馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

テクスト 1/x


個人の考えることなんて、
正しいわけがないもの。
考えれば、世の中と違ってくるから。
世の中と違わないなら、
考えることもないから。

世の中が当りまえだと思っていること、
世の中がどうでもいいと思っていること、
個人は、そこを考えるけれど、
世の中の側からしてみれば、
もとより問いにもなりようがないこと。

当りまえで、どうでもいいことについて、
とても敵いそうにない世の中を相手に、
けんかを仕掛けようとする。
出来の悪い脳みそで、何の知識もなく、
静かなくやしさを抱えて。

反故にされたエントリは、
きっと、公開されたそれの何倍も多くて、
誰にも伝えられなかった言葉は、
伝わる人を探し始める。
問いが共有されればそれでいい。

答が欲しいわけではないもの。



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年05月29日 12:37 |
  2. テクスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

世の中が当たり前と思っていることを疑う、つまり、哲学ですねー。
哲学も流行り廃りがあって、フランスのドゥルーズやデリダが僕らの頃流行ったけど、いわゆるソーカル事件、で、彼らは、所謂哲学研究者もわからないような事を話していることが判った。
ローティらの、言語論点転回を無視して、今の哲学は語れないけど、例えば、クワインの
To be is to be a value of valiable,存在するとは、変換値の値である、でしたっけ、つまり、存在の問題で、がある、と、である、の2つの側面がある訳ですが、後者の側面、である、の問題が無視されている訳でー。
しかし、忙しい現代で、こんなこと話してもどうでも良いとー。
僕も、自分のBlogで、窃盗やら、自閉症スペクトラムやら、何書いてるんだろうとー。
まあ、フェイスブックやら、インスタグラムやらで、簡単に繋がれる訳で、僕はブログで敢えて変なこと書いて、フェイスブックやらでは澄ました顔してます。
二面性を使い分けてー。何やってんのか、本当に。




  1. 2016/05/29(日) 20:00:26 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>哲学も流行り廃りがあって、フランスのドゥルーズやデリダが僕らの頃流行ったけど、いわゆるソーカル事件、で、彼らは、所謂哲学研究者もわからないような事を話していることが判った。
佐村河内守とか、佐野研二郎みたいなものですね。
誰も何も分かっていないw。
それも言語論的転回かもしれないなぁ。
存在があるから変項の値があるのではなく、
変項の値があるから存在がある。
言語があるから世界があるし、
グーグルがあるからこのブログがあるw。

>しかし、忙しい現代で、こんなこと話してもどうでも良いとー。
うん、かなりどうでもいいw。
どうせどうでもいい哲学なら、自分でやらないとだめだな♪
出来の悪い脳みその持ち主が、どんな思考をするのか、
それは、ドゥルーズやデリダにはできない哲学、
出来の悪い脳みその持ち主にしかできない哲学ですもの。
  1. 2016/05/29(日) 21:18:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

もしかしてだけど(写し)、最新記事の個数減らしましたか?
ところで、青梗菜さんが考えるときの動機は、違和感(身体の調子が変になることでは無い方の?)ですか?
  1. 2016/05/31(火) 00:13:14 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>もしかしてだけど(写し)、最新記事の個数減らしましたか?
ん? してないぞ。
「神の無理ゲー」が2行ずつ使ってたから、
減ったように見えるのかも。

>ところで、青梗菜さんが考えるときの動機は、違和感(身体の調子が変になることでは無い方の?)ですか?
うん、なんか変だぞ、って感じて、
書いてるうちにそのわけが見つかる。
がたおさんも、違和感と発見ですよね~。
  1. 2016/05/31(火) 01:02:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1133-e1f3d849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)