馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

感動についてのn個の一考察 8/8



    160820a.jpg
    http://www.ceskatelevize.cz/porady/10158946349-michel-petrucciani/20838254059/



僕が思っていたよりも、
ペトルチアーニの骨は脆くて、
ピアノを弾く彼の指や腕の骨は、
その内部では常に骨折を繰り返していた。

痛みに耐えながら演奏を続け、
コンサートが終わると、
医者に行って治療をする。
それが彼のツアーだった。

鍵盤を叩く彼のタッチの激しさに、
僕は騙され続けた。



    160820b.jpg



年間200回を越える公演を終えた1998年の暮れ、
彼はニューヨークで肺炎にかかり、
翌年の1月6日に急逝する。
36歳。



    160820c.jpg



2011年にドキュメンタリー映画が作られて、
彼が骨を折りながら演奏していたことを、
僕は知ることになる。
彼が死んでから13年も経っていた。

彼は、死ぬまで僕を騙してくれたから、
僕は、いつまでも彼に騙されたままでいようと思う。
ピアノの演奏に関しては、
彼を健常者のままにしておこうと思う。

彼は、多くを語らずに、
音楽を提示したから、
僕は、お涙頂戴の物語を忘れて、
能天気に彼のピアノを聴こうと思う。

きっと、彼も、
それを望んでいる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年08月20日 21:47 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

そうそう、騙される。というのもいい。
普通のピアニストだと思っていたら、実は、障害を持っていた。けど、音楽を聴く上で、障害を持っているかどうかは関係ないことで、要は、感動させてくれた人物が後でたまたま障害を持っていたと分かった。それだけの話。
モーツァルトという人は彼岸を見て来たと思う。
彼のクラリネットコンチェルトの第二楽章を上手い演奏で聴くと彼岸からの音色がするーということは、演奏者も彼岸を見ている、ということで、僕は演奏者の事を良く知らないし、知る必要もないけど、ふと感じるんです。
  1. 2016/08/21(日) 00:00:31 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>モーツァルトという人は彼岸を見て来たと思う。
彼岸を見たという物語に乗っかるか、排除するか。
乗っかるのがデフォかなぁ。
つまり、うっかりしていると乗せられて、
排除には確かな意図がある。
難しいのは、説明できないことを、
説明できるかのように働く自らの知性を、
自らの知性で抑え込むことなんだわ。
  1. 2016/08/21(日) 12:52:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さんは、ピアノが好きですね。
そこがまず、羨ましいです。
病気とか、ハンディキャップとか、家族とか、愛とか、
そういった大きなものはニガテで、
いつも黙ってしまいます。
  1. 2016/08/21(日) 23:42:25 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

幼稚園~小学校の低学年まで、習ってたよ~。
練習も嫌いだったし、通うのも嫌いだったなw。

まず、大きなもの丸ごとは扱えないわなぁ。
大きなもの全体をまとめようとする文章は、
信用できないわ。
病気とか、ハンディキャップとかは、
かなり自由に書いてる僕でも、自由には書けないw。

家族とか、愛とかは、自由に書いてもいいのに、
自由に書くと、訳が分からないw。
たぶん、他人が読めるストーリーは、
パターンが限られていて、そのパターンに乗せないと、
伝わらないのです。
逆に言うと、パターンに乗せれば、
容易に感動を作り出すことができる。
それは嘘ではなくて、ストーリーの方法というか、
感動の作法というか、お約束です。
だから、自分に対しても、気づかないうちに、
自分の経験をよくあるストーリーにはめ込んで、
分かりやすくしているような気がします。

でも、あの訳の分からなさが、
家族とか、愛とかだと思うのです。
僕は、つかみどころのなさに沈黙する人のほうが、
信用できますよっ。
  1. 2016/08/22(月) 11:05:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1185-1c3e2e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)