馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

低学歴と馬鹿 1/2


Hさんは、
国公立大学を出ていない者は馬鹿である、
として、その理由を、
論理的思考を欠くから、とした。

つまり、論理的思考を欠く者は馬鹿である、
そう言っているに過ぎないが、
論理的思考を欠く者を馬鹿と呼ぶ、
それは、世の中的には妥当だろう。

妥当な定義に、
論理的思考を備えていれば、国公立大学を卒業できるだろう、
そんな推測を加えた論理になる。
その妥当性は、僕は問わない。



馬鹿とは何か、
形而上学的なそれを定義することが哲学になる。
しかし、それも、僕は問わない。
論理的思考を欠く者を、馬鹿と呼んだままでいい。

国公立大学を権威として、
自己より劣る者を馬鹿にする、
フロムなら、権威主義的パーソナリティの適例とするだろう。
ファシズムや全体主義と親近性を持つ。

しかし、それも、僕は問題としない。
ファッショも認める。
全体主義から離れるために、
全体主義も多様性として認める。



論理的思考を欠く者を馬鹿と呼ぶ、
その発想自体が、論理的思考を欠く者に固有のものかもしれない。
僕は、この切り返しを、
論理的思考と呼んでみる。



  1. 2015年10月11日 12:43 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

人は理性と感情の動物である。

論理的思考を地道に発展させて賢人になる人もいれば、
偶然の発見や突然の閃きによって賢人になる人もいる。
ノーベル科学賞の受賞者を見ると、そのように分けられます。

一方で、絵画や音楽、文学、芸能などの芸術の分野を見ると、
論理的思考よりも、感覚や技術のほうが重視されます。

ここで凡人は思います。
賢人でなくても幸せを感じているほうがいいのか、
幸せをつかめないでも賢人になるほうがいいのか。
いや、賢人であることはイコール幸せなのか。

これは「論理的思考」とは、人生を生きるにあたって、
一番重要なことなのだろうかという問いになります。
もっと言うと、理性と感情とどっちが重要かということで、
これを凡庸的思考と呼んでみる、となります。(笑)
  1. 2015/10/11(日) 17:18:34 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

バーソさん、こんにちは。

賢人も、幸せも、謎ですわ~。
幸せと賢人の関係は、もう無理です。
生きるにあたって、一番重要なこと、
理性と感情、もう分かるような気もしなくなりますw。
でも、誰も教えてくれません。

国公立大学を出ていない者は馬鹿である、
これ、おもしろすぎます。
僕は、二流私大中退なので、
論理的思考を欠く者からの反論になります。
つまり、Hさんに納得してもらえない反論は、
論理的思考を欠くわけです。
不利でしょ~、それw。
でも、Hさんに感謝です!
  1. 2015/10/11(日) 19:03:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1003-792ba058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)