馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ラカン 7/x ―― 愛とは、持っていないものを与えることである


        愛とは、持っていないものを与えることである。
        ―― ジャック・ラカン



ラブラブの二人なら、
分かり合える者の間でなら、
愛、なんて言葉は、わざわざ問いには上がらない。
言葉を選ぶより、笑い合うほうがいい。
僕たちは、分からなくなってから、
笑えなくなってから、その言葉の意味を問う。

感受性が同じなら、
感受性は、問題とはしない。
同じ感受性を備えている人には分かるが、
備えていない人には分からないような、
感受性を異にする者が互いに見過ごすものを、
捉える能力を感受性と呼んでみるのなら。

では、愛とは、分かり合えない者、
言葉が通じ合わない者、
感受性や、価値観を異にする者、
つまり、愛を欠く者に対する言葉ではないか。
―― 愛とは、持っていないものを与えることである。
分かり合えなさに抗って。


自分を殺す、とは、
感受性の自殺を意味する。
好き、嫌い、そんな感受性の回路を切って、
感度を下げる戦略になる。
嫌い、の感度が鈍くなれば、
しばらくは、平穏に過ごせるだろう。

しかし、残念なことに、
好き、のアンテナだけを尖らせることはできないから、
総量としての、愛の情報量が減ってしまう。
極端な二分法に振り分けるなら、
感性的なアクセスを断って自足するか、
好き、から得られた愛を、嫌い、に横流しで与えるか。

―― 敵を愛し、迫害する者のために祈れ。
マタイ、5、44



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015年11月30日 12:56 |
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

コメント

自分から出るアンテナは、指向性を限定すると、
かなり気分のよい世界が、自分の中に構築できる。
僕が、その世界で生きてみよと問われれば、
ああ、それもいいかなと、思えなくも無い。
ところが、出したアンテナに触れるものが、
そうでは無いぞよ、お前は、何を問うのかと、
アンテナに触れたものから、問われている。
触れたあなたに問われているので、
答えるのはとても難しいし、答えも求めない。
考えるのみ。自分に返すしかない。
  1. 2015/11/30(月) 21:29:54 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

そうそう、好きな人、好きなものに囲まれて、
好きなことだけを見ながら暮らせば、
嫌なことは世界からなくなります。

なるほど、エリ・ヴィーゼルが言っていた、
愛の反対は無関心、は正しいなぁ。
The opposite of love is not hate, it's indifference.
―― Elie Wiesel

まきがいさんのアンテナに、ノイズを送りますw。
解析してくださいっ!
  1. 2015/11/30(月) 22:03:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

読んでるうちに、愛ってどんな種類の愛なのかわからなくなってきたのでございます。食べちゃいたい愛?なのか、隣人愛?なのか、それ以外なのか???拝読した感じでは、隣人愛?っぽい?

愛の見える化ができれば助かるかも知れぬし、困るかも知れぬ。(きっと僕は恥ずかしい結果が見えてしまうので困るだろう。^^;)でも慣れるかもしれぬ。などと妄想してみたのでございます。m(__:m
  1. 2015/11/30(月) 23:11:55 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

嫌いの感度、かぁ~。

嫌いな事柄に出会うと、
これを嫌える私ナイス、って思ったりしますけど、
嫌いなものに囲まれすぎると、
自分が崩壊していくような気持ちになります。
感度は、自分でコントロールできると、
素敵なんですけどね。
  1. 2015/11/30(月) 23:21:03 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

今読んでみて、『愛、って言うな 5』よりも
こっちの方がさっきのトラバにリンクすっかな。。。でもないか
 
ところで考えて振り出しに戻ってまた考えてって、
子供ん時、一度入ったら出とうなかった鏡の館みたいやわ
 
とか言って、ぜんぜん大人になった自分の毎日だったりもする(笑)

所有できるものを他人に与える人が、やたら愛を口にするもんだから
こういう大人が増えたんですヨ、って報告すんのどこの窓口?


  1. 2015/12/01(火) 04:09:36 |
  2. URL |
  3. おんたま #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>読んでるうちに、愛ってどんな種類の愛なのかわからなくなってきたのでございます。
お~っ、そこって、とても重要です。
ちょっと前に書いてた「愛、って言うな」では、恋愛でしたもんね。
それも、恋の始まりにおいて、っていう狭いところにとどまっていました。
今回は、ぶれてますなぁw。
ラカンの愛の2つの表現は、恋愛っぽい気がしますが、
たぶんラカンは、決めてないのですよ~。
僕は、今回は、ざっくり扱います。

食べちゃいたい愛は、エロスですね~。
エロスはギリシアの恋の神様です ―― 商売繁盛の神様、みたいな感じです。
好き、萌え、食べちゃいたい、なんて気持ちを起こさせます。

フィリアは、友愛、隣人愛。
でも、恋人は、友達や隣人の上位概念なので、フィリアも適用可能です。
アガペーは、ざっくり一般的な愛です。

ギリシアでは、エロスが最強だったのに、
キリスト教文化では、
アガペーを、神が人を愛する愛、って意味を変えて、最強に持ち上げます。
そして、エロスの価値を落とします。
ランクづけをするときは、アガペーがエロスを包摂していたり、
フィリアとエロスが地続きで連続していると、順位が決まらないから、
意味が広がらないように、しっかり分ける必要があります。

でもねぇ、恋人が、友人や隣人や、
世の中の不思議も備えているなら、
エロスに閉じ込めないで、ざっくりでよくないか?
なんて思っています。
ギリシアでもキリスト教でもない、日本的な曖昧な愛ですわ~、
僕が思いつくことですもんw。

愛の可視化、
おもしろすぎる~。
考えることが多すぎて、返せないw。
  1. 2015/12/01(火) 13:02:36 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

「愛」という言葉はどことなく西洋的です。
岩手県の山浦玄嗣という医師は自身のケセン訳で、
アガペーを「大切にする」と訳しています。
 マタイ5:44「敵だって どこまでも大事にし続けろ」

「愛」や「恋愛」という言葉が使われ始めたのは、
明治の頃からではないでしょうか。
二葉亭四迷が「I love You」を訳すのに苦労して
「死んでもいい」と訳したという話がありますから。

愛という感情は人類創世の初めからあったはずです。
愛を持っていない人間はいません。
ただ、愛を出せないで、しまっている人がいるだけです。

哲学者が「愛」の定義をしなければいけないと考えるのは、
じつは愛の持つ“幅広さ”を十分には味わっておらず、
心の深いところで愛に対する怖れがあるのかもしれない
というふうに見るのはどうでしょう。
  1. 2015/12/01(火) 21:01:21 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

ここまでコメント欄を読んできて、
パーソさんのケセン訳の聖書のお話でピーンときました。
ネット上で、その人の朗読に触れたことが有ります。私の記憶違いで無ければ。
おそらく、人形浄瑠璃の動画を探していた時だったかなぁ。
それでヒットした中に、聖書を扱った浄瑠璃があり、
そこから色々ネットサーフィンした時に、出会いました。
それは非常に力のある朗読で、
あ、そうか、こういう風に体感を持たせる解釈、表現というものがあるんだなぁという、それを聴いた時の感動が甦りました。
イエスが歩んだ道の土埃や、匂いが感じられるような、朗読でした。
その人の語られた朗読以外のエピソードの中で、
確か、はるか昔、聖書を日本語に訳す時に、
LOVEを愛と訳してはいけないという議論があったという話をされていました。そう訳すと、日本人には誤解されるだろうと。
まぁ、そんなことじゃなくて、
愛をもう一度見つめてみようというのが、青梗菜さんの文章の意図の中の一部ではないかと思います。
言葉は歴史(宇宙開闢以来の)とほぼ同じものだと私は思うので、
違う言葉を使う人同士では、
解釈は出来ても理解するには途方も無い苦労がつきまとい、
とりあえず現在で考えれば、その言葉が使われている地域で生活して体感するか、、
もの凄く想像力を使って、その言葉が使われている地域の人々の生活を体感できるくらいでなければ、
その地域の言葉から副次的に生まれた思想や宗教を、
体感的に理解するのはとても難しいでしょう。
それは、同じ言葉を使うもの同士でも、
理解は、とても難しい。
しかし、一度体感できれば、
その一度の体感は、別の言葉の理解に結びつくと思います。
誰かとの会話には、そういった困難を意識せざるを得ない。
同じ言葉を使うもの同士でさえ。

愛には、その反対を示す言葉が無いというのが、
私の考えです。
こじつければ、無になると思います。
無の反対も、ありません、
どちらも、同じじゃないかなぁ。
言い訳をすると、青梗菜さんのブログに対するコメント欄には、
投稿する以前に消したことが幾度と無くあります。
ちらっと溢れたほうが、面白いと思うので、
送信ボタンを、ポチッ。
  1. 2015/12/01(火) 22:46:14 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

うん、嫌いなことの感度を下げて、
好きなことの感度を上げればいい。
でも、そんなことは、意識してても、しなくても、
もうずっと前からやってるんだわ~!w
やってるのに、まだノイズを拾ってると思うんだわ。
性能がいいアンテナだw。

壊れるよね~。
解決しないことを考えずにすむ方法は、
別のもっと解決しないことを考えることだと思います。
くだらないことを考えずにすむ方法は、
別のもっとくだらないことを考えることだと思います。
でも、ますます壊れるだけかもしれません。
  1. 2015/12/01(火) 23:28:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

おんたまさん、こんにちは。

トラバ、さんきゅ♪
>とか言って、ぜんぜん大人になった自分の毎日だったりもする(笑)
大人は、子どものなれの果てですから。
大人は、子どもが思っているほど大人ではなかったし、
そして、子どもは、子どもが思っているほど子どもではなかった。
しかし、大人は、子どもの頃の自分を、
大人の自分からしかふり返れないから、大人の発想になって当然です。
ん~、今日は、これ以上は浮かばない~。

>所有できるものを他人に与える人が、やたら愛を口にするもんだから
>こういう大人が増えたんですヨ、って報告すんのどこの窓口?
知らんがな~!w
―― 気のきいた答が浮かばないときは、つっこみで。

バーソさん、まきがいさん、
返しは、木曜日になります。
できたら、その間に、おんたまさんのところに行って、
僕の代わりにトラバのお礼を書いてもらえると助かります。
http://idgamitsukaranai.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

ア~ラーヴィ、いいねぇw。
イッヒイッヒイッヒウッヒ、すばらしい!w

そのうち、ユウさんが来ると思いますので、
どなたか、適当に相手をしてもらえると助かります。
  1. 2015/12/01(火) 23:41:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

な、なんだそりゃ~(笑)
青梗菜さんほど場を回せれば喜んでやらせて頂きますけど、そんなの無理ですわ~w
とは言え、
笛が吹かれたのに踊らないなんて有り得ない!

バーソさん、まきがいさん、こんにちは~♪
え、え~と、仏教かもですね?
日本で聖書のアガペーやらなんやらを愛と訳してしまったらマズいというのは、仏教が先に入り込んでいたからだと思います。
人が一番執着してしまうもの、即ち愛。それを捨て去れば苦しみは去る…とか何とかざっくりと教えられていた。
そこへきて、愛が救いだと言われたら…
混乱混乱大混乱♪

愛は要るものなのか? はたまた要らないものなのか? うむむ…。
哲学は愛について、要る要らないで考えてきたのか?

人間の立ち位置から日常の愛を考えると「愛」とは「感情」であると推測される。
もしや哲学は愛をコントロールしたいのか?
そんなふうに考え始めると
やはりストア派に行き着くと私は認識しています。
ストア派の倫理学での理想の生活状態とは
「アパテイアー」。
理性による自己支配で心の平穏を保った状態です。
これは、仏教の教える「愛に執着しない」ことに近いかも。

哲学が愛を考えることは、
愛の正体を暴き、理性でもって愛を支配したいのかも知れないです。
愛という感情は進み具合によっては、人が死んだり殺'したり殺'されたりしますから。厄介ですw
なんとか正体を暴きたい。理性で支配したい。
それを逆手にとって理性の愛なんてものを発明したのかも。暴くまでもなく理性の支配下にある愛です。その理性の支配下にある愛の仕組みを理性的に考えるのが、哲学の愛に対する役割だと思う次第です。

感情的になれば、愛は愛の正体を眩ます。
理性的になれば、愛は愛の正体を考える一端を与えてくれる。
しかし、人にとって「愛」とは感情である。

もとより難解なことを承知で、先人の見解に甘んじることなく新しいアプローチをする青梗菜さん。その意図を理解出来るなら、こんなに面白い記事はないですな~♪
ではでは、小奈鳩でしたw

  1. 2015/12/02(水) 01:07:22 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

「愛には恐れがない。完全な愛は恐れを取り除く」
(第一ヨハネ4:18)
わざわざ「愛には恐れがない」と言われているということは、
じつは人間には恐れがあるから、そう言われているのでしょう。

人間のあらゆる問題の根源は「恐れ」であることは間違いなさそうです。
「不安」と言い換えてもいいですが。
「完全な愛は恐れを取り除く」と言われているということは、
人には「完全な愛」など無いから、そう言われているのでしょう。

完全な愛が無い原因は原罪ですが、あのアダムの話は比喩だとしても
人類は歴史の最初から「恐れ」「不安」があったことは事実でしょう。

なので人間の一番の関心事は?と言えば「愛」なのではないでしょうか。
完全な愛があれば確かに恐れがなく、人は平安に生きられるからです。

そういうわけで人間の中には本質的に「愛」を追い求める意識、感性
(理性、憧憬、熱望)が潜在的に在るのではないかと思います。
哲学者でも、偉人でも、誰にでも、すべての人に、です。
つまりは、人は「愛の欠乏意識」があるので愛を追い求めるのです。

愛とはこういうことだということを、
人がそれぞれの人生でさまざまなスタイルで経験していく。
そのために、地球上にはこれだけ大勢の人が生まれてくるのだろう、
だから、たぶん人口の数だけ愛があるのだろう、と思います。

「愛に対する恐れ」とは人類共通の「生きる恐れ」でもあるでしょう。
そうした恐れや不安は一足飛びに解決できるものではないでしょうし、
解決できたら人類が地球で生きる理由がなくなるような気さえします。

人は完全には愛を体験できず、完全には愛を定義できないのでしょう。
でもそのようにしていることは、良いこと、人間らしいこと、と思います。

青梗菜さんの文章は、私には理解できかねることが多々ありますが、
意図については、なんとなく分かるような気がします。
それにしても、此処は賢人の言葉多し、ですね~。
私の頭では付いていけませんよ。むむ~。(~_~)
  1. 2015/12/02(水) 10:32:49 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

あっ、私は青梗菜さんのコメントの読み間違いをしてますねw

私が相手をするんじゃなくて、誰かに私の相手を頼んでいたのか~w
スミマセン…お前は天然だ…ってよく言われるんですよね…。あー、恥ずかしい…。

バーソさん、お相手ありがとうございます♪
原罪って、創世記を読むと「恥じる気持ち」に始まっているように思えるのです。
アダムしかり、カインしかり。
カインに到っては、神から
お前が正しいと思うなら顔をあげられるはずだ
というようなことまで言われてしまう。

自分を恥じる気持ちは、支配者から怒られたときに発生しているような…。
厳しい親に育てられた人は、原罪に思い巡らすことが多そうに感じるなあ…。
無条件の愛…求めるものは、そこなんじゃないかと考えます。

  1. 2015/12/02(水) 14:59:02 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

「愛」は輸入文化ですもんね~。
>二葉亭四迷が「I love You」を訳すのに苦労して
>「死んでもいい」と訳したという話がありますから。
二葉亭四迷は、くたばってしめぇ、ですから♪

>哲学者が「愛」の定義をしなければいけないと考えるのは、
>じつは愛の持つ“幅広さ”を十分には味わっておらず、
>心の深いところで愛に対する怖れがあるのかもしれない
>というふうに見るのはどうでしょう。
「愛」は煙に巻ける便利な言葉で、
“幅広さ”は、多用された結果だと思うのです。
循環論をやっているうちに、不純物を取り込んで、
世の中が「愛」だらけになってしまった。
「愛」は、水戸黄門の印籠か、金さんの桜吹雪みたいに、
反論を封じてきます。
うん、「愛」を、カジュアルに、ふわふわと扱いやすくしているのは、
なんらかの怖れがあるのかもしれませんね~。

>人間のあらゆる問題の根源は「恐れ」であることは間違いなさそうです。
>「不安」と言い換えてもいいですが。
なるほど~、手を伸ばして、根源的な底を探ってますなぁ。
そのあたりになると、本能になるので、
黙ってしまうほかはなくなるのが困るw。

>愛とはこういうことだということを、
>人がそれぞれの人生でさまざまなスタイルで経験していく。
>そのために、地球上にはこれだけ大勢の人が生まれてくるのだろう、
>だから、たぶん人口の数だけ愛があるのだろう、と思います。
その立場は、大切ですね~。
「愛」という言葉は、僕には理解できそうにないけれど、
分かったような気にならなくてもいい、と思うのは、
「愛」で括ってしまうと、一人ひとりの愛が見えなくなってしまうからですね。

>青梗菜さんの文章は、私には理解できかねることが多々ありますが、
>意図については、なんとなく分かるような気がします。
使われすぎて、手垢がついてしまった「愛」を、
たまには、掃除してやろうと思いましてw。
年末ですからw。
  1. 2015/12/03(木) 17:18:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>LOVEを愛と訳してはいけないという議論があったという話をされていました。そう訳すと、日本人には誤解されるだろうと。
さしあたり日本にあるLOVEに似たものに翻訳して、
長い時間をかけて日本的「愛」に加工されたのでしょう。
>まぁ、そんなことじゃなくて、
>愛をもう一度見つめてみようというのが、青梗菜さんの文章の意図の中の一部ではないかと思います。
考えるものではなくて、心で感じるものでしょ、
そんな反論がいちばん有効だなぁw。
僕を、愛の感性を欠く、かわいそうな人にすれば、それで一件落着。
青梗菜ごときがなにを思いついても、はね返される、
「愛」はラスボスですわ。

>愛には、その反対を示す言葉が無いというのが、
>私の考えです。
うん、二項対立に持ち込めない、強敵だなぁw。

>言い訳をすると、青梗菜さんのブログに対するコメント欄には、
>投稿する以前に消したことが幾度と無くあります。
もったいないw、
ここは、なんでもあり、ですよ♪

例えば、科学は、再現可能性によって支えられています。
重力は昔から逆二乗則で、今も変わりません。
常識を疑って、自分の頭で考えるのは無駄です。
教わった通りに理解できれば、それで終わりです。
先行研究の蓄積があるのなら、自分で考えるのは無駄です。
調べるほうが早いです。
先行研究を学び、参照することは研究の基本です。
しかし、哲学は、今を生きている人たちによる、
常識的な考えの見直しです。
少し前の、サルトル、フーコー、ラカンでも疑うのが哲学です。
教わった通りに理解できても、哲学はできません。
ここは、なんでもあり、ですよ♪
  1. 2015/12/03(木) 17:19:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>な、なんだそりゃ~(笑)
わははw。
>笛が吹かれたのに踊らないなんて有り得ない!
うん、心意気、ってやつだ!

>混乱混乱大混乱♪
鎖国してましたからね。
引きこもりが、いきなりパリコレみたいな服を着て、
ダンスのサークルに入って、愛を語ってしまう。
アクロバットみたいなことになってたのでしょう。
>哲学は愛について、要る要らないで考えてきたのか?
哲学は、愛については、ほとんど無視かも。

>「アパテイアー」。
感情ないこと。
極端だなぁ。
>これは、仏教の教える「愛に執着しない」ことに近いかも。
来世は、植物に生まれ変わるといいねw。

>哲学が愛を考えることは、
>愛の正体を暴き、理性でもって愛を支配したいのかも知れないです。
どうしたいんだろうなぁ。
理屈で飼殺.すことができる愛を、
愛と呼びたくない気もする~。

>感情的になれば、愛は愛の正体を眩ます。
>理性的になれば、愛は愛の正体を考える一端を与えてくれる。
>しかし、人にとって「愛」とは感情である。
パトスだよなぁ。

>あっ、私は青梗菜さんのコメントの読み間違いをしてますねw
ww、いいえ、もう、なんでもw。

>自分を恥じる気持ちは、支配者から怒られたときに発生しているような…。
女子はね、短いスカートをはかされて、
パンツが見えたら、親から、恥ずかしいっ、と怒られる、
そんなふうに仕組まれていますよね。

代打、ありがと~っ!
  1. 2015/12/03(木) 18:02:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1031-f2a7c27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)