馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

Dancer in the Dark “φ(・ω・。*) 3/3


        scene 91、
        州刑務所の面会室(屋内/昼間)

        セルマ:
            来月、手術しなきゃ手遅れなのよ!
            あの子は一生、見えなくなるわ!
            どうしても手術を受けさせなくちゃ。
            あの子には自分の孫の顔を見させてやりたいのよ。
            キャシー、それをなぜ分かってくれないの?
        キャシー:
            話を聞いて。
        セルマ:
            あの子の目を守ることが私にとってすべてなの。
            あなたは全然分かってない。
        キャシー:
            話を聞いて!
        セルマ:
            終身刑がせいぜいの盲目の殺人犯に
            あのお金を使うなんてバカもいいところだわ。
        キャシー:
            ジーンには母親が必要なのよ
            たとえどこにいようと。
        セルマ:
            それは違うわ。あの子に必要なのは視力よ。
        キャシー:
            母親よ。
        セルマ:
            違う! そうじゃない!
        キャシー:
            生きてる母親が要るの!
            お願いだから冷静になって。
            セルマ!
        セルマ:
            私は自分の心の声に従うわ。
        ……


 2056$10¢に封じ込められていた魔法が、このシーンで展開する。
 僕は、2056$10¢に書き込まれた引き換えの構図を、疑うことなく受け容れてしまったらしい。
 僕は、等価であることを強調された半端な額面に、目をくらまされてしまった。
 ジーンの手術か、セルマの生命か、その二者択一のほかに途はないと思い込まされてしまった。

 セルマが、今、必要とする金額を、僕は、考えようとはしなかった。
 セルマに必要なのは、ジーンの手術代2056$10¢と、
 セルマの弁護料2056$10¢の合計、4112$20¢だ。
 物語を追いかけながら、2056.10+2056.10を計算する。
 僕には、そんな面倒なことはできない。
 例えば、弁護料が2000$なら、3000$なら、
 僕は、セルマが必要とする金額を計算する気になっただろう。
 例えば、ルークが10¢を値引きしただけで、キャシーが90¢を出捐しただけで、
 僕は、それをきっかけに、セルマがいくら必要としているかに思いを至らせたのかもしれない。
 あるいは、繰り返される額面が2000$だったのなら、
 僕は、魔法にかからなかったのかもしれない。

 60年代において、2056$10¢は少額でない。
 しかし、さほど高度な医療を提供するとは思えない病院の手術代は、
 終身刑がせいぜいの盲目の殺人犯の弁護料は、
 子どもを抱えた工場労働者の貯金は、セルマの友人たちが募ることができないほど高額ではない。
 キャシーでさえその金を工面しようとしないまま、
 ジーンの手術とセルマの生命の二者択一をめぐってセルマと抗論をしている。
 2056$10¢は、そんな危ういプロットを、ぎりぎり支えることができたらしい。
 もはや、金額の多寡さえ意味をなさない。
 2056$10¢は、願いをひとつだけかなえてくれる魔法の呪文だ。

 そして、2056$10¢は、二者択一で択ばれなかった者を死に導く。
 それもまた、魔法の呪文の内容を成していた。
 セルマの弁護料がジーンの手術代と符号したとき、僕は、既に知っていたはずだ。
 ―― セルマが死に至ることを。


        scene 92、
        州刑務所の関係者用面会室(屋内/昼間)

        ルーク:
            お金を返すのは構わないが、
            それがどういうことを意味するか
            きちんと分かってるかい?
        セルマ:
            ええ。
        ルーク:
            どうなるか承知してるんだね?
        セルマ:
            ええ。
            刑の延期願いは、もう取り下げたわ。
        ルーク:
            一旦、続行の手続きが取られると中止はできない。
            言わんとすることが理解できてる?
        セルマ:
            ええ。覚悟を決めたの。

        160201c.jpg

        『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
         /ラース・フォン・トリアー 著、杉山緑 訳、
         2000、角川書店
        『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
         /ラース・フォン・トリアー 監督脚本、
         2000、松竹、Asmik Ace (video、DVD)



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016年02月01日 20:21 |
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

『火垂るの墓』の感想としてこういうのがある。

お兄ちゃんは、おばさんに頭を下げて家に戻して貰うべきだ。

確かに…その通り。14歳だか15歳だかのガキの甘っちょろいプライドが妹と自分を殺'した。
では、甘っちょろいプライドを捨てた場合、妹と自分は『生きること』が出来たのか?
多分、体は生きることが出来た。だが、心は死んだかも知れない。
お兄ちゃんは軍人の長男なので、自分が間違っていたとして人に頭を下げることは死ぬことに近いのかも知れない。

ダンサーインザダークを観たのは大分前になるので、ぼんやりですが……
ビルは何故に金を渡そうとしなかったのかは当時から気になっていた。セルマにずっといて欲しかったからなのか?

ジーンが何を求めているのか分からない。
発言する機会は無かったのでしょうか?
思い出せない。

本当にセルマが欲しいのは自分の視力。叶わなかったと思い込んだ夢を子供に託す親と同様とも言える。

数字の魔法は全く別のものをイコールで結べてしまう。それは錯覚なのだけど。悪魔の数字666とか無数に当てはまってしまうw
ビルの命とセルマの命とジーンの視力はイコールでは決して無い。

単純に、
キャシーの親が病気で、キャシーも金が必要と示して、さらに
セルマが乞食をして金を集めようとするが通行人に足蹴にされるシーンをワンカットでも入れたらいいだけのような気もする…(笑)
私が書くなら端数の10セントだけは乞食で得るというシーンを入れる。『やれることは全部やった』という象徴として10セントを使うなあ。

セルマのプライドは、監督のプライドでもある。
という訳ですな…。

  1. 2016/02/03(水) 01:02:13 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

『火垂るの墓』も、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』も、
いやな感じが残るわ~。
考えたくない、総括したくない気分です。

お兄ちゃんも、セルマも、観てる者は赦すよね。
僕たちは、うまくやろうとして、
いつだってうまくいかない。
僕たちは、いつも何かと引き換えです。
蚊帳に蛍を放った一夜と引き換えです。

映画を作る側は、赦されると思って作ってるから、
そこは引っ掛かるなぁw。
もしかしたら、僕たちは、赦されると思っていないと、
悔いることもできないのかもしれない。
後悔というのは、いつだって甘っちょろい。

セルマには、ビルを殺した感触が手に残っている、
それを忘れてはいけないなぁ。
セルマは、セルマの内面の法廷で、自らを裁いている、
トリアーは、それを軽視しすぎです。

>キャシーの親が病気で、キャシーも金が必要と示して、さらに
>セルマが乞食をして金を集めようとするが通行人に足蹴にされるシーンをワンカットでも入れたらいいだけのような気もする…(笑)
さっさと物語を進めないと、プロットが破綻するw。
>私が書くなら端数の10セントだけは乞食で得るというシーンを入れる。『やれることは全部やった』という象徴として10セントを使うなあ。
等価で交換可能に決めつけたから、
1セントだって恵んでもらってはだめですよ♪
  1. 2016/02/04(木) 13:28:29 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

文章(映画?)中の、2,000$と2056$10¢との違いは、冷静さと魔法にかかる、の違いがあると言っていますか?m(__;m
  1. 2016/02/04(木) 20:40:54 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

ビルの命とセルマの命とジーンの視力、
それらは同じ価値を持つものではありません。
ってか、価値なんか量れません。
でも、2056$10¢という同じ値段をつけることによって、
等価にさせたのですね。
つまり、2056$10¢は、それぞれ違うものを、
同じ価値に変えてしまう魔法の呪文です。
2000$だと、ざっくりしているから、
ビルの命とセルマの命とジーンの視力の価値も、
ざっくりさせてしまいます。
根拠なんてなくて、適当なくせに、
厳密な見かけを作るのが2056$10¢です。

そして、2000$だと、
4000$あれば解決やん、ってすぐに計算できてしまいます。
なんだよ~、結局は金が足りない、ってことかよ~、
だったらみんなでなんとかしてみようよ、って。
金が足りない、ってことなのに、
みんな100$も出そうとしないし、
10¢もおまけしてくれないし、
どうなってんだよ~、ってのが僕の感想です。
  1. 2016/02/04(木) 21:23:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

わからないけどわかった。^^;
  1. 2016/02/04(木) 21:45:24 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

ありがと~。
僕は、分かりきったことは書かないし、
分からないことも書かないつもりだから、
>わからないけどわかった。^^;
それ、わりとうれしいw。
  1. 2016/02/04(木) 22:00:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

Dancer in the Dark も、
火垂るの墓も、
私には気持ち悪すぎて、いろいろとムリでした。
  1. 2016/02/05(金) 23:51:36 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

マッチを売っていた少女も、
パトラッシュと寄り添う少年も、
蚊帳に蛍を放った一夜も、
そんな話は気持ちが悪い、そう言い放つのは、
冷たさではない、と思う。
うん、次はそんなエントリを書きますわ。
そんときまた、コメくださいませ。
  1. 2016/02/06(土) 17:46:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1061-79fd407c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)