馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

「体験してはじめて身につくんだなあ」


その通り、としか言いようがない。
きっと誰もが、その通りと思う。
だから、たぶん間違いではない。



    160822a.jpg



間違いがあるとすれば、
その地点で思考を停止して、
作品に仕立てることにある。

体験して初めて身につく、
そんなのは、感想に過ぎない。
思考は、まだ始まってもいない。

相田みつをの書は、
ひとつ残らず、頭を使わせない。
何も考えずに分かった気分にさせる、

思考停止の呪文だ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年08月22日 23:01 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

“体験して初めて見に付く”とは、じつに素晴らしい真理ですね~。
世の中には体験しないで大胆に語っている人が多いからです。
そもそも人間が生まれてきたのは、体験するためなんですから。
それに“百聞は一見に如かず”よりも平易な言葉で語っています。

たとえば、自分は国会議事堂の中にさえ入ったことがないのに、
あれこれ偉そうに政治家や政治のことを批判している。
自分は油絵具や原稿用紙を多量に使ったことも無いくせに、
著名な画家・作家やその作品をあれこれ偉そうに批評している。
といった具合に、体験して身についていないのに
ふだん偉そうに語ってる人が多くないですか~。

そういう人は自分の“狭小な”思考だけで物事を価値判断しています。
愚かなり、マイ・フーリッシュ・ハートです。
https://www.youtube.com/watch?v=mtCwvHFOGLA
そういう人の思考は、まあ、使ってはいるものの、
まあ、停止しているのとほとんど変わり無しでしょう。

というわけで、相田みつを先生のこの格言ないしは金言は、
人生の大事な真理を気付かせるための良い契機になるでしょうね~。
と、私も誰かさんに倣って、敢えて反意の視点で考えたのですがwww。
  1. 2016/08/23(火) 09:03:34 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

はい、真理なのですが、僕には、
太陽は朝に昇り夕方に沈む、
くらいの言葉にしか思えなくてw。
つまり、逆なんですよ~。
僕たちは、様々な行為の中から、
身についたことだけを取り上げて体験と呼んでいます。
太陽が昇る時間を朝と呼び、
沈む時間を夕方と呼ぶのと似ています。

国会議事堂の批判をするなら、
国会議事堂の中に入ったほうがいいですわ。
画材や文具の批評をするなら、使ってみないとね~。
それらとはまったく関係なく、
政治家も画家も作家も、自由に批評していい。
自分をまったく棚に上げていい。
野球選手が、「文句ばかり言うなら、おまえが打ってみろ」って言わないのと似ています。

>というわけで、相田みつを先生のこの格言ないしは金言は、
>人生の大事な真理を気付かせるための良い契機になるでしょうね~。
>と、私も誰かさんに倣って、敢えて反意の視点で考えたのですがwww。
ふふふw。
  1. 2016/08/23(火) 11:43:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

マイ・フーリッシュ・ハート、で浮かぶのは、
まず、ビル・エヴァンス。
お~、ロッド・スチュワートっ!
頭の片隅にもなかった。
  1. 2016/08/23(火) 11:55:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

そうですね、大震災を体験しました。びっくりしました。では意味がない。
昔の人は、ここは津波が多いから、この上に家をたてるべからず、と東北では標識を建てていた訳で、東北の人は、先祖の教えを無為にした。
体験して、考えて、標識を造ったのに今の人が考えないから無駄になった。
相模原で19人殺されて、驚きました、それで終わるから、ああいう事件はまた繰り返されるのは間違いない。
  1. 2016/08/24(水) 11:33:50 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

体験してはじめて身につくんだなあ ―― 相田みつを
多くの人が、感動しました、考えさせられました、って言う。

どんなに経験しても、
人間というものはその経験を想像力のなかで造形できなかったら
経験にならないわけです。 ―― 安部公房
感動しました、考えさせられました、って言う人はいない。
  1. 2016/08/25(木) 10:18:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1188-284c3f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)