馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ラカン 14/14 ―― 愛とは、持っていないものを与えることである


何につけても、
始まりは、そんなものだ。


    例えば、建物を作るときに、
    設計図がなければ、全体が分からない。

    それでも、キッチンに作りつけの収納の、
    引き戸の取っ手のデザインが気に入れば、
    建物全体を好きになる、
    そんな契機としては、じゅうぶん過ぎる。


恋は、細部から始まる。
他人の全体なんて分からない。
細部からは、見通せるはずのない、
その全体を見越して好きになる。

その細部を延長しても、拡大しても、
きっと、その人にはならないのに。


        愛とは、持っていないものを与えることである。
        ―― ジャック・ラカン

        私は、私があなたに贈るものを拒絶してくれるようあなたに頼む。
        なぜならそれではないのだから。
        ―― ジャック・ラカン


    恋は、演劇性を求められる。
    見よう見まねの模倣で、
    演じる場面から現れる、
    演劇的な効果を恋と呼ぶ。

    演劇のくせに、全体のプロットを持たないままに、
    小さな場面が積み上げられる。


即興のライブだから、
細部は、小さな場面の、役者たちの中にある。

細部から全体に向かうときは、
その全体は、誰にも分からない。
全体から細部に向かうときには、
多くの意味づけが行き渡っているのに対して。


    神は細部に宿る。
    ―― ミース・ファン・デル・ローエ
    建物は、細部の収まりがよくないと、
    全体の価値が損なわれる。

    細部は、現場で決められる。
    当初の設計では、詰められない。


なにを作っているのかさえ、
分かっていなかったのに、
気がつけば全体に行き着いて、
なにやら、でき上がったものがある。

でも、僕たちは、いつだってうまくいかない。
どうやったらこんなものができるのだろう、
苦笑しながら、細部の集積を、
懐かしく眺めてみる。


そして、喩えようもないそれを、
例えば、愛と呼んでみる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015年12月12日 20:43 |
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

コメント

うーむ。まさに。
訳が分からないけれど
そうであり、そうだ。

「演劇」ということが「嘘」を示しているとしても、
時間を注ぎ込んでいるうちに
それは「本当」になる。
たとえそれが錯覚だとしても、
その錯覚を蒸発させ、消し去るだけの
強く強い熱がある。

それを「愛」などと呼んでみる。

でも確証なんて無くて、言えなくて、代わりに
彼女の手をぎゅーっと握ってみる。
「痛い」などと言われて
「ごめんね」と答える。

何なんだ?! この関係は?
まったくもって訳が分からん。
訳が分からんから……
それを

「愛」と呼んでみる。
  1. 2015/12/12(土) 21:32:18 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

こんばんは。以前メッセージをいただきありがとうございました。
遅くなってしまいましたが、弊ブログに返事を書かせていただきましたので、よろしかったら時間があるときにでもまたご覧になってくださいませ。
  1. 2015/12/12(土) 21:48:44 |
  2. URL |
  3. hajime #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>うーむ。まさに。
>訳が分からないけれど
>そうであり、そうだ。
わははw、最後のほうで修辞を凝らして、
ふわふわ~、っと煙に巻くと、
はいはい、分かった、それでいいよ、
って気になりますよね~w。

>「演劇」ということが「嘘」を示しているとしても、
>時間を注ぎ込んでいるうちに
>それは「本当」になる。
なんだか、現実から逸脱した感じが、
「嘘」ではないけれど、僕には「演劇」っぽく思えてきます。
ここは、ユウさんとは合わないところですね~。
僕は、虚構は「本当」と正対するものではない、などと、
「本当」の立ち位置をずらしてでも「演劇」にしたがっています。

去年の暮れは、吉野弘の「夕焼け」で、
その前の年は、「エロ」をやってました。
今年は、こんな感じで。
  1. 2015/12/12(土) 22:36:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

hajimeさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございますっ!
hajimeさんが、自分を貶めるようなことを書いたとき、
上のユウさんと二人で叩きに行ったよね~。

かっこいいな~、hajimeさん。
なんて男前なんだろう!
  1. 2015/12/12(土) 22:37:42 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

確かにそこは合わないところです(笑) 全部同じとか気持ち悪いですから、それで良しですよね♪
吉野の時も私には熱いところがあったなあ♪ 理由なき詩人擁護w
するってーと…
私は少々熱い人間なのですなw
  1. 2015/12/13(日) 00:17:25 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>確かにそこは合わないところです(笑) 全部同じとか気持ち悪いですから、それで良しですよね♪
はい、単語の選び方だけのような気もします。
ユウさんと僕は、同じような経路を辿ってきて、
末端で分岐しているだけかもしれません。
あるいは、僕が、使い勝手のいい「演劇」に捉われていて、
直視したくない「本当」から、逃げ去っているのかもしれません。
僕には、「演劇」という分節があって、
それがどれくらい僕に影響を与えているか、
まぁ、ふつうに生きてますから、だいじょうぶです♪

>吉野の時も私には熱いところがあったなあ♪ 理由なき詩人擁護w
吉野弘「夕焼け」で、どうにも気持ち悪かったのは、
優しさが生まれたときに、何も行動に移さないほうが、
安全に、確実に、自己評価を上げることができるんだな~。
こんなに繊細で、こんなに他人の痛みが分かるおれって、どうよ?
ってのが、いやだったな~。
12/14でも、まだその感覚を引きずってます。

>私は少々熱い人間なのですなw
はい、ユウさん、
青春の1ページをありがとう!
  1. 2015/12/13(日) 10:41:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、おはようございます!!^^

私も青梗菜さんの真似をして、ラカンさんの言葉で考えてみる。
1、
 私は妻に彼女の持っていない金を与える。(理由:専業主婦)

 私は妻に金をなるべく拒絶してくれるよう(節約)願う。
 なぜなら金は愛ではないのだから。

「なぜなら」以降が節約を願う理由になっていないところが自分で気になりました。
2、
 私は妻に精シ(子)を与える。

 私は妻に精シを拒絶してくれるよう頼む。(経済的に?)
 なぜなら精シは愛ではないのだから。

「なぜなら」以降が以下同文?
3、
 私は妻に私自身(※男性自身ではない)を与える。(いっしょに暮らすとか)

 私は、私があなたに贈る私自身を拒絶してくれるようあなたに頼む。(家庭内別居、熟年離婚とか?)
 なぜなら私自身は愛ではないのだから。

所感:私自身とは何を指すのかよくわかりませんでした。でも少し(自己)満足しました。m(__;m
  1. 2015/12/13(日) 10:52:48 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、先の私のコメントですが、大きな間違いがございましたので、ございました。m(__;m

理由:相手に与えるものは私が持っていないものというルールなのに、持っているもので考えてしまったため。
  1. 2015/12/13(日) 11:43:32 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

がたおさん、ありがと~!
そうそう、それそれ。

  愛とは、(私が)持っていないものを与えることである。

なのですっ。
彼女が持っていないものを与えるのは、よくあることですが、
私が持っていないものを与えることは、はっきり言って不可能です。
自分が持っていないものを、
どうやって与えるのかがむずいところです。

  私は、私があなたに贈るものを拒絶してくれるようあなたに頼む。
  なぜならそれではないのだから。

そして、せっかく無理して贈ったものを、
拒絶するように仕向けて、それではない、といいます。

愛とは、(私が)持っていない(間主体性という)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(「桃」という)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(愛せない隣人に対する愛という)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(「愛してる」その言葉の意味という)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(愛という)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(手をつなぐ身体性という)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(優しさという)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(意地悪やそっ気なさという)ものを与えることである。
愛とは、(私が)持っていない(全体という)ものを与えることである。

でも、これはぜんぶ、間違いですからねっw。
僕が考えることは、この世界では間違いとされて、
すんごく馬鹿にされます。
それを承知で、考えてしまうこと、
考えないでいることが無理なこと、
私とは、間違えずにはいられないことです!
  1. 2015/12/13(日) 13:07:53 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

とんでもない、叩いてくださって感謝しているくらいです。

何の反応も得られない発言ほど意味のないものはありませんから、僕は自分自身の発言の意味の程度を図りたかったのでもあります。できれば、炎上を望んでいたのですが、まったくそこまでの実力はありませんでした。青梗菜さんやユウさんがいてくださらなかったら、皆目意味を持たなかったでしょう。また読んでくださる方々がいらっしゃるということが実感として得られたのも収穫でした。ブログを書いていると、いくつか転機が訪れることを体験されているかと思いますが、今回の件はその一つとなりました。ブログに対する考え方が変わり、内容も変化したように感じています。

男前という言葉は、僕の大好きな言葉の一つですからとてもうれしいです。男たるもの男前でありたいではありませんか。言葉ですべてを伝えることはできません、言葉よりもその人間を理解することが必要ではないでしょうか。そんなことも思いました。

そのつもりはありませんが、(というのも、僕は比較に意味を与えませんので、貶めるということはしていないつもりです)貶められたと感じている相手とこうして言葉をやりとりし続けてられるというのは、不思議です(やりとりしずらくなってしまった方もいらっしゃるんです)。それは少なからず青梗菜さんとは情があったのでしょう。青梗菜さんに寛容があったのでしょう。ただただ感謝です。

青梗菜さんは独特の世界観を持ち、巧妙に面白いことを書いておられます。盛んにやりとりされるコメント欄がその証明であろうと思います。どうか今後ともお付き合いいただければと思います。
  1. 2015/12/13(日) 23:12:34 |
  2. URL |
  3. hajime #-
  4. [ 編集 ]

hajimeさん、こんにちは。

ユウさん、hajimeさんから返コメが来てるよ~!

>とんでもない、叩いてくださって感謝しているくらいです。
ですか~w。

>そのつもりはありませんが、(というのも、僕は比較に意味を与えませんので、貶めるということはしていないつもりです)貶められたと感じている相手とこうして言葉をやりとりし続けてられるというのは、不思議です(やりとりしずらくなってしまった方もいらっしゃるんです)。
わははw、僕が貶められるわけではありませんっ。
そんなことくらいでは、僕の馬鹿は増えも減りもしませんよっw。
ではなくて~、hajimeさんが大学を辞めたことで、
必要以上に自分の価値を下げようとしていないかな、
などと思ったもので。
でも、そのへんは、もういいですね~。

>青梗菜さんに寛容があったのでしょう。ただただ感謝です。
わははw、いえいえ、恐縮です。
>言葉ですべてを伝えることはできません、言葉よりもその人間を理解することが必要ではないでしょうか。
はい、誰の心も、自分なりの論理を持っていて、
それは翻訳しにくいから、こじれてしまいますが、
また、こんなやり取りができるなんて、かっこいいなぁ、
男前です。

>青梗菜さんは独特の世界観を持ち、巧妙に面白いことを書いておられます。
いえいえ、お気づかい、すみませんっ。

他人の感情を煽る文章を書きたいわけではないから、
炎上なんていらないと思います。
反感を煽る技術を向上させたいわけではありませんよね。

>どうか今後ともお付き合いいただければと思います。
御意っ!
そして、敬語は不要、
丁寧語もできるだけ省いてください。
  1. 2015/12/14(月) 15:26:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

返信ありがとうございます。

私には読解力が欠けているので、すみません。けれどよかったです、青梗菜さんの気分を害してしまったのではないかと心配だったので。私が大学を辞めていることを知っていたんですね、さすがだなぁ。自分を貶めつつ、他人(影も形もない抽象的な他人)も貶めるというせこい方法を用いてみました。w
すべては「無知の知」からはじまりますよねー

炎上は一つの手段になりうるかと思うんです。炎上商法とかありますよね。パッションを引き出すことのヒントにもなりうるのではないでしょうか。なにより、自分の作ったものを壊す、燃やす、ということはなんともいえない快感があるので、それを期待したんですが、失敗に終わりました。w

少しずつ、敬語、丁寧語が省かれていき、直接的なやりとりができるようになれば最高ですね!



  1. 2015/12/15(火) 12:10:07 |
  2. URL |
  3. hajime #-
  4. [ 編集 ]

hajimeさん、こんにちは。

偉いなぁ、hajimeさん、
偉い、ってのは少々上からのもの言いになりますが、
なんだか、もっともですよ~、
正当です、承認します、感動的に偉いと思います!

もし誠実に行動するなら、それがその行為はもちろん、
すべての誠実な行為を説明してくれる、
みたいなことを誰かが言ってました。
僕の座右の銘です ―― をいをい、座右の銘は嘘だろw。

それにしても、「無知の知」の難しいこと。
僕たちは、「分かってない」と自らに言い聞かせないと、
分かったふりをしてしまいます。
どこかに着地して、気分よく知ったかぶりをするのですが、
哲学は地面を壊してくれますよね~。
人にとって言葉とはなにか、
僕がそれを知ったときの開けた感じは、
ヘレン・ケラーの「w-a-t-e-r」でした。
色即是空、ってのはこれだな、ってw。

>なにより、自分の作ったものを壊す、燃やす、ということはなんともいえない快感があるので、それを期待したんですが、失敗に終わりました。w
子どもの頃に作った、砂の城かなぁ。
レゴブロックかも。
レゴには、遊び方はなく、間違いも正解もなく、
―― そして、レゴに関心のない人たちが、
関心を持てない理由に挙げることだと思うのですが、
遊び終わったら自ら壊してしまうのです。
もう一度、作るために、
あるいは、別のなにかを作るために。
  1. 2015/12/15(火) 13:27:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
感動的に偉いですか?なんとなく青梗菜さんの言葉には皮肉めいたものを感じてしまいます。ずっと深く見ていたり、奥や先を読んでいるようで畏れのようなものを感じます。
なので手放しには喜べませんし、喜びません。w

>もし誠実に行動するなら、それがその行為はもちろん、
すべての誠実な行為を説明してくれる
いい言葉ですね。僕はおそらく言葉を信じすぎるたちでして、失望させられることもあるのですが、それゆえに自分自身に関して言動には気を付けようと思います。

開けた感じを体験していると、知や物事について考えずにはいられませんよね、これはもはや宿命にも似て、逃れられません…

そうですね、レゴブロック。僕は好きでした。はじめは基本通りに作るんですが、あとはいろいろなものを混ぜて―時にはレゴブロックでないものまで―思いのままにつくるのが楽しかったです。
青梗菜さんも、ものをつくるのがお好きでしょうね。
  1. 2015/12/23(水) 22:23:35 |
  2. URL |
  3. hajime #-
  4. [ 編集 ]

hajimeさん、こんにちは。

>なので手放しには喜べませんし、喜びません。w
いえいえ、言外の意味はないので、手放しでお願いしますw。
言葉を贈って、言葉を返す、
それが大切で、それだけで偉いですよっ!
とりあえず内容は、どうでもよよくて。
だめになりかかったコミュニケーションを、再び結ぼうとする、
そんな人は、めったにいませんから。たかがブログですものね~。
だから、他意はありません。
無防備なくらいの正直さで書いてます。
握手を求めて差し出した手を、虚しく引っ込めたことが、
僕には何度もあります。
しれっと、軽々と握手してくれる人は、
実は、しれっとしていない人で、軽々しくない人だと思います。
その行為が、過去の失望も、未来の希望も、
説明してくれると思うのですよ!
  1. 2015/12/24(木) 15:19:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

遅くなりました

あけましておめでとうございます。

ネットを信用してないですし、大人の世界ですから基本は社交辞令として受け取っています。疑ってすみません。

だとすると、質問に関連するかもしれませんが、青梗菜さんは正直な人、ですね。

>握手を求めて差し出した手を、虚しく引っ込めたことが、
僕には何度もあります。

なんかグッときました。素敵な感情というか純粋さというか美しいですね。

コメントのやりとりを盛んにされていてすごいなあと思います。私は筆不精なものでなかなか…

今年もよろしくお願いします
  1. 2016/01/05(火) 11:31:20 |
  2. URL |
  3. hajime #-
  4. [ 編集 ]

hajimeさん、こんにちは。

返しが遅くなりました、
あけましておめでとうございます。

>だとすると、質問に関連するかもしれませんが、青梗菜さんは正直な人、ですね。
ブログですから、正しいことを書かなくていい、
その分、正直に書けますw。
ふだんは、嘘ばっかりですよっ、
自らを曲げてばっかりですもんね!
  1. 2016/01/08(金) 23:06:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1038-b1186c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)