馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

個性とか、独自性とか 1/x


たくさんの人たちが、
いろんな視点から考えて、
得られた結論を集めて、
その中で多数を占める意見なら、
それは、正しいと認めざるを得ない。

僕の小さくて癖のある考え方から、
たどり着いた結論は、
残念だけど、間違いが多くなる。
それでも、僕は、多数の正しさよりも、
個人のちっぽけな間違いが好き。

個人の考えることなんて、
正しいわけがない。
つまり、考えるから間違える。
考えなければ間違えないが、
それでも、僕は、考える人が好き。

個人が考えた形跡が好きで、
個人の経験に基づいた物語が好き。
それは、最大公約数では、
割り切れなかった物語で、
割り切れない余りが個人を物語る。

誰からも、正しいと認められる文章など、
この世界にはあり得ない。
あっても、まったく書く意味がない。
そんな正しさを書く個人がいるなら、
嘘つきに決まっているし、

あるいは、何も考えていない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年05月14日 21:16 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

世界と、それを見ている自分の間に素通しではないガラス、
歪みを持つガラスがあって、
僕は今現在の所、必ず歪んだ世界を見ています。
自分を考えるに、
歪みを突き詰めながら無くす方向に進むか、
歪みを圧倒的に拡大させるかは、
どの道同じことなんじゃないかなぁという気がします。
歪みを、肯定せざるを得ない。
嘘っぱちに嘘っぱちを重ねて巨大な嘘っぱちの塔を建て、
その巨大さに依存する威圧感によって個性を貶めようという行為には、徹底抗戦するしかない。
と、僕は思いますw。
  1. 2016/05/14(土) 22:34:11 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶり

精神鑑定が通ってしまいまして、主治医はとても面白がって、拘置所に手紙来れました。
100パーセント正しいなんて、あるわけない。
神の言葉だ、聖書は。では、その神が自問するー私はどこから来たのか?かくして万物は沈む、と言ったのは、カント。
うるさい日本の私、と中島義道は、言う。
大多数の人がまともに受けている事を自分は受け入れられない。だから、自分達の世界を造ると、無言塾とか開いた。
要は、分かり合えるごく少しの人がいれば良いと思う。
僕には、ピストン西沢の頭の中は分からないけど、青梗菜さんや弥一さんの頭の中は少しは分かるかなと。



  1. 2016/05/15(日) 09:19:08 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>僕は今現在の所、必ず歪んだ世界を見ています。
うん、まきがいさんの世界は、
必ずまきがいさんの価値の投影です。

僕が、僕の身のまわりを見渡して、
何を見ているかというと、
僕には、僕にとって価値のあるものごとしか見えていないわけです。
もちろん、価値のないものも、目には映っているのですけどね。
価値のあるものは、たくさんの言葉を背負っていて、
僕にたくさん語りかけてきます。
僕にたくさんの妄想を浮かばせて、
もし隣に誰かがいたなら、
僕は、僕の妄想を話してみたくなるでしょう。
僕の妄想をおもしろがってくれる人の妄想は、
当然、僕にもおもしろくて、
僕はその人を承認して、
その人を認めることで、僕も僕を自認できるわけです。
多くの場合は、表面的な、
抽象度の低い会話で終始しますが。

>歪みを突き詰めながら無くす方向に進むか、
>歪みを圧倒的に拡大させるかは、
>どの道同じことなんじゃないかなぁという気がします。
難しいなぁw。
僕にとって価値のあるものごとは、
背景には抽象的な空間があって、
僕の中では、他のものごとと相似形になっています。
フラクタルの末端、矮小なマトリョーシカ、
そこから大きなフラクタル、大きなマトリョーシカを想えば、
それらは大きく歪むでしょう。
あるいは、一切の価値を取り払う。
価値のあるものごとしか見えていないなら、
価値をなくせば、すべてが見通せる。
色即是空、空即是色、否定して、否定して世界を見渡せば、
歪みは小さくなるでしょう。

>嘘っぱちに嘘っぱちを重ねて巨大な嘘っぱちの塔を建て、
>その巨大さに依存する威圧感によって個性を貶めようという行為には、徹底抗戦するしかない。
>と、僕は思いますw。
個性は、価値の函数で、
箱の中に隠された暗号です。
世の中を相手にするときは、
僕は、暗号表を用いずに世間を渡ります。
個人を相手にするときには、
多義的な言葉で、暗号を送ってみます。
お互いが持っている暗号表が違えば、
相手は、世の中の一員に戻されます。

暗号表を持っていない人はいますよっ。
知識をたくさん持っていても、
箱の中には何も入っていない人がいる。
世の中が嘘っぱちに嘘っぱちを重ねても、
何も足さずに、何も引かずに、通過させる人はいます。
徹底抗戦したいけど、
巨大な塔に安住している人たちには、
僕たちの言葉は通じませんよっ。
  1. 2016/05/15(日) 15:02:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

お久しぶりですっ。
僕たちは、なにもないことと、
原因、結果から外れることを考えることが苦手なので、
神を作った者を探してしまうわけです。

>要は、分かり合えるごく少しの人がいれば良いと思う。
はい、内田樹なら、
自分の言葉が通じ、自分の感受性が共感され、
自分の価値観を共有してくれる相手とであれば、
誰だって共生できる、と言うでしょう。
だから、問題はそんなところにはないのですね~。

拘置所のことは、笑えない話ですよっ。
何かを始めなきゃ。
何でもいいから決めればよくて、
決めなければ始まらないのです。
  1. 2016/05/15(日) 15:03:11 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、

>あるいは、何も考えていない。
ドキッッ!ふん。m(__;m
  1. 2016/05/16(月) 10:05:25 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>あるいは、何も考えていない。
って言ってるやつもたいして何も考えていない。
って言ってるやつも(ry

最後に1行追加します。

僕は、みんなの個性が輝く世の中になればいいと思っています。
  1. 2016/05/16(月) 12:26:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1125-650e4587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)