馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

Dancer in the Dark ―― of the darkness 4/4


 裁判には、誤判の可能性があり、冤罪は避けることができない。
 取り返しのつかない刑罰は、廃止するべきだ。
 それは、死刑制度に反対する理由のひとつに挙げられる。

 トリアーは、落ちるのが怖くて飛行機に乗ることができない。
 この映画の舞台はワシントン州だが、スウェーデンで撮影されている。

 「Dancer in the Dark」は、2000年に最高賞・パルムドールと、
 ビョークの主演女優賞の2冠に輝いた。
 トリアーは車で授賞式に向かったが、カンヌまで3日かかったらしい。

 トリアーなら、こう言うのかも知れない。
 航空機には、墜落の可能性があり、事故は避けることができない。
 取り返しのつかない航行は、廃止するべきだ。

 飛行機を廃止しようとする判断形式に誤りがあるのなら、
 廃止するべきは、死刑ではない。
 廃止するべきは、粗雑な審理であり、
 冤罪を避けるのは、法的手続きの厳正さの問題だ。


        scene 75、
        法廷(屋内/昼間)

        ……
        検察官:
            なぜ彼を殺したのです? 大胆な質問ですが。
        セルマ:
            彼に頼まれたからです。
        検察官:
            彼に頼まれた? これは興味深い証言ですな。
            きちんとした職に就き、かなりの財産もある、
            そして夫婦仲もいい。
            そんな男が、
            どうしてあなたに殺してくれと頼むんです?
        セルマ:
            それについては秘密にすると約束したので。
        検察官:
            すばらしい! なんて簡単明瞭な返答なんだ。
        ……

 彼に頼まれたからです ―― この動機に嘘はない。
 それについては秘密にすると約束したので ―― しかし、まるで悪い冗談のようだ。
 動機は、陪審員たちの理解が可能になるまで歪曲され、
 犯行は、平板な物語に書き換えられる。
 その実質は、法廷における、セルマを除いた人たちによる、
 セルマの犯行の創造にほかならない。


 トリアーは言った。
 殉教者になるためには、死ななければならない。
 それは語義どおりで、死ななければ殉教者ではない。

 しかし、セルマの物語が誰にも知らされなかったとしたら、
 セルマは殉教者になれただろうか。
 セルマの物語が、闇の中に埋もれたままだっとしたら。

 殉教者になる、そのことがすでに闇の中から拾い上げられている。
 光を当てられ、すでに復権を遂げている。
 偽の事実を作り上げられて、絞首刑を執行された者のほとんどは、殉教者にもなれない。

 セルマは、トリアーによって殉教させられたが、
 死刑制度の廃止を訴える者は、実はセルマではない。
 殉教者になれなかった者である。
 光を浴びて踊る者ではない。
 光の届かない、暗黒の闇の中で踊り続ける者である。

 闇の中には、深い愛が込められた物語がいくつもあって、
 それらは、決して知ることはできないが、セルマを拾い上げることによって、
 僕たちは、僕たちに知らされていない物語への信仰を強くする。
 セルマのように、愛する者への愛も語らないままに、
 愛する者のために死んでいった者たちが数限りなくいたことを僕たちは信じている。
 僕たちには決して知ることができないのに。

 僕たちは、心を寄せて暗黒の闇を照らすが、
 もちろん、何かが映し出されることはない
 ―― それでも、闇を、照らす光を。

        160207d.jpg

        『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
         /ラース・フォン・トリアー 著、杉山緑 訳、
         2000、角川書店
        『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
         /ラース・フォン・トリアー 監督脚本、
         2000、松竹、Asmik Ace (video、DVD)



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016年02月09日 12:13 |
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

> 僕たちは、心を寄せて暗黒の闇を照らすが、
>  もちろん、何かが映し出されることはない
>  ―― それでも、闇を、照らす力を。
おお、カッコいい終わり方。なんだか、ゲーテの臨終の言葉みたい。

ところでちょっと趣旨がズレるかもしれませんが―――
だれかに借金をした者は、
最低、借りた金額か、同等のもの(に利子付きで)で返すべき
という判断形式が正しいのなら、いや、正しいのだが、
人の命は、命か、同等のもの(に利子付きで)で支払うべきである。

ところで、人の命は金銭や物質でつぐなえるものではない。※
 ※マルコ8:36-37、詩篇49:7
ならば、人の命を奪った対価は最低、奪った者の命で贖うしかない。
それが、眼なら眼、歯なら歯、命なら命、という公正の原則。

死刑反対論者は、自分の愛する家族が残虐無慈悲な
殺され方をしても、同じ意見を保持できるのか?
ダーティ・ハリーが拳銃を撃ちまくった犯人を射殺したとき、
それを咎めた新聞記者に、このようなことを言ってましたね。
  1. 2016/02/09(火) 22:50:50 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

>>僕たちは、心を寄せて暗黒の闇を照らすが、
>>もちろん、何かが映し出されることはない
>>―― それでも、闇を、照らす力を。
>おお、カッコいい終わり方。なんだか、ゲーテの臨終の言葉みたい。
わはw、
ここは10回くらい書き変えました。
最終版は、
―― それでも、闇を、照らす光を。
ますますゲーテですが、これで行きますw。

>ところで、人の命は金銭や物質でつぐなえるものではない。※
> ※マルコ8:36-37、詩篇49:7
そうそう、だから、2056$10¢は魔法の呪文です。
>死刑反対論者は、自分の愛する家族が残虐無慈悲な
>殺され方をしても、同じ意見を保持できるのか?
うん、無理ですね。
正しいとか間違っているとかではなくて、無理なんだなぁ。
  1. 2016/02/09(火) 23:23:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>僕たちは、心を寄せて暗黒の闇を照らすが、
>もちろん、何かが映し出されることはない
>―― それでも、闇を、照らす光を。
詩人か!^^
  1. 2016/02/10(水) 22:54:20 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

わははw、たしかに、凡庸なオチだなぁ、
もうちょっと分かりにくいほうがいい。
難しいなw。
  1. 2016/02/11(木) 00:30:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

リスペクトして書いたのにねえ。←欧米か!
  1. 2016/02/11(木) 00:46:04 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

うん、ディスってるわけではない。
いい映画だよっ。
  1. 2016/02/11(木) 10:05:34 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1067-3932c80b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)