、比較的に効く薬を飲んでいるにすぎない。
音楽も、アメリカ分析哲学っぽくなってきましたね〜。
全て、とくっ付ける。
ポパーによれば、反証可能性が、科学の基準というけど、すると、肯定命題は、反証できない。
全て、の音楽を聴くことは、事実上不可能だから。
かくして、アメリカ分析哲学はクワインに近づいていくんですよ〜。
  1. 2016/09/30(金) 01:02:09 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^;

>好き、というのは、
>きっと、いくつかの、
>        好きになれたのかもしれないものごとを、
>        嫌うことである。
YouTubeで初見・初聴音楽に対しては、その表示を見るのみではなから?聴きもしないものから、がんばって?サビまで聴き続けて止めるものがあります、私は。それらは好きじゃないと言えるかもしれないし、(ry。

それら以外は好きかも。好きでも何回も聴いてしまうものと、もういいというやつもあります。以上です。m(__;m
  1. 2016/09/30(金) 06:51:50 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>要するに、僕に効く薬は、何かということだけど、全ての薬を試せないのは当たり前で、今の時点で、暫定的に、比較的に効く薬を飲んでいるにすぎない。
効く薬は、もっと効く薬があるかもしれない可能性を、
棄てることでもあるな。
問いが、検証できないものに依拠するから、
答えが存在しない、ってことか。

人に聞かれないと音でさえないし、
聴き分ける人に聴かれないと音楽にもならない。
科学の領分ではないね~。
大学文系不要論によれば、
好きな音楽について考える僕なんか、
いらない、って言われてるようなものだなぁw。
金銭に見積れないことをしている人は、
好き嫌いの前に、無能なんだわ。
  1. 2016/09/30(金) 12:36:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

好き、について考えることは、
考えることが好き、ってことに回収される。
何やってんだろう、おれ、って思うw。
好き、とは、感情があって、言葉が伴わない直感で、
好き、に理由はなく、
その人の、好き、があるだけでしょうね。
  1. 2016/09/30(金) 12:37:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

なるほど。もし好き嫌いがまったくなかったら、
世の中はかなり面白くなくなるかもしれないなあ。
すべていいということは、すべては同じようなものだということだから。
寒さがあるから暑さがある。暗さがあるから明るさがある。
嫌いがあるから好きがあり、それはいいこと、楽しいことなんでしょう。

しかし食べ物は、好き嫌いが無いほうが良さそうじゃないですか。
そのほうが何でも食べられ、和洋中の飲食店どこにでも入れるので、
衣食住の「食」生活に関しては、ずっと幸せになれそうです。

ならば、食べ物以外でも、好き嫌いは無いほうがいい。
頑固に自分の好みを固守しないほうが、ずっと幸せになれませんか。

好き嫌いのある人は、不自由という狭い世界に“自閉”してますね。
J.ディーンのポルシェ550、ボディペラペラの2CV、真っ赤なアルファ、
プリウスや軽にも物語があり、また、物語は創られているはずです。

タヒチの小さな島に住めばゴーガンの抒情めいたものは嗅げたとしても、
パリ、ニューヨーク、ロンドンの新しい文明、そしてインド、ブータン、
イスラムの味わいや人情とは無縁の生活となるはずです。

でも、それでいいのでしょう。
不自由さが付き物の好き嫌いにこだわるのも、また自由なんですから。

考えることが好きだという有能な人も、
好き嫌いは、直感で決めているのですか。
感情は思考に優先する。
価値観とは要は好みである。
ということですかね。
  1. 2016/10/01(土) 14:12:09 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

>なるほど。もし好き嫌いがまったくなかったら、
>世の中はかなり面白くなくなるかもしれないなあ。
>頑固に自分の好みを固守しないほうが、ずっと幸せになれませんか。
好き嫌いがある自分と、好き嫌いがない自分、
どちらが好ましいか、って思考実験ですが、
頑固さや固守の程度が、自分では量れないし、
なにより僕には、他人との比較ができないし、
僕はこのまま、不幸のままでいるしかないような気がしますw。

>好き嫌いのある人は、不自由という狭い世界に“自閉”してますね。
そうですね~、
僕は、自由で、広い世界にいて、開けた人、からはほど遠いw。
主観で決めつけるのではなく、
いろんな方向からものごとを考える人になりたいのですが、
なれないものはしかたがないのです。

>でも、それでいいのでしょう。
>不自由さが付き物の好き嫌いにこだわるのも、また自由なんですから。
そう言ってもらえると助かります。

>感情は思考に優先する。
>価値観とは要は好みである。
>ということですかね。
そんな判定に確信が持てる人は、
好き嫌いについて考えることなんて、
何もないと思います。
僕は、自分の行動も、言葉も、
自分と一致する感じが持てなくて、
だから、考えてしまいます。
ひいては、僕は、自分の好き嫌いを、
信用していないのですね~。
  1. 2016/10/01(土) 19:54:52 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1216-a5a40e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)