馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

個性とか、独自性とか 2/x


個性とか、独自性とか、
手放しで肯定されるような言葉だから、
相田みつをのポエムのように、
ゆるゆるの文章が多数になるのだろう。

緩くて、きれいで、優しくて、
意味のない言葉を望んでいる者が、
この国の多数を占めていて、
それが世の中の価値の基準を作っている。

書き手は、読み手に寄せて、
ポエムっぽく書き進め、
ゆるゆるで、ふわふわに結ばないと、
落ちがついた気がしない。

個性とか、独自性とか、
自分で考えること、自分で選ぶことを、
真に受けている者は、
多数には分かってもらえない。

真に受けることなく、
個性や独自性を大切にする。
その加減が分かっていない文章は、
目障りなだけである。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年05月15日 19:58 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

そうなんですよね。
池上彰さんが人気ですが、あの人は、いろんな事解説するけど、自分の意見を言わない、当たり障りのないことしか言わない。
櫻井よしこの方がまだましだ。
哲学でもそうで、哲学者の頭の中は、その哲学者しか分からないから、研究すりゃするほど哲学者の事がわからなくなる。
日本語で外国の哲学本読んでも、訳している人が分かってないから、意味不明になるのは当たり前で、僕はアリストテレスも、フッサールも、まったくわかりません。
  1. 2016/05/15(日) 20:47:25 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>池上彰さんが人気ですが、あの人は、いろんな事解説するけど、自分の意見を言わない、当たり障りのないことしか言わない。
なるほどなぁ!
考える人より、間違えない人が人気なんだ。

>哲学でもそうで、哲学者の頭の中は、その哲学者しか分からないから、研究すりゃするほど哲学者の事がわからなくなる。
哲学者なんて、考える個人の代表ですもんねw。
問題を共有することさえ難しいです。
問題を共有できたなら、答も理解できたようなものだけど、
それは、問いも答も、その哲学者と同じ論理体系を持つことになったからで、
実は、自分の問いでも答えでもないんだなぁ。
自分の問いがなければ、答なんて別に欲しくはないのに。
  1. 2016/05/15(日) 21:43:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、おはようございます!!^^

>(ry相田みつをのポエムのように、
>ゆるゆるの文章が多数になるのだろう。
当初?、相田みつをさんのポエム、好きだったんだけど、
御ブログを拝読しているうちに?いつの間にか嫌いになっています。m(__;m
  1. 2016/05/16(月) 09:58:49 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

相田みつをなぁ、
あんな台詞で癒されてしまうような悩みなら、
悩まないよねぇ。
同様に、修造のカレンダーで元気になれる人は、
もともと元気なんだわ。
  1. 2016/05/16(月) 12:25:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

私としては
『詩』は既成の価値観に反する目障りなものであってほしいと思う。
詩人の高橋睦郎は、詩を決して至れないものとして『絶対詩』ということを言っていたなあ。
絶対詩という概念は唯一の詩人の生命を暗喩して在り、詩人そのものであるようにも思える。

人の心理というのはデフォルトを最善のお奨めだと思うように作られているらしいのですw
だからデフォルトを模倣する。なぜなら最善だから。
相田みつをがデフォルトになっていた時期がある。もう食傷気味だけど、まだデフォルトとして捉えている人達は多い。
デフォルトは置き換えが可能。
さあ、次のデフォルトはどんな詩だ?
それは大量発生して初めて確認出来ます(笑)

相田みつをは、私ではない。
相田みつをは、誰かだったのだろうか。
  1. 2016/05/16(月) 18:54:42 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

うん、既成の価値観の、目障りになれたらいいね。
脅威にまでなれたら、すばらしい。

>人の心理というのはデフォルトを最善のお奨めだと思うように作られているらしいのですw
引っ掛かるところは人によって違うから、
僕があっさりスルーするデフォルトに、
引っ掛かってる人もいるよねぇ。
そんな人には、僕は、間抜けな顔で、
「あ~? なに~? なんでそんなにこだわるの~?w」
って訊いてやろうと思います。
「なんで? なんで? なんで怒ってるの~? 変なの~w」

相田みつをは、詩や書の底辺をぶち抜いたから、
誰でも書けるよね~、ってわけで、
お手軽なスタンダードになってしまった。
実際、あの程度のツイートは誰でも書けるし、書いてるし。
詩や書がそれだけだめになってる、ってことかな。
底が抜けたんだわ。

相田みつをは、元ヤンが居酒屋でする説教や、
ファンシーなおねえちゃんの人生相談や、
流行りの歌の歌詞や、ネットショップのコピーや、
大量に放たれるブログのエントリでした。
僕もひとつ、作ってみますっ。

つまずきそうなとき、
そっと背中を押してくれる
―― 青梗菜
  1. 2016/05/16(月) 20:17:11 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1126-c152b658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)