馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

マッチ売りの少女 ―― 流れ星と少女の死 3/3


いくつかの季節が過ぎて、ある夜のこと、
彼女は、彼女よりも年下の少女たちが、
マッチの炎に照らされて、
暗闇に浮かぶのを見た。

何人かの少女たちが、
彼女を真似て、マッチを売り始めたらしい。
少女たちが路地裏に立てば、
すぐさま何本かのマッチが燃えかすになった。

彼女のマッチは、次第に売れなくなった。
しかし、ある日、箱の中のマッチを、
ぜんぶ買うという客が現れた。
客が何を買おうとしているのかは分かっていた。

彼女は、申し出を断り、
残っていたマッチに火を灯し始めた。
暗闇に彼女の顔が浮かび、
やがてまた闇に戻った。

    マッチを売るのなら、
    少女でなければならない。


マッチ売りは、マッチが燃えている間の、
儚いひと時でなければならない。
最後のマッチが燃え尽きたとき、
彼女は、もう大人の顔をしているだろう。

見上げた空に、星が流れる。



    160313b.jpg
    『君想ふ百夜の幸福』/池永康晟
    2014、芸術新聞社



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年03月19日 12:17 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

> マッチを売るのなら、
> 少女でなければならない。
なるほど。そうですね。なんか悲しい真実です。
少女の時、少年の時は、誰にもたった一度しかない。
それはカネで買えるようなものではないのでしょう。

> 見上げた空に、星が流れる。
うーむ、かっこいい終わり方です。
流れ星がすうーーーッと流れて落ちてゆくのが見えます。

昔「星の流れに身を占って」という歌がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=RyhjR3W67jo
人生は悲しく、切なく、醜悪で曖昧で不可解で退廃的ですが、
しかしまた美しくて宝石のようでもありますね。
  1. 2016/03/19(土) 20:14:21 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

はいはい、歌えますよっ!
♪こ~んな~女に~誰がした~、ってかw。
退廃的な昭和歌謡、っちゅうのが僕は大好きで、
「カスバの女」、♪ここ~は地の果てアル~ジェリア~、
「懺悔の値打ちもない」、♪愛と~云うのじゃ~ない~けれど~、
「柳ヶ瀬ブルース」、♪雨の降る夜は~心も濡れる~、まして~一人じゃ~なお淋し~、
「圭子の夢は夜ひらく」、「酒場にて」、
あの下世話な、何やってんだかみたいな、どうしようもなさ。
>人生は悲しく、切なく、醜悪で曖昧で不可解で退廃的ですが、
>しかしまた美しくて宝石のようでもありますね。
うんうん、なんだか、どうしようもない、しかたがない。
「蘇州夜曲」とか「ゴンドラの唄」とかでリセットしながら、
独りカラオケに行きたくなってきたぞ♪w
  1. 2016/03/19(土) 21:55:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

「星の流れに」ちあきなおみ、
「カスバの女」ちあきなおみ、
「懺悔の値打ちもない」北原ミレイ、
「蘇州夜曲」歌手は、がたおさんにおまかせ
以上4曲は、3月21日までに、

「柳ヶ瀬ブルース」美川憲一、
「圭子の夢は夜ひらく」藤圭子、
「酒場にて」江利チエミ、
「ゴンドラの唄」歌手は、がたおさんにおまかせ
以上4曲は、3月22日までに、
「もろもろ」
http://zurukochan.blog129.fc2.com/
にupされます。

がたおさん、よろしく~っ!
  1. 2016/03/20(日) 02:10:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、

どうすっかな。事後?ですけど。^^;(よろしく~、に対して)

このシリーズぶっちゃけ、ごちそう=陰部?を照らすで引いたよ。m(__;m趣旨が僕にはわからなかったよ。今もわからん。女性の悲しさ、不平等さのことを言っているとゆう認識です。僕たちが遺族になろうて前に書かれていた気がするけれど。m(__;m
  1. 2016/03/20(日) 06:48:01 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

星の流れに、
カスバの女、
懺悔の値打ちもない、
蘇州夜曲、
http://zurukochan.blog129.fc2.com/blog-entry-2953.html#more

柳ヶ瀬ブルース、
圭子の夢は夜ひらく、
酒場にて、
ゴンドラの唄、
http://zurukochan.blog129.fc2.com/blog-entry-2955.html#more

お手数をおかけしました~、
がたおさん、ありがと~!

マッチを擦って、幻影が現れて、
星が流れて、マッチがぜんぶ燃え尽きて、少女が死んだ。
そんな話はないよな~。

箱の中のマッチをぜんぶ買うと言った客は、
「君は、もう無力な少女ぢゃない」と、
認めてくれたのではないかなぁ、
みもふたもない、下劣な言い方ではあるけれど。
マッチをぜんぶ燃えかすにして、
もうここには戻らない。
暖かいブーツで、ちゃんとパンツも履いて、
夜の路地裏を去って行く。
彼女は生き延びたよっ!
  1. 2016/03/20(日) 11:10:29 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1095-b720c85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)