馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

詩論 ―― 子供仮説 (`ω´)キリッ 1/x


小学校に入った頃だろうか。
系統図は、子供と大人に分岐を始める。
子供は枯死して、いずれ途絶える。

子供に大人が寄生して、
狂わされた子供は、大人の世界に連れ出され、
小さな大人に生まれ変わる。

あるいは、蛹(さなぎ)が作られる。
蛹の中で、子供は壊れて溶解し始め、
やがて羽化して、大人の空を飛ぶ。



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年03月03日 12:03 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

一瞬さえ、見えない。
記憶は、幻想。
思考は、未来。
繋いでいるのは、ジャンプ。
ジャンプを繋げられれば、飛翔か。
二つの生き方は、
二重螺旋で美しく絡み合い、
その螺旋の間に、時間という川が流れている。
以上は、青梗菜さんが書けと命じた、
詩だ。
弾みで書いたからだ。




  1. 2016/03/03(木) 22:04:31 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

あ、連投で申し訳ないけど、
詩を実際に書けと命じられたわけではありません。
勝手に書いただけです;;。
誤解の無い様に。
  1. 2016/03/03(木) 22:41:27 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>あ、連投で申し訳ないけど、
>詩を実際に書けと命じられたわけではありません。
>勝手に書いただけです;;。
>誤解の無い様に。
ww。

でも、読み手が、
ここに何かを書き残せ、って命じられた気にならないと、
コメントって書けないものだと思います。
読み手は、きっと召喚されたんだなぁ。
僕の読み手として、僕から選ばれて、
僕から命じられていなければ書けない。

何かが伝わったことを、
なんとかして書き手に返すのは、
自らの感性に対する義務になるのかもしれない。
心の内を言語化させようとするのは、
もどかしくて、つらい作業です。
でも、それを表わさなければ、
読まなかったことに等しい!
  1. 2016/03/03(木) 23:02:39 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、おはようございます!!^^

小学生低学年?の頃、僕の鼻は良く利いていた記憶があります。(神社境内の落ち葉のにおいくらいしか思いつきませんがっ。鼻の位置が大人より地面に近いからでしょうか?)m(__;m

  1. 2016/03/05(土) 11:09:14 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>(神社境内の落ち葉のにおいくらいしか思いつきませんがっ。鼻の位置が大人より地面に近いからでしょうか?)m(__;m
あると思う。
目線の高さも違うよね。
  1. 2016/03/05(土) 20:48:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1084-a7cd5046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)