馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

感動についてのn個の一考察 7/x



    160808g.jpg
    http://www.ceskatelevize.cz/porady/10158946349-michel-petrucciani/20838254059/



つまり、僕は、お涙頂戴の物語に対する、
適応障害なのだろう。
心優しい人なら、適応できる物語なのに、
僕は、過敏に異常な反応をしてしまう。

応じてしまうことについては同じである。
たぶん、心が優しいとか、冷たいとかの謂いは、
僕たちが、優しいとか、冷たいとかと呼んでいる、
反応のパターンを選択する傾向に過ぎない。

そして、僕が書こうとしていることは、
僕が陥っているパターンの正当化である。



    160808e.jpg



他人のハンディキャップや、
他人の不幸に萌える心優しい人たちは、
彼の演奏を聴くと同時に、
感動の物語を読み込む。

心が冷たい僕は、物語を排除する。
僕は、彼を障害者とは思っていない。
彼は、ピアノの演奏に関しては、
健常者でなければならない。

そうでなければ、彼の公演は、
見世物興業になってしまう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年08月19日 19:09 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

なんとなく映画「エレファント・マン」を連想しました。日本では、ろくろ首ですか?ところで、顔のハンデ?はでかいですよね?(アラン・ドロンな顔である私が言うのもなんですけども。)m(__;m
  1. 2016/08/19(金) 19:58:30 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

「エレファント・マン」なぁ、
どんな話だったか忘れたわ~。
どんなコンサートも見世物興業の要素はあるし、
オリンピックもサーカスみたいなものですから、
別にいいかな、とも思う。
古いな~w、アラン・ドロン。
冒険者たち、太陽がいっぱい、かっこよかったね。

>顔のハンデ?はでかいですよね?
うん、
考えたくないくらいでかいよw。
  1. 2016/08/19(金) 20:53:50 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

以前にBLUE NOTEのDVDを観たことがあって、
それに彼が出演していました。
初めて見た時ちょっとびっくりしたけど、
どういった病気なのかまで、思いは及ばなかったので、
ただ普通に別の演奏者と並べて観てました。
つまり、発育的な障害だけで、演奏は普通に出来るものだと。
骨が折れてしまうとこともあるとは、まったく知らなかった。
とても難しい問題だけど、
やはり難病のホーキング博士と共通点がある気がしました。
僕には はかり得ない、強力な意志。
  1. 2016/08/19(金) 23:17:01 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

人間の心の芯には、本性として“愛”があるはず。
優しさが、同情心が、憐みの情が、自然に備わっているはず。
「惻隠の情」とか、ええと、他にはちょっと思い出せない。
このピアニストを見て、ホーキング博士を見て、
その身体的ハンディを意識しない人なんて居ないでしょう。

それを、お涙頂戴の物語を排除するなどと言う人は、
まあ、素直じゃないなあ~?
と思われることを承知していて言っているのでしょうし、
それを自分への褒め言葉だと喜んでいるのかもしれませんが。

ともあれ、こんなことを話題にすること自体、
かなり他の人の弱さが気になり、関心があり、つまり愛があり、
そういうわけで内面では自意識との闘いがあるようですね。(^_-)
  1. 2016/08/20(土) 10:19:15 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>初めて見た時ちょっとびっくりしたけど、
初めて見た時、僕は、引いたわw。
きわものだと思ったなぁ。
>つまり、発育的な障害だけで、演奏は普通に出来るものだと。
うん、彼は縦に短いけど、腕の長さはあるから。

>骨が折れてしまうとこともあるとは、まったく知らなかった。
僕も知らなかった。
骨が脆い病気ってことは知っていた。
でも、演奏中に骨折してるなんてことは、
誰も知らなかったのではないかな。
BLUE NOTEは、障害者のピアニストという売り方をしなかった、
ってことか~。
  1. 2016/08/20(土) 14:33:25 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

>このピアニストを見て、ホーキング博士を見て、
>その身体的ハンディを意識しない人なんて居ないでしょう。
はい、彼らほどの障害なら、
障害を無視することはできませんわ~。
>それを、お涙頂戴の物語を排除するなどと言う人は、
>まあ、素直じゃないなあ~?
>と思われることを承知していて言っているのでしょうし、
>それを自分への褒め言葉だと喜んでいるのかもしれませんが。
お涙頂戴の感動は、分かりやすくて強いのですよ~。
音楽の感動なんて、訳が分からなくて、
感動しているのかどうかも分からないような、
ふわふわしたものです。

音楽に限らず、売る側は、
ハンディキャップを売りに一時的な流行を作って、
一発屋にしてしまうよね、日本では。
消費者は、ハンディキャップに萌えているだけだから、
芸術家や音楽家の価値なんか最初から認めていません。
僕に優しさがあるとしたなら、
お涙頂戴の物語を排除して、
芸術家や音楽家の価値に素朴に向き合うことではないかな。
  1. 2016/08/20(土) 14:33:59 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

明け方四時半の駅前、私が喫煙所で煙草を吸っていると、左足を引きずったホームレスのオジイサンが拾った煙草をくわえて「すみませんが、火を貸してもらえますか?」と私に言ってきた。私は「ええ、いいですよ、どうぞ」と既に焦げて黒い先端に火を点けた。
オジイサンは「ありがとう」と言って頭を下げた。

オジイサンは、人に感動を与えるような能力を持っているだろうか。持っていたのだろうか。

ピアノが弾ける。世界的にピアニストとして認められている。
それなら障碍なんてどうでもいいような気がしてしまう。折れ。弾け。弾け。折れ。世界がお前を認めている。

障碍は社会から弾かれ、誰からも見向きもされない時にこそ、
強く意味を持つ。
などと思いました♪

エレファントマン、懐かしいなあ。
ジョン・メリック。彼は、横になって寝ると呼吸が出来ないから死ぬ。でも、どうしても横になって寝たい時があった。で、死んだ。
彼は全身に障碍があったけど
唯一、性器だけは正常だった。
惚れっぽい男だったそうで、なんとも皮肉。

語弊を恐れずに言わせて貰えるなら…

障碍には、強烈な、健常者を圧倒して余りあるほどの
ドラマとロマンがある。

  1. 2016/08/21(日) 07:37:18 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

因みに青梗菜さん、適応障害というのは、れっきとした病名なので、医者の診断がない限り、使うのは止めた方が良いかと。
  1. 2016/08/21(日) 11:26:17 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>オジイサンは、人に感動を与えるような能力を持っているだろうか。持っていたのだろうか。
ペトルチアーニとオジイサン、二重映しにすると、
浮浪者を介して、チャップリンの『街の灯』が浮かびます。
オジイサンはさておき、ペトルチアーニと『街の灯』の浮浪者は、
僕には、地下でつながります。
掘り下げると、根っこを共有しています。
そのオジイサンにも、誰にも伝えることのなかった愛がある、と思いたいなぁ。
あってもなくてもいいし、オジイサンの話なんて聞きたくもないけれどw。
>障碍は社会から弾かれ、誰からも見向きもされない時にこそ、
>強く意味を持つ。
>などと思いました♪
語られなかった物語は、語られないから意味を持つ。
誰からも理解されないなら、なおさら強い意味を持つ。
そこに思いを馳せる人にとっては。
>障碍には、強烈な、健常者を圧倒して余りあるほどの
>ドラマとロマンがある。
そのドラマとロマンの伝わらなさ。
僕たちの言語空間は、健常者の言語空間だから、
障碍という言葉さえも嘘くさい。
  1. 2016/08/21(日) 12:53:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>因みに青梗菜さん、適応障害というのは、れっきとした病名なので、医者の診断がない限り、使うのは止めた方が良いかと。
ややこしい世の中だなぁ。
障害という表記とか、障碍は持つものではないとかも、
ラッピングだけきれいにしてもなぁ。
  1. 2016/08/21(日) 13:05:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

しょうがない。今はそういう世の中で、適応障害で、検索してきて、この人茶化してると言われたらおしまい。
しかし、僕のブログ 立川拘置所 日記、で検索かけてくる奴いるからなぁ〜。
もう、何か書きたくない。って、金曜日判決、笑。
自閉症スペクトラムと強迫性障害とうつ、とか出てきた被告をどう裁く?
  1. 2016/08/21(日) 16:54:22 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

ん~、適応障害はメタファーだよなぁ。
ぴったりの比喩ですわ。
過敏に異常な反応、ってのはアレルギーのことで、
これは問題にならないわけだ。
>今はそういう世の中で、適応障害で、検索してきて、この人茶化してると言われたらおしまい。
そんな人は、間違いなく適応障害だわw。

違法性阻却事由なぁ、
勉強したけど、忘れたわ~。
  1. 2016/08/21(日) 17:54:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1182-7c7a1b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)