馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

テクスト 5/6


レヴィ=ストロースは、
呪術をひとつの思考様式とみなした。
科学的に対象を分析する思考に対して、
そのような条件が揃っていない未開の環境では、
思考する者は、あり合わせの、
知っている材料で思考を組み立てながら理解を探る。

あり合わせの材料でする工作(ブリコラージュ)は、
未開社会に限ったことではない。
あり合わせの材料なら、
僕たちのほうが、たくさん持ち合わせている。
僕たちの日常も、インスタントの思考を、
手間をかけずに組み立てる。

ブリコラージュは、
心理的な接点を持ちたくないときの、
致し方ない所作になる。
同じ出来事を、同じように感じているかもしれないのに、
よくある言葉に置き換えて、
同じ時空にいることを避けている。

よくあるフレーズは、周囲のものごと、
人との関係、それら一切の忌避である。
つまり、関わりたくない、ということだ。
上滑りの会話、いつか誰かとしたようなやりとり、
自分でなくても成り立つ会話は、
自分が他人のようによそよそしい。

僕たちの世の中では、
出来合いのフレーズをファティックに交換し合うことを、
円滑なコミュニケーションと呼ぶらしい。
つまり、心はいらない、ということだ。
心がなくても成り立つ会話は、
世の中すべて、一切の忌避である。

自分も含めて、世の中まるごとの。



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年06月05日 12:46 |
  2. テクスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

ブリコラージュというのを高く評価しているのが、小林康夫さん。
君自身の哲学へ、という本がありますが、時代の通底音として、皆引き込もっているように見える。けど、ラインだのなんだので、表面的には、繋がっているようにも見える。
こんな時間状況の中で哲学する、まさにブリコラージュで、自分が閉じこもっている穴をもっと深くほれば水が湧き出すかもしれないと。
重要なのは、自ら動くこと、誰も助けてはくれない。と説く訳ですが、この本の最も面白い所は、カフカの、掟の前へ、を、論じた所で、要は、入れてやれない。今はダメだ、と言い続ける、門番、とは誰なのか?を論じた所でして、青梗菜さん、よまれたかな?
  1. 2016/06/05(日) 20:59:41 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>青梗菜さん、よまれたかな?
小林康夫でしょうか、カフカでしょうか。
どちらも読んでないので、聞き返すこともないのですがw。

>時代の通底音として、皆引き込もっているように見える。けど、ラインだのなんだので、表面的には、繋がっているようにも見える。
他の誰かからのメッセージが僕に届いても、
僕の思考の枠組みに収まってしまうのなら、
僕は誰とも出会えない。
自分と出会っているに過ぎません。
なので、門番は自分、と答えるのがよくあるパターンかなw。
  1. 2016/06/05(日) 21:17:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。先日私のブログの方にコメントを頂きありがとうございました。最近環境の変化などがあり、返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。お時間のあるときにでもまた遊びにいらしてくださいね。

青梗菜さんのブログは記事だけでなくコメント欄も盛り上がっていてとても充実していますね。しかも、そのコメントが専門性の高い、文学や詩に精通した方々によるものなので時に、記事よりもおもしろみがあったりしていて、すごいなぁと思って拝見しています。
  1. 2016/06/06(月) 00:01:39 |
  2. URL |
  3. hajime #-
  4. [ 編集 ]

hajimeさん、こんにちは。

年賀状みたいなコメントだなぁw。
  1. 2016/06/06(月) 00:44:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます♪

例えば、ある病気を考えてみると
ウイルスなどが発見される前は、病気は天罰や悪魔に取り憑かれたためとされたw
しかし、ウイルスなどが発見された現代の日本では天罰や悪魔憑きはブリコラージュから弾き出されたかに思える…けれど、実はしっかりと包含されている。
さっき足の小指をぶつけたのは昨日妹のプリンを食べてしまったからなのだw

確かにファティックとしての側面が強い言葉はインスタントの思考によってなされますなw
今伝えるべき言葉が「おはよう」なのか「オヤスミ」なのか、私はほぼ考えない。自動と言って差し支えない。この言葉を少し変えた時、何が現れるのか?
私が「おはよう」でなく「おぱよ~」と言ったとき、この言葉の発生原因、及び発生時空間を私と共有する者は、私と共に「おぱよ~」の地平に突っ立っている。その時、この言葉はファティックでありながらファティックを超えてゆく。
「おはよう」を自動的な反応から救い出そうとするなら、過去の「おはよう」の記憶を再生しなければならない。
つまり、思い出をぞろぞろと引き連れた会話が無いのなら、それは一切の忌避と言えるのかも。なぜなら人格とは、その殆どを思い出で構成しているのだから。思い出の忌避は人格の忌避に繋がる。おおげさかも知れないけど、青梗菜さんの言うように
>つまり、心はいらない、ということだ。
に帰結するなあ。
うーん、考えることは記憶の憑依によるものかも知れない。
「おはよう」というファティックが、やがて相手と自分の思い出を引き連れてくることを信じて伝える「おはよう」もあるだろうけど、こっちはまた別の側面での話ですなあw


余談ですけど
ブリコラージュを軸として見ると
シュルレアリスム詩の方法としての『異化』は、
材料過剰供給の『理解(表現(理解の表明))』のようだなあ…などと思いました♪
思い出の過剰供給w

  1. 2016/06/06(月) 08:34:52 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>さっき足の小指をぶつけたのは昨日妹のプリンを食べてしまったからなのだw
小指をぶつけたという結果には、何か原因がないと落ち着かないから。
何も原因がないよりは、変てこな原因でもあったほうがいいんだ。
プリンの天罰でも、悪魔の気まぐれでも。

>私が「おはよう」でなく「おぱよ~」と言ったとき、
「おはよう」を無個性なファティックとするとき、
「おぱよ~」は、発話者がその相手に差し出すメッセージになります。
わざと強度を持たせたあいさつで、
発話者は、「おぱよ~」に何かを託して、
相手を「おぱよ~」の地平に連れ出そうとしているなぁ。
>思い出の忌避は人格の忌避に繋がる。
忌避したければ、「おはよう」に戻して、
出来合いのフレーズを並べればいい。
さらに「おっぱよ~」に進んで、「おっぱよ~」の地平を切り開くのもいい。
だから、僕たちには、誰にでも「おぱよ~」と言わないルールがあります。
特別な「おぱよ~」のために、普通の「おはよう」があるともいえます。

>ブリコラージュを軸として見ると
>シュルレアリスム詩の方法としての『異化』は、
>材料過剰供給の『理解(表現(理解の表明))』のようだなあ…などと思いました♪
むずいw。
読み手の材料が過剰に供給されると、書き手は楽ちんですね。
将棋なら、最初の1手を指しただけで、
対戦相手は、参りました、と言ってくれる。
もちろん、対戦相手の方が強いw。
  1. 2016/06/06(月) 10:42:25 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

そうそう、門番は自分の分身というのが、回答らしいけど、法学者が読むとまた違って、カフカは弁護士研修していたらしいんですよね、法の現代化がちょうど進んだ時期に書かれたのが、この、掟の前、訳しようによっては、法の前、まあカフカが何考えて書いたかは、カフカしか知らないことだけどー。青梗菜さんも法学部じゃなかった?
  1. 2016/06/06(月) 20:00:06 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>そうそう、門番は自分の分身というのが、回答らしいけど、
ですよね~w。
>法学者が読むとまた違って、
ですか~。
>青梗菜さんも法学部じゃなかった?
うん、でも僕にとっての法律は、単なる暗記科目なので、
考えるものではないのです。

okiさんの、ここ1か月くらいの問わず語りと、
投稿を拒否されたり、コメントの返事もくれなかったり、
そんな周囲の扱いには、いろいろ想うことが多いです。
okiさんを排除する人は、
ハンセン病とか、精神障害に対する差別に云々していたような気がするけど、
きれいごとを書くやつは、変わり身が早いなw。
ねぇ、okiさんは、
どうして自分を丸出しにしようと思ったのですか?
  1. 2016/06/06(月) 20:40:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

そりゃ簡単で、嘘書いても仕方ないから。
本一冊の万引きで、精神鑑定が通るなんて不思議でしょう、だから主治医は面白がってます。
つまり、公判でも述べたんですが、CDショップ行かなかきゃいけない。7時に閉まっちゃう。で、はやく行きたいと思って盗んでしまった訳ですが、別に、本屋でゆっくりしてりゃ良かったんでー。
で、それを鑑定医は、強迫性障害を患っている可能性も高いと。
こんな複雑化してしまったら、自分で状況を楽しむ他ないでしょう。
しかも、当然不思議がって、拒否するかたもいらっしゃるけど、受け入れてくださる方もいる。
良く考えて欲しいのは、犯罪者も刑期が終わったら、必ず社会に戻ってくるということ。
それを、周りの人が、あの人刑務所行っていたと排除してしまったら、犯罪者は何も変われないということになります。
僕の場合は、良い医者に巡り会え、良い裁判官に巡り会えたけど、埋もれて、刑務所行っている人がたくさんいる。そんなことを伝えたいなと。
  1. 2016/06/06(月) 21:15:55 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>レヴィ=ストロース
人名っぽい。

>ブリコラージュ
>ファティック
3行目も含めて、明日、検索してみようかな。

>世の中まるごとの。
宇宙も含みますか?(スルー可能。)m(__;m
  1. 2016/06/06(月) 22:23:44 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>そりゃ簡単で、嘘書いても仕方ないから。
カントは、嘘を極端に嫌っていましたね~。

>こんな複雑化してしまったら、自分で状況を楽しむ他ないでしょう。
>しかも、当然不思議がって、拒否するかたもいらっしゃるけど、受け入れてくださる方もいる。
うん、僕は拒否ることもない、
でも、気持ちが悪い話ではあるよな~w。
okiさんの場合は、犯罪者でもないのですけど。

これくらいの質問と、簡単な回答があってもいいのになぁ。
やはり、世の中では、
ファティックなフレーズを交換し合うことを、
円滑なコミュニケーションと呼ぶらしいのです。
  1. 2016/06/06(月) 23:19:34 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>>レヴィ=ストロース
>人名っぽい。
はい、人の名前です。
この場合の「=」は、レヴィとストロースを等号で結んでいるわけではありません、
念のためw。

>>ブリコラージュ
>>ファティック
>3行目も含めて、明日、検索してみようかな。
お手数をおかけします。

>宇宙も含みますか?(スルー可能。)m(__;m
宇宙は、ん~、含みません。
「世界≒宇宙」の中に、
真部分集合として「社会≒世間≒世の中」を描いてください。
この場合の「≒」は、ほぼ等しいという意味です、
念のためw。
  1. 2016/06/06(月) 23:20:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1137-ef24ee2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)