馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

愛、って言うな 6/x


        例えば、年賀状の文面は、
        お約束で、意味を持たない。
        ―― あけましておめでとうございます、
        新春のお慶びを申し上げます、
        今年もよろしくお願い致します。

        元旦に、葉書が届く、
        その形式が年賀状であり、
        同時に、年賀状の実質を備えている。
        お約束の記述がなくても、
        年賀状は、年賀状として成り立つだろう。

        恋の始まりにおけるラブレターは、
        とくに用件もないのに、
        誰かからメッセージが届けられる。
        それだけでラブレターの意味を持たなければ、
        残念ながら、その恋の見込みは薄い。

        ラブレターは、
        その成立が、読み手に託されている。


        三浦しをん著、「舟を編む」で、
        馬締(まじめ)が、香具矢(かぐや)に宛てた手紙は、
        便箋で15枚、それを筆で、巻紙に清書したもの。
        内容は、ラブレターのフォーマットからは逸脱している。
        ―― 香具矢香具矢、若(なんじ)を奈何(いかん)せん。

        項羽の詩、虞兮虞兮奈若何、のパロディだが、
        文字も読めないし、内容も分からない、
        分かっても、おもしろくもなんともない。
        読めなくても、香具矢はなんとかして読もうとする。
        読めそうな人に、内容を教えてもらおうとする。

        手紙は、すでに、彼女には、
        ラブレターだったから。


        好きな人に宛てたメッセージは、
        書き手には、当然にラブレターであり、
        好きな人からのメッセージも、
        読み手には、必ずラブレターとして読まれる。
        つまり、何を書いてもラブレターになる。

        逆に、嫌いな人からのメッセージは、
        何が書かれていてもラブレターにはならない。
        だから、ラブレターには、模倣はいらない。
        ラブレターを拘束しているのは、ラブレターらしさであって、
        僕たちは、らしさに縛られているだけといえる。

        「好き」もいらない、「愛」もいらない、
        お約束の言葉がなくても構わない。
        ラブレターにおける独自性とは、
        記号になってしまったラブレターらしさから、
        「好き」や「愛」を、取り戻す記述である。

        それが書けないから、
        らしさに回収されるのだが。



  1. 2015年10月31日 20:31 |
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

青梗菜さん、おはようございます!!^^

>ラブレターにおける独自性とは、
ラブレターとそれ以外の手紙との違いとは、という意味でしょうか?
それとも、ラブレターを個性的に(?)書くには、という意味でしょうか?(前者に一票。m(__;m)

>記号になってしまったラブレターらしさから、
この記号という単語の意味がわかんなくてわかんなくて、ヨダレ出ちゃうぐらいムズイっす。^^;わかりやすく書くなんてできないですよね?(挑発。m(__;m)

>「好き」や「愛」を、取り戻す記述である。
ど、どこからどこに取り戻すのか、もし教えていただけなら幸いなのでございます。m(__;m(だってだってなんだもん。)
  1. 2015/11/01(日) 11:05:17 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

「記号」は、言い換えるとしたら、
お約束マーク、当りまえサイン、そんな感じシンボル、
そんな意味です。

キスは、恋愛の記号です。
キスをしている二人を見かけた人は、
「あ~、二人はつき合ってたんですか~?」ってなります。
キスをしている二人は、
「つき合ってるマーク」をつけているようなものです。

仮に、デートのときに、
9割の女子がフレアスカートをはいてくるとしたら、
フレアスカートは、デートの記号になります。
フレアスカートをはいている女子を見かけた人は、
「あ~、今日はデートですか~?」ってなります。
フレアスカートをはいている女子は、
「今日はデートですマーク」をつけているようなものです。

フレアスカートは、もう記号になってますからね~、とか、
記号に見えてきますよね~、なんて使うと、こなれた感じです。

記号になってしまったラブレターらしさは、

    突然お手紙を差し上げる失礼を許してください。
    実は、xx月xx日夜xx時から、
    xxxxホールで開かれるコンサートのチケットが2枚、手に入りました。
    バッハのオルガン曲です。
    先日の昼休みに君が、
    「音楽が大好きなの」と話していたのを思い出したので。
    会社ではなかなかプライベートなお誘いはしにくく、
    面と向かうと照れくさくて言い出しにくいので、手紙に書きました。
    御一緒できれば本当にうれしいです。
    御都合はいかがでしょうか。
    よいお返事をお待ちしています。

こんな感じ。
お約束で、当りまえで、そんな感じでしょ?
次の手紙では、バッハを聴いている君の横顔が、
とか書くよ、きっとw。
君の横顔が好きなのか、
お約束で、当りまえで、そんな感じで書いているのか。
ラブレターは、記号から、
「好き」を、取り戻す記述です。

>>ラブレターにおける独自性とは、
>ラブレターとそれ以外の手紙との違いとは、という意味でしょうか?
>それとも、ラブレターを個性的に(?)書くには、という意味でしょうか?(前者に一票。m(__;m)
なるほど~!
ていねいに読んでいただいて、あざすっ!
  1. 2015/11/01(日) 12:57:42 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

『舟を編む』は映画を見ましたが、
香具矢は、ちゃんと言ってくれ…とか、普通に言ってくれとか…そんな感じで返してませんでしたっけ?

記号はテンプレートであり、形骸化したものとも言える。
青梗菜さんが例題として示したバッハ云々のお誘いは、
決して必要ではない時空間を共有することを求めている。
これは要請であって、感情を伝えてはいないのに伝えたことになる。不必要なことを相手に要請すること自体が好きの記号。
それは感情を伝える意味としては飽くまでも代用。
代用だから代用で返してもいい。好きならお誘いに乗ればいい。嫌いなら用事をでっち上げて断ればいい。

フレアスカートが記号に昇華するのは何故か?
そこには「可愛く見られたい」という感情があるわけで。デートというよりも可愛いの記号でしょう。

感情を示す言葉が、感情を伝えるための代用記号としてあっても、求めるのは直接の指示語である「好き」なのでは? 香具矢のように。
「好き」に代用出来る文章や行動は、たくさんある。何を選ぶのかは、個人で違う。

代用になることを要請して、代用になることで応えて
代用でない部分を確かめてから
さらに代用になることを演じる。
代用でない部分を確かめるために。

「愛って言うな」で青梗菜さんが示した恋愛観を要約すると
「何となく分かるから、分かるだろう? 分からないなら、これは恋愛じゃない」
ですよね。表面的にはドライに見えますが、実はとんでもないロマンチストw
「分かる」が決定されていなければならない。
私ならそういう恋愛観を運命とか赤い糸、ソウルメイトって言葉で代用しますよ♪

  1. 2015/11/01(日) 18:13:41 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>『舟を編む』は映画を見ましたが、
>香具矢は、ちゃんと言ってくれ…とか、普通に言ってくれとか…そんな感じで返してませんでしたっけ?
うん、香具矢は、怒ってましたね~w。
でも、あの巻紙を読もうとした心意気は偉いなぁ。

わははw、記号の例としては、変でした。
巻きスカートにしようかと思ったのですけど、
無難なところでフレアかとw。

>「何となく分かるから、分かるだろう? 分からないなら、これは恋愛じゃない」
>ですよね。表面的にはドライに見えますが、実はとんでもないロマンチストw
なるほど~!
ていねいに読んでいただいて、あざすっ!
とんでもない、ってのは余計ですがっ!

>私ならそういう恋愛観を運命とか赤い糸、ソウルメイトって言葉で代用しますよ♪
まず、分かる、ってことに単純に驚くわけですね~。
なぜ、この人は、そこまで分かるの?
なぜ、同じようなことを考えて、同じような答を出して、
同じところで冷めてて、同じところでぬるくて、
思った通りにボケて、予期した通りにツッコミを入れて、
笑うところで笑って、悲しいところで悲むの?
自己が表現した演技以外に、他者の中の自己像は存在しないはずなのに、
もとから他者の中に自己がいるのを、見つけられるような人。
とぼけても、すかしても、演技がばれている人。

恋愛の形式が、偏差値のようなもので語られるときは、
例えば、モテるとか、モテないとか、
比較とか、妥協とか、マニュアルとか、論理とか、
3番めにつき合った人が良かったねとか、
中ボスがラスボスより強いとか、
いろいろ考えることがあるわけです。

驚きがある人と、巡り合ってしまったら、
ロマンチストにならないと、答が探せないけれど、
運命、赤い糸、ソウルメイトと呼ぶには、
僕には、たぶんロマンチスト加減が足りません。
何万人もいる中の一人、あるいは偏差の端っこ、そう捉えたくなります。
その実質は、運命と呼ぶか、呼ばないかの違いだけですけどw。
  1. 2015/11/01(日) 21:01:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1019-7d802568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)