馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

詩論 ―― 子供仮説 (`ω´)キリッ 4/4


仕方がないから、大人と子供を、
繋(つな)いでみようと試みる、
塞(ふさ)いでみようと試みる。

拙(つたな)い言葉で戦いを挑み、
継ぎ足してみようと試みる、
投げ入れてみようと試みる。


    僕の中の子供が、
    狂気の地平に降り立って、
    言葉を拾い集めてくる。

    僕よりもふた回りも小さい、
    僕によく似た手がつかんだ答なら、
    笑われても、馬鹿にされても構わない。

    それを僕の答にしよう。


詩人は、死に損ないの子供であり、
詩は、狂人の戦記であり、
届かない懸隔であり、

埋まることのない陥穽である。



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年03月10日 20:04 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>僕よりもふた回りも小さい、
>僕によく似た手がつかんだ答なら、
>笑われても、馬鹿にされても構わない。

>それを僕の答にしよう。
ここと、
>詩は、狂人の戦記であり、
ここと、
>埋まることのない陥穽である。
ここが、好きです。m(__;m

※ケンカクとカンセイは検索しました。漢検1級か!m(__;m
  1. 2016/03/11(金) 22:38:50 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

繋ぐ、継ぎ足す、届かない、懸隔、
塞ぐ、投げ入れる、埋まらない、陥穽、
僕は、そんなコード進行が好きです。

※2級くらいかもよ♪
  1. 2016/03/11(金) 22:58:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん
失礼いたします。いつもお世話になっております、philo1985です。

青梗菜さんの文章からは、哲学と詩のあいだのところで考え続けているという印象を受けます。ときどき、素直な感情がストレートに伝わってくることがあって、そういう時には、何か心そのものに触れたという感じがします。

子どもであること、愚かさ、そして狂気など、青梗菜さんが愛着を感じているテーマは、僕が哲学で追いもとめているものと近いところにあるような気がします。これからもよろしくお願いいたします!
  1. 2016/03/12(土) 01:10:52 |
  2. URL |
  3. philo1985 #OARS9n6I
  4. [ 編集 ]

これは…詩論というよりは
詩だと感じました。

>僕の中の子供が、
>狂気の地平に降り立って、
>言葉を拾い集めてくる。

ここは痺れます。
なるほど。その感覚はある。
青梗菜さんが私にコメントしてくれた『戻ってこれなくなった詩人』というのが、
まさに私のスタンスですな。
拾い集めて『くる』
では、無く
拾い集めて『いる』
かも知れないです。

集めているのは
他の誰も見向きもしないガラクタだけに
価値としてあることは難しいのですが、
箱や袋の中を覗けば、集めた言葉に快楽が附随しているので
止めることは出来ないなあw

子供は首の皮1枚で
くったくたの頭をぶら下げながら地平を行くのですなあ。ただ、その首の皮が強靭(笑)

  1. 2016/03/12(土) 02:32:06 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

philoさん、こんにちは。

子どもであること、愚かさ、そして狂気、
いいなぁ、単語の並びだけで、うっとりしてしまいますw。

僕は、たいして哲学の素養があるわけではないので、
僕の価値判断の基準は、両親や、その時々の友達や、彼女や、
つけっ放しのテレビ、寝落ち寸前で聴いていたラジオ、
朝の電車で読んだマンガ、その時間を充当すればどんな資格でも取れたはずのエロ動画、
そんな、雑多で低俗で騒々しいことがらに由来しています。
そんな僕が考えること、それらの経験に基づいて語ることなら、
子どもっぽくて、愚かしく、少々狂っていても仕方がないw。

philoさんは、自分の言葉で語りますよね~!
哲学書に書いていたことや、誰かの言葉の繰り返しではなく、
自分の言葉に置換された言い回しで語ります。
個人の経験に基づいていない、拾ってきたようなもの言いは、
薄くてぺらぺらで、その薄っぺらさは、
分かる人には分かる、 そして、分からない人には分からない、
そんなふうにしか言い表わせないものですが、
philoさんは、そのあたりを軽々と越えてくれるわけです。
また、近いうちに!
  1. 2016/03/12(土) 22:46:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>>僕の中の子供が、
>>狂気の地平に降り立って、
>>言葉を拾い集めてくる。
がんばれ、子供っ。
まだ戻ってくるな、もうちょい集めろ~。
>青梗菜さんが私にコメントしてくれた『戻ってこれなくなった詩人』というのが、
>まさに私のスタンスですな。
最高の賛辞でしょw。

>子供は首の皮1枚で
>くったくたの頭をぶら下げながら地平を行くのですなあ。ただ、その首の皮が強靭(笑)
取れそうになった頭で、ときどきふり返って僕を見ていますw。
かわいいなぁ、がんばれ、おれ。
  1. 2016/03/12(土) 22:47:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1088-223753e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)