馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

弾道ミサイル「まごころ」


「まごころ」、
ひらがなで書くのがいい。
手書きで書くのがいい、
下手でもいいから、気持ちを込めて。
相手の目を見て言えばいい。
大きな声で言えばいい。

誰かに、まごころ、と言われたら、
僕は、もう、かなわない。
僕は、そんな言葉は、
使えなくなって久しい。
紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

まごころは、これを保持しない。
まごころは、これを認めない。


        優しさでも、思いやりでも、愛でも、
        僕が、誰かにそれらが足りないと言われれば、
        反論してもしかたがない。
        反論しても、僕の印象は変わらないし、
        僕は、自分でも足りなさを感じていなければ、
        僕の優しさも、思いやりも、愛も、傲慢に変質してしまう。

        そんなふうに、反論を封じる冷徹さがあることに、
        気づいている人なら、不用意には使わない。
        僕は、不用意に使わないことを、優しさ、思いやり、愛と呼ぶが、
        そんな反論が届かないことを、
        あらかじめ、または、同時に示しているのが、
        不用意に使う人になる。

        きれいな言葉が溢(あふ)れている世の中で、
        罪なき者だけ、石を擲(なげう)て。


「心」に「真」の添加物がついている。
パワーはじゅうぶんだが、
さらに「弾道ミサイル」のポストハーベストを加えた。
弾道ミサイル「まごころ」、
いいネーミングだ。
少しは、落ち着いた気分になれる。

そして、まごころは、永久にこれを放棄する。
すなわち、偏(ひとえ)に、自分に向けて撃つ。



  1. 2015年10月23日 12:34 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

言葉というのは面白いもので、使われているうちにイメージが変化します。
題は「幸福を売る男」というシャンソンの佳曲がありますが、
では「春を売る女」という言い方は美しいかと言えば
「売.春.婦」のことなので、美しいとはまったく感じられません。

そこで今度は「援.助.交際」という汚れなき新語が考え出されます。
「援助」も「交際」も単独では何も問題がない言葉です。
でも、これもそのうち新しい言葉が必要になるのでしょう。
公約という薄汚れた言葉の代わりに、マニフェストが使われたように。
次は英語で「ヘルパーギャル」とか言われるような気がします。(笑)

最近で気持ち悪い言葉は「きずな」。私は非常に気持ち悪いですね。
使われすぎたせいか、一見きれいそうで、じつに浅はかな言葉です。
「まごころ」は死語になっていますが、最近は使われないゆえに
かえって復活する可能性が大きいのでしょうかね。
  1. 2015/10/24(土) 21:11:08 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

僕は、総じて、きれいな言葉が苦手ですわ~。
きずな、って、もう最悪ですよね~。
援.助交際も、ごまかしている言葉です。
売.春婦、娼婦から焦点をずらして、
負の意味を抜かれているような。

ヨハネ、24章1節によると、石打ちを免れた娼婦は、
ペテロが持ち帰ったそうです。
そこで、ペテロは、人間をとる漁師、と呼ばれました。
中国語の新約聖書では、「漁夫の利」と訳されています。
なお、この中で罪を犯したことがないものは、ではなく、
この中で姦淫を犯したことがないものは、でなければならないと思うのですが、
イエスは、黙って地面に何かを書く演技で、詭弁をごまかしました。
参考文献は、
『弟子だからいいのよ』、内田春菊、2002、講談社
『ペテロ、漁師やめるってよ』、朝井リョウ、2010、集英社
『想像ペテロ』、いとうせいこう、2013、河出書房新社
  1. 2015/10/24(土) 22:29:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

言葉が作るイメージの正体は、催眠術。
イメージ自体が、催眠術。
イメージは、言葉に頼らない。
呪でもよい。
祈りでもよい。
まごころを撃ったら、トマホークが返ってくる。
核を載せて。
うわ、怖い話になってしまった。
  1. 2015/10/25(日) 00:24:12 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

弾道ミサイル「まごころ」、自分に向けて撃つには、真上に打ち上げるしかないのかなあ。そして真上に打ち上げた時のみ、弾道ミサイル「まごころ」は、お尻から落ちて来て命中するのか、と妄想したのでございます。m(__;m
  1. 2015/10/25(日) 00:33:36 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

幸せを祈るし、不幸も祈る。
呪いは、もっぱら不幸な方向ですね。
祈りは、呪いの上位概念なのかなぁ。

まごころは、恩着せがましいというか、
正しさを疑わないというか、
そのまごころをお断りしたいときに、
罪悪感を発生させる押しつけがましさがあります。
自分に問うのはいいけど、
他人に、まごころと伝えるのは、
ちょっと違うな~。
他人にまごころを要求するのも、
なんか変だわ~。
  1. 2015/10/25(日) 01:44:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

東京で真上に打ち上げると、
地球が自転するから、大阪に落ちるのかなぁ。
公転もするから、どこに落ちるんだろう。
ってか、真上ってどこだろうw。
  1. 2015/10/25(日) 01:47:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

なるほどおおお。
あの娼婦、その後どうなったかと心配していたのですが、
ペテロが引き取っていたのですか。
その根拠は「人を漁る者」だから。うーむ。

「漁る」をなぜ「すなどる」と読むのか、やっと分かりましたよ。
(マタイ4:19 文語訳・新世界訳)
イエスが字を書いたその土地はきっと砂地だったのでしょう。
パレスチナの土地は砂地と岩地の2種しかないようですから。
(マタイ7:24、26)
なので、直情型のペテロは動作が乱暴で、女を取るときに、
地面の砂も一緒に掴み取ったのでしょう。

参考文献の『想像ペテロ』。
面白そうなので図書館に予約しました。
最近の小説は『1Q84』以外読んだことがないのですが。
  1. 2015/10/25(日) 09:41:58 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

がさつな男だなぁ、ペテロはw。

僕も読んでないのですけどね~『想像ラジオ』、
2014年、本屋大賞の8位、
読んで損はないでしょう。
芥川賞よりも、直木賞よりも、ノーベル文学賞よりも、
本屋大賞のほうが信じられます。
『1Q84』よりこっちだと、やはり『舟を編む』でしょうか。
それよりも前だと、『八日目の蝉』がいいなぁ。
  1. 2015/10/25(日) 16:27:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1013-4ade3cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)