馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

どちらも、なんだか違う、やくみつる、水道橋博士 1/x (。-`ω´-)ンー


やくみつる ――
「もし都内で、ポケモンGOに禁止を言う候補者がいたら、すぐ投票しますね。
あんなの愚かでしかないです。
こんなことに打ち興じている人を、心の底から侮蔑します。
現実は面白いことに満ち溢れているわけです。
道端の植え込みだって、そんな中にいる虫にだって興味を示せばいいものを、
そこを見ながら現実的じゃないものを探す。
親はもっと楽しいものを子供に提供する義務があります。
親も一緒になって打ち興じたら、アホな子にしか育たないですよ」

水道橋博士 ――
「そんなことはない。
ポケモンGOをきっかけに神社に行くようなったら、
その歴史を調べるようになるとか。大人だってそうです。
そうやって決めつけて、
コメンテーターとしてポジショントークしている人を、
ぼくは心の底から侮蔑しますよ」


やくみつるは、高校生くらいの意見、
水道橋博士は、中学生くらいの反論か。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年07月28日 12:54 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1167-05b4df3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)