馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

国語の時間 (。-`ω´-)ンー 4/4


「~したときの、
チイちゃんの気持ちを答えなさい」
そんな質問を、真に受けてはならない。
それが国語の時間のルールになった。

    他人の気持ちが分からない僕は、
    その問いのままでは、答えることができない。
    できないことをしようとしても仕方がないから、
    問いを変えることになる。

「~したときの、
チイちゃんの気持ちを答えなさい。
―― この質問にみんなが、
どう答えるのかを考えなさい」

    僕がどう思っているか、
    そんなことは、実はどうでもいいことで、
    「みんなが思う」ことを言い当てれば、
    それが正解とみなされる。

さらには、先生が、つまり大人が、
「みんなが思う」と思っていることを、
僕が言い当てれば正解になる。
それが国語の時間のルールだと知った。

    そして、「みんなが思う」と思っていることが、
    自分の気持ちになり、
    「みんなが思う」と思っていることが、
    他人の気持ちになると知った。

みんなと違うことは間違いであり、
たとえ「みんなちがって、みんないい」と教えられても、
その「みんなちがって、みんないい」に違うことは許されない。
だいじょうぶ、大人は誰もそれを疑問に思わないから。

    大人になるということは、
    自分の言葉を失うことなのだろう。
    だったら、早く言葉を失いたかった。
    でないと、僕はいつまでも間違える。



大人になって久しい今でも、
僕の中の子どもは、
大人の僕の思惑を超えて、
大人の僕に問いかける。

    自分の言葉を持っていない者が、
    他人の言葉を間違いと言うのか。



    160229.png



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年02月29日 20:33 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

国語の試験問題に、その人の気持ちはどんなか、とか、その子はどんな子だと思うか、なんてあったっけ?もう忘れてしまったよ。^^;例えとしてなら何となくわかるような気もするけど。(「皆がどう思うか?」あたりかな、なんとなく。)m(__;m
  1. 2016/02/29(月) 20:56:23 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

ないかぁ?w
小学1年生のテストの問題として。

「みんなちがって、みんないい」の、
引き裂かれる感じを説明しようとして、
ずいぶん遠回りをしてしまったw。
細かいことは、見逃し(ry
  1. 2016/02/29(月) 21:07:00 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

(。-`ω´-)ンー、
了解、ちょっと変えよう。
  1. 2016/02/29(月) 22:08:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

みんながどう思うか。
大多数の人がどう思うか。
を、勉強しておくことは、大事なことかもしれません。
「普通、こうでしょ」
っていうものがみんなとズレていると、
生きづらいし、嫌われますし、人を傷つけます。
「みんなはこう思うだろう。私はこう思うけれど。」
みたいな状態が、いちばんカッコイイかなぁ。
いろいろな考え方を知っている上で、
そこから自分の考えを選択している感じ。
自分の考えを伝えるか、伝えずに相手に合わせるか。
それは相手次第、状況次第でしょうか。

みんなは、みんなの正しさを押し付けてきますけど、
「私はみんなとは違うんだ!」ということを押し付けてしまうと、
結局、私もみんなと同じレベル、ってことになってしまうと思って、
グッと、発言をこらえたりしていますが、
そんな場所には、長くはいられないですよね。
  1. 2016/03/01(火) 01:26:23 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ブログでコメント欄を閉じている人がいます。
よほどコメントで不快な思いをしたことがあるのか、
あるいは物理的に忙しいのか、単に会話が面倒なのか、
もしくは、ひとから意見を言われたくないせいがあるのかもしれません。

私は、コメント欄は全面的に自由開放しています。
みんな違って、みんないい、とまでは思っていませんが、
みんな違って、それでいい、そんなものだ、と気軽に思っているからです。

ですのでコメントは、承認制にしておらず、画像認証は無しで、
禁止ワードのフィルターも掛けていません。
でも今までひどく不快な思いをしたことは一度もないですね。
(もっとも思想的な記事など滅多に書かないせいも多分にありますが)

偉そうな態度で、嘲弄するような内容のコメントが来たことはあります。
でも気になりません。その内容または言葉遣いに問題がある場合は、
ああ、orokaな人がbakaなことを書いてきたなと思うだけです。
(でも自分の愚かしさのせいで誰かを傷つけた場合は落ち込みますね)

謙遜かつ丁寧な言葉遣いで、論理的に納得できるコメントが来た場合には、
自分の記事に訂正とお詫びを入れ、世の中には頭のいい人がいるなあ、
と、その人をリスペクトし、感謝の意を伝えるだけのことです。

世の中いろいろ。十人十色。百人百様。千差万別。
極右もいれば、極左もいれば、いや、自分はセンターだと思ってる人もいます。
大衆は、自分たちの意見を少数意見者に押し付ける傾向がありますね。
(宴会で、酒を飲めないと言う人に、飲め飲めと押し付けるのと似てます)

善意もあるでしょうが、そうしないと精神的に居心地が悪いのでしょう。
それはすなわち、心の中に「不安」があることを物語っています。

不安というものは、人類創世の初めから人間に本質的にあったもので、
だからその不安を解消すべく、人間のスーパーヴァージョンとして、
宗教的な人格神のイメージを作り上げてきたのだろうと思いますね。
  1. 2016/03/01(火) 11:04:58 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>みんながどう思うか。
>大多数の人がどう思うか。
>を、勉強しておくことは、大事なことかもしれません。
それは、最重要だと思いますw。
それが分かっていないと、中二です。
世の中を馬鹿にして、世の中から馬鹿にされて、
それで何も変わらない。

>いろいろな考え方を知っている上で、
>そこから自分の考えを選択している感じ。
僕が世の中と折り合っている部分は、僕はあっさりスルーです。
その部分にギャップを感じている人の気持ちは、僕には分からない。
その鈍感さは他人を傷つけますね~。
傷つけて、傷つけられて、
それで何も変わらない。

馬鹿にし合う、傷つけ合う、
そこから抜け出す方法に、
「馬鹿にする」、「傷つける」を選んでいるのが、
世の中だと思います。
考えて書いているような見かけの文章でも、
結局、世の中を馬鹿にして、自分が浮かび上がっているような、
どうしようもなく疲れる感じ、分かるでしょう?w

ところで、考える、ってことは、
自分を馬鹿にする、自分を傷つける、
って感じが伴いませんか?
言葉が自分に向かえば、必ずそうなるはずです。
謙虚、という言葉の意味は、それ以外にあり得ない。
きっと、自分を馬鹿にして、自分を傷つけて、
抜け出そうとしているのですよっ。

悩んで、考えている人なら、
悩んで、考えている他人の文章から、
悩んで、考えている形跡を見つけます。
分かる人には分かる、
分からない人には分からない、
文章は、そんな在り方しかできません。
  1. 2016/03/01(火) 12:57:35 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

>ブログでコメント欄を閉じている人がいます。
>よほどコメントで不快な思いをしたことがあるのか、
>あるいは物理的に忙しいのか、単に会話が面倒なのか、
>もしくは、ひとから意見を言われたくないせいがあるのかもしれません。
うん、コメント欄は、エントリより重要ですw。

>みんな違って、みんないい、とまでは思っていませんが、
>みんな違って、それでいい、そんなものだ、と気軽に思っているからです。
はい、僕が「みんなちがって、みんないい」が嫌いなのは、
「いい」という評価なのです。
「みんなちがって、そんなものだ」なら、嫌わない。
いいも悪いもなくて、みんな違う。
「いい」という評価だけで、一人歩きをしている鈍感なフレーズです。
金子みすゞの敏感さが壊される。

うちのコメント欄は、
例えば、深いですね~、考えさせられます、
みたいな、何も言ってないような書き込みを、
寄せつけない空気がありますw。
だから、深くて、考えさせられます。
なにより、正直さが沁みてくる。
皆さん、たいへんな思いをして、書いてもらってますw。

>不安というものは、人類創世の初めから人間に本質的にあったもので、
>だからその不安を解消すべく、人間のスーパーヴァージョンとして、
>宗教的な人格神のイメージを作り上げてきたのだろうと思いますね。
不安を解消するために、宗教があるのなら、
宗教があり続けるためには、不安を解消してはならない。
人がすることって、自己目的化して、
すぐに逆転してしまうなぁ。
  1. 2016/03/01(火) 12:58:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1083-94eedb4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)