馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

好き、について 3/x


僕の好き嫌いの判断基準が、
どのように作られているのかはさておき、
僕には、確かに、
好きと嫌いの感情がある。

おいしいものが好き、とか、
戦争が嫌い、とか、
そんなのは、きっと、みんなも同じだ。
自分の生存への寄与に答が見つかる。



    160916.jpg
    http://ototoy.jp/feature/2014120607

僕は、何を、好き、と呼んでいる?

この問いは、好きでも嫌いでもいいものごとを、
人によって、好きとか、嫌いとか、
あるいは、どちらでもないとか、無関心とかに、
振り分けることが前提になる。

この問いに答えられるのは、
この世界には、僕しかいない。
ニーチェは、ニーチェと世の中について考えたけれど、
僕と世の中に関しては、

少しも考えてくれなかった。



    160916b.jpg
    http://www.lagoa.jp/shopdetail/006001000199/

答を考えるのは、
僕が最初であり、僕で最後になる。
僕が考えることが、
正しいのか、間違っているのか、

そんなことは、知らない。
確かめようがない。
もとより、正しいことが分かっているのなら、
考えることも、書き表すこともない。

なんて孤独な問いだろう。



    160916c.jpg
    http://kasankanationalpark.com/end-of-operations-at-shoebill-island-camp/



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年09月17日 20:41 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>僕は、何を、好き、と呼んでいる?
>(ry
>この問いに答えられるのは、
>この世界には、僕しかいない。
だよね~。でもたまに、答えられたり惜しい答えを出す人がいたら幸せ感じるかも。「共感」もその一種なのかな?と、妄想しました。m(__;m
  1. 2016/09/18(日) 20:30:47 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>だよね~。
うん。
>でもたまに、答えられたり惜しい答えを出す人がいたら幸せ感じるかも。「共感」もその一種なのかな?と、妄想しました。m(__;m
うん。
答の出し方を考えてみるよ。
  1. 2016/09/19(月) 19:00:00 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1206-21176746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)