馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

空を飛ぶ(´・ω・`) 1/x


翼を持つこと、
空を飛ぶこと。

翼も、空も、
見えない世界の認識であり、

翼は、地上を離れて、
高い抽象度を飛ぶための翼、

空は、飛ぶことにより開き出された、
抽象的な空間。

翼がなければ、空は飛べないし、
空がなければ、翼はいらない。

それらは、自問であり、
自ら答えるしかない問いで、

答えようとする者にしか、
浮かばない問いになる。



        160218.jpg



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年02月18日 14:21 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

> 翼も、空も、
> 見えない世界の認識であり、
正直なところ、ここ、よく理解できません。

> 翼は、地上を離れて、
> 高い抽象度を飛ぶための翼
しかし、この辺から表現がカッコいい。
いつもながら。
と、お世辞7パーセントほど添加。

ダヴィンチの絵もうまい。発想がいい。
(あら、正方形が円にくっついてないかな?)

さて、進化論では、初めは海にいた動物が、
陸に上がったり、空を飛んだりしたとされます。
ところが海に残ったのもいれば、
空を飛び始めなかったのもいます。
適切と思われたほうを選択したのだと言われます。
気になるのはダチョウですよ。
むろんペンギンもそうですが。
ここではワケあって駝鳥を選択します。
最初は手指の代わりに羽をつけることを選択したのに、
飛ばないのなら、損失のほうがだいぶ大きいでしょう。
走るのや泳ぐのが速いといってもしれてるでしょうし。
なぜ損失のほうを選択したのか、不思議です。
カップルになれば、メスとオストリッチということは、
彼らは富裕であり、それゆえに鷹揚なのでしょうか。
すみませんね。こんなことしか書けないで。(笑)
もう少し、いや、もっとコメント業に精進します。

子供の頃は空を飛ぶ夢をよく見たものですけどね。
天使が羨ましいですね。
しかし彼らは感情がわからないとか言われます。
では、もしどちらかを選択できるなら、
喜怒哀楽の感情が多彩にある人間のままでいるか、
大空も見えない世界も自由に飛べる天使になるか、
これ、けっこう迷いますね。
  1. 2016/02/18(木) 22:14:51 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

ウィトルウィウス的ペンギン体図は
ペンギン体の調和と呼ばれることがある。

正方形は物質。円は精神。
四つの角は宇宙を構成する四元素である火、土、風、水を表す。ペンギン体を構成するのも四元素である。
真円はペンギン自らが創った不自由な殻に受ける外部からの攻撃が精神の角を削り落とし、やがて丸く完全になることを表す。

そして、ペンギン体比率は、その中で調和があることを示している。

翼を拡げ、上下させ、海を飛ぶとき、
ペンギンは宇宙との調和を体現するのだっ。

『「ペンギニアです」とジュディ。「かの地に行くためなら、わが祖国を捨てましょう」』
   (タニス・リー『狂える者の書』)



………メスとオストリッチ……笑った(笑)
  1. 2016/02/18(木) 22:49:15 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

>>翼も、空も、
>>見えない世界の認識であり、
>正直なところ、ここ、よく理解できません。
はい、僕もどう持っていこうか決めていませんw。

>人間も飛べるようになれば、翼が生えてくるのかも知れない。翼を得たいなら、まず飛べるようにならなくては。
ユウさんも、
>肉体的だけではなく、精神的にも、
>ジャンプというのは、非常に重要な、何かじゃないかなと、
>思います。
まきがいさんも、
僕に飛ぶことを望んでないかなぁ。
笛が吹かれたなら踊らないわけにはいかないから、
吹く前から踊ってみようかと思いましてw。
精神的な翼を示してみようかと。
空と翼、空と雨、
何かがありそうな、なさそうな。

駝鳥なぁ、なぜ10mでもいいから、
飛ぶ能力を温存しなかったのかなぁ。
  1. 2016/02/18(木) 23:23:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>ウィトルウィウス的ペンギン体図は
>ペンギン体の調和と呼ばれることがある。
ないよっ。

翼は退化して、飛べなくなり、
脚はひざを曲げたまま固定され、
足首から下だけで歩きます。
>「かの地に行くためなら、わが祖国を捨てましょう」
この星の最も過酷な場所を選び、
子育ては最も過酷な時季に行います。
夏でも氷点を超えることはない南極大陸は、
冬には沿岸部でも-40℃を下回ります。
ここまで犠牲を払うには、何か理由があってのこと。
>ペンギンは宇宙との調和を体現するのだっ。
そうなのか~?w

そうかもしれない。
調和を体現する翼。
みんなが翼を持っているとしたら、
それぞれ自分の空を飛んでいるなぁ。
  1. 2016/02/18(木) 23:24:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

進化的なシェイプって、ちょっと不思議でしょう。
ヒレから手になるには、
塊から指を出すのではなくて、
みずかきの部分を、それ以上育つなと、DNAが、言うらしい。
何で?
ペンギンと、自分に、
何か根本的な違いがあるとは、どうしても思えない。
何か全体的な、願望があるんじゃないかなぁ。

詩人である人は、どんどん詩を書くでしょう。
言葉を持った人は、歌って放つか、
地面に書き記したいという、
どちらかの願望が湧き上がるに違いないと、思います。

海に向かって、馬鹿やろーと、叫ぶしかないし、
ラブレターを、机の引き出しにしまうしかない。
  1. 2016/02/19(金) 23:25:06 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>進化的なシェイプって、ちょっと不思議でしょう。
ある部分を特別なものとさせて、
残りをばっさり捨てるよね~。
あったほうが便利だから、ちょっとくらい残しておいてもいいのに、
たくさんのものを持たないようにしています。
ラクダなんかは、2、3個パーツが多い気がするけどw。

>ペンギンと、自分に、
>何か根本的な違いがあるとは、どうしても思えない。
>何か全体的な、願望があるんじゃないかなぁ。
環境の側が行動を起こさせているのかな~。
僕たちに長い距離を走る能力があっても、
平坦な土地がなければ走るなんてことは思いつかなくて、
むしろ、環境がほとんどすべてと言っていい。
なぜ走るのか、と問われれば、
ひとまずは、道があるから、と答えたくなる気分があります。
同じ環境にいても、僕たちは道を発見して、
ペンギンは海を発見したのでしょう。

それぞれの翼で、自分の空を飛んでいる、
しばらくは、そんなイメージを据えてみようと思います。
  1. 2016/02/20(土) 10:33:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1072-1b2117fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)