馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ちなみに、自分らしさ、について (。-`ω´-)ンー


自分らしさ、とか、
等身大、とか、
ありのままの自分、とか、
そんな台詞が、何を意味しているのか、
分かる人には分かるのだろうか。

    自分が何を言っているのかが、
    分かっているから言えるのだろうし、
    ふつうに会話になっているから、
    僕も分かったふりをして、
    実は、分かっていないから気持ちが悪い。

        自分が自分であるということは、
        きっと、困難なことで、
        僕は、自分になろうとして、
        自分になれた気がしない。
        つまり、僕は、自分のなり方を知らない。


自分と、自分の表現が一致しないとき、
自分で自分が嘘くさくて、
自分が他人のようによそよそしい。
それでも、自分が感じている嘘くささは、
誰にも伝わることはない。

    言語というツールは、
    僕の感情をすべて伝達して、
    僕の内面を正確に推測させるような、
    高性能さも多機能さも備えていない。
    だから、嘘をつくことを得意とする。

        言語空間における自分らしさの表明は、
        表現と僕の一致だろうか。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年07月16日 12:07 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>ありのままの自分、とか、
雪の女王は知ってるかも。ちなみに?Movie?観ながらだと私にもわかるかも。

>だから、嘘をつくことを得意とする。
嘘になるのかならないのか微妙かも。

>        言語空間における自分らしさの表明は、
>        表現と僕の一致だろうか。
嘘を書くこともできるけど~っ!!(唾)m(__;m
  1. 2016/07/16(土) 19:54:24 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

アナ雪は観てないなぁ。
う~ん、2年前ですか。
エッチ動画しか観てないわ~w。

>>        言語空間における自分らしさの表明は、
>>        表現と僕の一致だろうか。
>嘘を書くこともできるけど~っ!!(唾)m(__;m
ただでさえややこしいから、
これ以上ややこしくしないでくれっ。
  1. 2016/07/16(土) 20:10:13 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>アナ雪は観てないなぁ。
>う~ん、2年前ですか。
>エッチ動画しか観てないわ~w。
いいねボタンねえのかっ!!(唾)m(__;m
  1. 2016/07/16(土) 20:14:02 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

>いいねボタンねえのかっ!!(唾)m(__;m
なんのことだよ~w、
あってもなくてもいいよ~w。
  1. 2016/07/16(土) 20:23:44 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

あ、コメント欄を読んでいて、自分的「アナ雪問題」を思い出した。
昔は、「Let it be」だったのが、「Let it go」になった。
流行歌とは不思議でならない。
日本語訳は、どちらも「ありのまま。」オー・マイ・ガっ。
後者は「やっちまえ。」じゃないのか?
まず「ありのまま」などという非常に理解しにくいものを当たり前だとして思考停止させることから、本当は危険な商売=流行が始まる。
オレオレ詐欺とか、詐欺という部分では本質的に一緒でしょう。
しかし、
ひとつひとつの言葉を厳密に定義しながら会話するなんて、
宇宙人と会話するくらいに難しい。
自分的に考えると、
みんなそれぞれの宇宙を抱えて生きているように思われるし、、
共通の宇宙はあるのかも知れないけど、僕には見えない。
いっぱい考えると、結局自分に戻ってくる。
「Let me go」「Let me be」
「Let......」
レットって、それを命ずるのは、誰。







  1. 2016/07/17(日) 11:48:14 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

自分的「アナ雪問題」w、
はははw、あい変わらず、面倒くさい人だなぁw。

たしかに、映画では、やっちまえ、って心境の場面で、
やってもた、って展開ですね。
>まず「ありのまま」などという非常に理解しにくいものを当たり前だとして思考停止させることから、本当は危険な商売=流行が始まる。
考える気にさせない、立ち止まらせない、
考えずに行っていいと思わせる、それが「Let it go」です。
自分的「アナ雪問題」の気持ち悪さは、
「Let it be=ありのまま」を介在させて、
図らずも「Let it go」が見事な意訳になってしまったことにあります。
詐欺の加害者も被害者も、詐術に気づいてない気持ち悪さですw。

>ひとつひとつの言葉を厳密に定義しながら会話するなんて、
>宇宙人と会話するくらいに難しい。
だから、世の中に、無意識的に行き渡っているルールに沿わないと、
会話が成り立ちません。
レットを命ずるのは、世の中のルールになります。

大人は、そんなところで立ち止まらないから、
僕たちは、子供なのですよ~。
「子供のディスクール」ってラカンの術語があって、
子供って、当りまえのことを、なんで? って訊くでしょ。
僕たちは、世の中のルールに入る手前の子供です。
なんで? って自問することで、自分を試しています。
問われた自分は、まともに問いを引き受けて答えてしまうから、
また安心して自問することができます。
  1. 2016/07/17(日) 13:22:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1159-2af92f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)