馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

個性とか、独自性とか 5/x


個性を伸ばす、個性を尊重する、
そんなもの謂いをする人は、おそらく、
何を言っているのかが、
自分でも分かっていない。
よくあるフレーズだから、
安心して使っているだけで、
言葉に意味など持たせてはいない。

言葉のほとんどはそんなものだ。
言葉は意味を置き去りにされている。


伸ばすべき個性を伸ばす、
尊重できる個性を尊重する、
そのくらいの意味でしかなく、
それは、言葉の無意味な繰り返しである。
個性とか、独自性とか、
単純にいいことっぽく捉えられているが、
実は、そんなにお気楽なものではない。

個性や独自性を備えれば、
当りまえだが、みんなと同じではいられない、
そんな苛立ちや疎外感と引き換えである。
面倒くさくて、不幸を見据えて、
屈託することと切り離せない。
みんなと同じことをしているときに、
不意に現れて、自分を困惑させるもの。

それを身をもって知っている人が、
個性や独自性を備えている。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年05月21日 12:04 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

青梗菜さん、

>よくあるフレーズだから、
>安心して使っているだけで、
たしかにそうかも。^^;
  1. 2016/05/21(土) 16:56:10 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>たしかにそうかも。^^;
みんな、そんなもんだよなぁ。
  1. 2016/05/21(土) 17:54:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ちょっと前に、恵まれない国のこどもへの寄付のCMで、
「このこどもたちの中に、世界を動かすようなことができる
子がいるかもしれない」
みたいなフレーズがあったんですが、
すごく不快でした。不快というか、怒りです、怒り。
世界を動かさなくたって、生きていいだろうよ、っていう。
そこじゃないだろう、っていう。
このCMを観て、感心するのが世の中なのか、
それ以前に、
何も引っかからないのが、世の中なのか。
引っかかる私の方がズレているということになってしまうんだろう、
と思ったことを、思い出しました。
  1. 2016/05/21(土) 20:01:45 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

世界を動かすようなことができる子は、
生かしておく価値があるから、
みんなで投資してみよう、ってことかな。
損得か~、ってなるわ。
寄付することで、役立たずの子も救えるから、
結論を同じくするけどね。

引っかかる、って、
考える、って、怒りなんだと思います。
何で引っかからないんだよ、って。
怒りや笑いのフックが、同じ型の人は少ないねぇ。

でも、その怒りを知っているのに、
「そんなことより、まいまいさん、あれだなぁ、
カニを食ってるときは、みんな静(ry」
って言ってしまう癖が僕にはあるのですけど、
それは直したほうがいいですか?
  1. 2016/05/21(土) 21:45:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

え。質問ですか、それはw
直したほうがよかったとしても、
直らないでしょう。
  1. 2016/05/21(土) 22:05:30 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ん~、いま、これを言うと落ち着くかな、ってのと、
いま、これを言うとやばいだろうな、ってのが、
同時に浮かんだとき、
なぜか、やばい方の一択になるw。
  1. 2016/05/21(土) 22:19:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

一般的に
好ましい特徴は個性として処理されるけど…
好ましくない特徴は…個性として扱われないことが多いなあ。

表現においても同様で、
他の人と違うところを、受け取る側が
好ましく感じるなら「個性」や「独自性」として扱われ、
好ましく感じないなら「狂っている」「奇を衒っている」などとなる。
苛立ちと疎外感は、受け取る側に好ましく思ってもらえないことから発生する。

受け取る側の許容を超えるものは
受け取る側にとっては、個性や独自性には、ならない。という事実が個の差異を苦しみに変える。

多くの人が個性と独自性を隠して生きている…そんな気にもなります…w
  1. 2016/05/22(日) 16:13:16 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>一般的に
>好ましい特徴は個性として処理されるけど…
>好ましくない特徴は…個性として扱われないことが多いなあ。
ですよね~、
好ましい、とは、
みんなが好ましく思っている、ということで、
個性というのは、没個性のことかもしれません。
個性を伸ばす、ということは、
みんなに迎合する、ということで、
大人の言うことは、真に受けてはいけないなぁ。
僕は、子供のままでいよう。

>受け取る側の許容を超えるものは
>受け取る側にとっては、個性や独自性には、ならない。
ならない、ならない。
たとえ真実であっても、ならない。
それでも、地球は動くけれど、
ローマ教皇庁は許容しない。

>多くの人が個性と独自性を隠して生きている…そんな気にもなります…w
個性や独自性は隠して生きる、それが矜持です。
慎み、ってやつです。
個性とか、独自性とか、
そんなもの、一生に一度も考えない人のほうが多いです。
肯定したいものごとを肯定し、
否定したいものごとを否定しているだけですから。
こんなやり取りが、成り立つことさえ、
世の中では極めて稀ですよっ。
  1. 2016/05/22(日) 20:25:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1129-d42503df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)