馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

空を飛ぶ(´・ω・`) 7/x


オリオン座の左上の1等星、
ベテルギウスの直径が、

太陽の直系の、
1,000倍と教わったとき、

途方もなく大きいと思ったのは、
ベテルギウスではなく、

空だった。



        160219c.jpg
        Da Vinci's Demons



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年02月25日 12:04 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

青梗菜さん、

瞬発力強力な詩と感じました。(理由:作るのが早いから。空が「(そう)思う」というところがわからないようなわかるようなわからないようなだから、でございます。)m(__;m
  1. 2016/02/25(木) 12:48:25 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>瞬発力強力な詩と感じました。
わははw、昼休みは、仕事中より忙しい。

主語を、「僕」にして読んでね~。
僕が、学校で教わり、
僕が、空を途方もなく大きいと思った、
それだけ。
  1. 2016/02/25(木) 13:25:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>主語を、「僕」にして読んでね~。
失礼いたしました。m(__;m

>わははw、昼休みは、仕事中より忙しい。
※13:25ー11:58+α=1h27m+α。
  1. 2016/02/25(木) 15:19:17 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

+αが2~3hあるといいなぁ。
狂気にさまよい出て、
言葉を正気に持ち帰るような、
夢のような時間。

詩を、甘ったるい感傷にさせない時間。
感傷は、現実で、正気なんだわ。
  1. 2016/02/25(木) 19:02:35 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

> 途方もなく大きいと思ったのは、ベテルギウスではなく、空だった。
> 遠くにあるものは小さくなって、点になって消えるのに、空はなぜ消え失せないのだろう。
> 飛ばないために、空がある。
> 僕の空は、僕の「心がけ」の、変更可能な「世の中」への投影か。
> 僕には、僕の空だけが真実である。
> 大人になることは、他人の空を飛ぶことだと思う。
> 空がなければ、翼はいらない。
うん、なるほど、なるほど。
お見事。(ちょっと選択フレーズが違うかもしれないですが)
よくまあ、こんなに異発想が続きますね~。
空恐ろしい、とはこのことだわ。(笑)
Da Vinci's Demonsの黄色い写真。
空を飛ぶのは、qinggengcaiさんのような。
あ、これは褒め言葉。
頭の中には大きな空が拡がってるの意。
8/xが楽しみだ。^^)
  1. 2016/02/25(木) 21:14:26 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

>よくまあ、こんなに異発想が続きますね~。
わははw、狂気だなぁw。

空は「地」で、ベテルギウスは「図」。
空を「地」とするのは、人にとっての身体性に起因します。
難しいことは分からないけど、
メルロ=ポンティがそんなことを言ってました。
哲学は理屈をこねているよりも、やった方が早いです。
それは、空と星が、更新されていく経験で、
少々間違っていても構わずに、自分でするのが哲学です。

>Da Vinci's Demonsの黄色い写真。
>空を飛ぶのは、qinggengcaiさんのような。
このダ・ヴィンチ役の人、
なんだか脱ぎたがってますねぇw。
チャラいのに、天才、
頭がよくて、体も張る、無敵だなぁ!
>あ、これは褒め言葉。
褒め過ぎだ~。
>8/xが楽しみだ。^^)
変な発想でも、理解し合えるのが不思議ですよね~。
普通とか、常識とかって、脆いなぁ。
  1. 2016/02/25(木) 22:15:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

自分を含む環境が宇宙ならば、
自分も宇宙と全く同じ構造であって、
自分が見ている空は、宇宙もやはり同じ空を見るだろうと考える自分は、
一体誰なのかという疑問につきあたる。
まだ現実にオーロラを見たことがない自分は、
それを当たり前に見ていた人が何を思ったかを想像すると、
オーロラの呼びかけが聴こえたとしても、何の不思議も無い。
しかしなぁ。
宇宙が在るって事は、
恐らくその外側に、何かあるってことにならないか。
真逆だと、宇宙も何も、無いってことにならないか。
ホントは、象や亀が支えていはしまいか?
って考えると、
やっぱり自分は誰なんだろう。ホントに、自分なのか???

  1. 2016/02/25(木) 22:21:04 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>自分を含む環境が宇宙ならば、
>自分も宇宙と全く同じ構造であって、
>自分が見ている空は、宇宙もやはり同じ空を見るだろうと考える自分は、
>一体誰なのかという疑問につきあたる。
あ、そこですか~w。
脳の中にある、と言われても、
脳の中にあると思っている私ですか~。
分かりませんっ!

>宇宙が在るって事は、
>恐らくその外側に、何かあるってことにならないか。
>真逆だと、宇宙も何も、無いってことにならないか。
なぜ在るのか、ですか~w。
なぜ何もないのではなく、何かがあるのか。
分かりませんっ!

>ホントは、象や亀が支えていはしまいか?
あ、それはホントです。
3年前に、解決してます。
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/blog-entry-541.html
まきがいさんにも、賛同いただきましたっ!
  1. 2016/02/25(木) 22:39:15 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

宇宙が無限なら夜空は白いそうで…
無限であるならば、空のどの一点を見ても必ず恒星が存在するため夜空は星で埋め尽くされる…とか何とか。
実際には、かなりスカスカですな~。
黒い。

宇宙は広い。けれど限界があるらしい。果てがあるらしい。

宇宙も自分の外側にある空や無限に対して憧憬があるのではないか…と思ったりします。


インフル治りました。
熱に浮かされていても
飛べる気はまったくしなかったなあ~w

熱に羽化されていたら…
飛べたかも知れないです♪

  1. 2016/02/26(金) 15:05:14 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>インフル治りました。
おめでと~。
>宇宙が無限なら夜空は白いそうで…
>無限であるならば、空のどの一点を見ても必ず恒星が存在するため夜空は星で埋め尽くされる…とか何とか。
お~、その理屈は分かるけど、遠くても光は届くのかなぁ。
>実際には、かなりスカスカですな~。
僕たちは田舎者だから。

>熱に羽化されていたら…
あ~あ~w。
でも、飛ぶ、といえば昆虫ですね。
完全変態(ユウさんと僕がそう呼ばれている意味ではないw)の昆虫は、
蛹の段階で身体がどろどろに溶けます。
翼を得るためには、蛹を経るんだなぁ。

人が人の知ることができない対象を、
分析して解釈して、それで分かったことになる。
昆虫のことなんか知ることができない、ってのは、
そのままで、変わらないのに。
宇宙もそんな感じだわ~。
  1. 2016/02/26(金) 21:52:54 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>例えば、女子なら、例外なく、
>「モテ」や「愛され」の空を飛ぶ。
既婚である俺も、っすけども。^^;
  1. 2016/02/27(土) 21:00:55 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

「モテ」とか「愛され」とかはもうええわ~w。
おれは、優しくなくていいし~w。
  1. 2016/02/28(日) 00:33:13 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1078-f3654c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)