FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 18/xx


>僕たちは、他人の視座で、他人の感動をトレースして、
>他人の気づきをコピーして、
>テンプレに沿って価値観を変えてみたりするけれど、
>もしも、それを共感と呼ぶのなら、
>なるほど、世の中は、共感にあふれている。

旅行の感想が、ガイドブックの丸写しになることを、
僕たちは、共感なんて呼んでいる。
自分のフィクション=物語を介在させないのなら、
それは、自分の旅にはならないと思われるが、
では、誰の旅を、旅しているのだろう。

所有格がないような旅行でも、
誰にも、間違いとはされないけれど、
でも、共感されやすいことに共感が得られても、
僕なら、それを、共感とは呼ばない。
逆に、共感されにくいことに共感が得られることを、

共感と呼ばないで何と呼ぶ。



    190518a.jpg

もう一度、繰り返してみる。
>考えるな、感じろ、なんてフレーズがあるけれど、
>多くの本は、感動するように仕向けて、
>考えないままに、価値観を変えたりして、
>感じるままに、感性が豊かになれたりするのだろう。

>ジル・ドゥルーズっぽく言うと、
>何を目指しているのか、
>ってのは問題ではなくて、
>それは、旅行の目的地みたいなもので、
>それがなければ旅行にはならないけれど、

>でも、それはたいしたことではない。
>行き先に着くことが旅ではない。
>その旅の途中で、何を考え、
>どのようにふるまい、 誰と出会って、
>何を得たのか、それが旅行だ。

たぶん、ぶれていない。



    

    あたしは君のメロディやその哲学や言葉全てを
    守る為なら少し位する苦労もいとわないのです

    ―― 幸福論/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、1998、東芝EMI



私はあなたの意見には反対だ、
だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る、
って、ヴォルテールが言ったとか、言わないとか。
命懸け、ってのは、何とも嘘くさいから、
少しくらいする苦労もいとわない、それくらいでいい。

僕も、少しくらいする苦労ならいとわない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月20日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 17/xx


>僕らが手にしている 富は見えないよ
>彼らは奪えないし 壊すこともない 世界はただ妬むばっかり
>そんな歌の、そんな歌詞から、何を思うのかは、
>僕のフィクション=解釈であり、

そして、僕のフィクション=解釈は、
何を材料として作られたのかといえば、
エンデの「モモ」、サン=テグジュペリの「星の王子さま」、
加えて、旧約聖書、それらは、いずれも物語だ。



    190517.jpg

フィクション=物語の解釈によって、
フィクション=解釈の物語が作られている。
物語は物語によって作られ、
物語はマテリアルであり、同時にツールである。

物語は物語によって織り成され、
物語が編み直されて物語が作られる。
せっかくだから、ここで、ちょっと寄り道をして、
西田幾多郎の「行為的直観」を引いてみる。


    作られたものは作るものを作るべく作られたのであり、
    作られたものというそのことが、
    否定せられるべきものであることを含んでいるのである。
    しかし作られたものなくして作るものというものがあるのでなく、
    作るものはまた作られたものとして作るものを作って行く。


笑えるくらいに、ややこしいフレーズなんだけど、
「もの」に「物語」を代入することで、
このフレーズが分かりやすくなる。
ついでに、僕が何を言いたいのかも分かる。


    作られた物語は作る物語を作るべく作られたのであり、
    作られた物語というそのことが、
    否定せられるべき物語であることを含んでいるのである。
    しかし作られた物語なくして作る物語というものがあるのでなく、
    作る物語はまた作られた物語として作る物語を作って行く。


哲学は、たぶん、誰にでも分かりやすい。
ただし、よく分かっていないものごとを、
分かったつもりにならなければ。
分かったつもりになれば、よく分かっていないのに、

分かったふりをすることが上手くなる。



    

    お願い黙っていて今は
    言葉のほうが甘いの 本当の何倍も

    ―― 至上の人生/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2015、EMI Records Japan



    170805a.png



    ―― 西田幾多郎哲学論集2 論理と生命 他4篇/西田幾多郎 著
    ―― 上田閑照 編、1988、岩波文庫



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月19日 00:01 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 16/xx


正しい解釈を望むのは、
正しいフィクション=解釈を探すことであり、
僕にとっては、語義矛盾なんだけど、
ネットで探したときに、検索結果の上位を占めるのは、
断定的な、たいていは、同じ解釈である。

ネットの検索は、旅行に喩えるのなら、
目的地に着いたら、こんな位置からこんな景色を眺めて、
こんなふうに感動して、こんなふうに気づきを得て、
こんなふうに価値観を変えるのが正しい、
なんて書かれた、とても親切な手引き書だ。



    190516c.jpg

僕たちは、他人の視座で、他人の感動をトレースして、
他人の気づきをコピーして、
テンプレに沿って価値観を変えてみたりするけれど、
もしも、それを共感と呼ぶのなら、
なるほど、世の中は、共感にあふれている。

これ以上、共感なんかいらないくらいに。



    

    本当は全部大事である 本当は全部ラビッシュであろう
    本当は全部真理である 本当は全部トリックであろう

    ―― 弁解ドビュッシー/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2000、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月18日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 15/xx


>僕らが手にしている 富は見えないよ
>彼らは奪えないし 壊すこともない 世界はただ妬むばっかり
そんな歌の、そんな歌詞から、何を思うのかは、
僕のフィクション=解釈であり、まったく何も思わないとすれば、
僕には、そんな歌=事実はないに等しい。



    190516d.jpg

僕は、「富」からは、ミヒャエル・エンデの、
「見えない」からは、サン=テグジュペリの、
どちらも子ども向けの物語を思い出し、
「世界はただ妬むばっかり」からは、旧約の神を思い起こして、
僕のフィクション=解釈を作り始める。



    190516a.jpg

それらは、小学校の図書室にも並んでいるような物語で、
そんな幼稚なフィクション=解釈など、作っても仕方がない、
なんて言われたら、何も返す言葉がないけれど、
それでも、僕の代わりには誰も作ってくれないから、
僕が作らないと仕方がないと思っている。



    190516b.jpg

同語反復だが ――、解釈は、いつも、決まって、フィクションで、
僕のフィクション=解釈は、正誤でいうと、
いつも、決まって、誤りの側にある。
語義矛盾だが ――、正しいフィクション=解釈があるとするなら、
何かを見たとき、聞いたとき、

何かが入力されたときには、化学反応のように、
いつでも、誰でも、同じ出力を返すだろう。
それは、検索窓に文字列を入力すれば、
誰でも同じ出力が得られるのと同様に。
そして、検索結果の上位を占めるのは、

たいていは、同じ解釈であるのと同様に。



    

    僕らが手にしている 富は見えないよ
    彼らは奪えないし 壊すこともない 世界はただ妬むばっかり 

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMI Music Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月17日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 14.c/xx


僕らが手にしている富は見えない。
奪われることもないし、壊されることもない。
しかし、誰かと分かち合えるのでなければ、
その富によって、僕らは自滅させられてしまう。

奪われなくても、壊されなくても、
誰かが心を寄せて感じなければ、失われてしまう。
精神的な価値を、分かち合ってくれる誰かがいなければ、
その心の豊かさは ―― 豊かであるゆえに、

その豊かさの持ち主を壊してしまうだろう。



    

    僕らが手にしている 富は見えないよ
    彼らは奪えないし 壊すこともない 世界はただ妬むばっかり 

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMI Music Japan



世界はただ、妬むばっかりだから、
異教の神々を信じる人たちは、
何のためらいもなく抹殺されてきた。
女性蔑視、少数民族迫害、世界はまだ不幸だけれど、

原理主義者には見えない富を、僕らは手にしている。



    …… なぜなら、いま彼女が身をもって知ったこと
    ―― それは、もしほかの人びとと
    わかちあえるのでなければ、
    それを持っているがために破滅してしまうような、

    そういう富があるということだったからです。

    ―― モモ/ミヒャエル・エンデ 著
    ―― 大島かおり 訳、2001、岩波書店



    …… こよなく至福なものたちはおのずからにはなにも感ぜす、
    こう言うことが許されるとしたら、
    必ずや神々の名において
    ある他者が心を寄せて感じなくてはならない。

    この他者を神々は必要とするのだ。……

    ―― ライン/ヘルダーリン 著
    ―― ヘルダーリン全集2、手塚富雄、浅井真男 訳、1967、河出書房



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月16日 00:01 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 14.b/xx


話が逸れているけれど、逸らしたまま、
大急ぎで付言したいのは、
原理主義だからといって、
直ちに否定するのは、ちょっと違う。

その否定もまた、直ちに原理主義になってしまう。
他人の原理を理解しようとしないから、
原理主義者は、原理主義なのであり、
自分の原理を持っていること自体は構わない。

>ところで、原理主義には、なぜか、
>他人を否定することによって、
>自分が肯定された、なんて思い込める、
>そんな不思議な純朴さがある。

他人が不幸になれば、なぜか、
自分が幸せになった気になれるけれど、
当然、自分の幸せは、増えも減りもしない。
それでも、他人の不幸を願う人はいる。

あるいは、僕たちは、選択肢が二択のときは、
どちらかが正解だと思い込む。
三択になっても、四択になっても、
どれかが正解だと思い込む。

しかし、肢は正解を含んでいるとは限らないし、
また、正解は1つとは限らない。
問いが壊れているのかもしれないし、
そもそも答なんてないのかもしれない。

もしくは、単純に、対立を志向するんだ。
外側に対しても、内側に対しても。
外に向けては、宗教的な対立を、
内には、宗派的な対立を駆動する。

他人の原理に聞く耳を持たないから、
いきおい、対立を愛でることになり、
勝ち負けのほかに解決がないわけだ。
単純に、言葉が通じないから。

正しさよりも、勝敗よりも、
聞いてみるとか、話してみるとか、
すり合わせてみるとか、
日々、そんな世渡りであくせくしている、

俗っぽい僕から言わせれば。



    

    本物か贋物かなんて無意味 能書きはまう結構です
    幸か不幸かさへも勝敗さへも当人だけに意味が有る

    ―― 獣ゆく細道/椎名林檎、宮本浩次
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2018、EMI Records Japan

    190513.png



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月15日 00:12 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 14.a/xx


>ボクのおとうさんは、
>神というやつに殺されました。
言葉は、数式ではないから、
何でも代入できるわけではないけれど。



    190511.jpg

もちろん、こんなコピーには、
神と同権のものなど対抗しているはずがない。
でも、ニーチェの、目立たない真理の尊重、
ってのは、きっと、こんなことをいう。

宗教や、何かの原理主義なら、
その正しさは絶対だから、
代入しようとする僕の馬鹿な発想も含めて、
罰当たりな冒涜で片づけられそうだ。

しかし、それでも、事実はなく、
父親を亡くしたそれぞれの子どもの、
それぞれの解釈があるだけで、それらは、
神が与えた試練、では引き合わないだろう。

ところで、原理主義には、なぜか、
他人を否定することによって、
自分が肯定された、なんて思い込める、
そんな不思議な純朴さがある。

例えば、進化論を否定しても、
創造論は少しも肯定されないし、
進化論の間違いをあげつらっても、
創造論は少しも正しくならないが、

科学的に進化論を否定すれば、なぜか、
科学的に創造論が肯定された気になれるらしい。
どういう原理が働くのかは知らないが、
その料簡が原理主義っぽい。

真理、なんて言葉が好きみたいだけど、
でも、いつだって、対立と、勝ち負けなんだ。



    

    僕らが手にしている 富は見えないよ
    彼らは奪えないし 壊すこともない 世界はただ妬むばっかり 

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMI Music Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月14日 00:03 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 14/xx


>事実は、僕の出来の悪い頭で、
>僕にでも理解できるように書き替えられた、
>僕のフィクション=物語である。



    190511.jpg

事実はなく、解釈があるだけ。
例えば、どの国も、賛美歌で兵士を送り出し、
例えば、災害が起きれば、神の怒り、とか、

神の試練、なんて解釈で解決を与えるのなら、
出来の悪い頭の、僕が思いつく解釈は ――、
ボクのおとうさんは、

神というやつに殺されました。



    

    本当は全部大事である 本当は全部ラビッシュであろう
    本当は全部真理である 本当は全部トリックであろう

    ―― 弁解ドビュッシー/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2000、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月13日 00:04 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 13/xx


>僕の毎日は、フィクションであり、
>だから、考える余地がある。
        生きとし生けるものすべてが認める事実は、
        生きて死ぬ、きっと、それだけ。

だから、生まれてから死ぬまでの生を、
意味がない、価値がない、って、
        ぶうたれて生きて死んで行くのは、
        とても正しく、とても立派な心がけだ。

そんな正しい人には、何のために生きているのか、
それに答えようともしない僕なんかは、
        フィクション=虚構を生きているだけの、
        馬鹿の代表に思えてくるのだろう。



    

    君の喜ぶものは ありあまるほどにある
    すべて君のもの 笑顔を見せて 

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMI Music Japan



>人は何のために生きているのか、
>そんな問いには、答えなくてもいい。
        それは、正しいとか、間違っているとか、
        そんなことを言い出しても、

原理とか、法則とか、意味とか、価値とか、
そんなことを知っていても、
        何も解決しないことを知ったときに、
        生まれてくる問いである。

        さらには、何のためでもなく、っていう答が先で、
        後から遅れて来た問いなのかもしれない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月12日 00:04 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 12/xx


僕の毎日は、フィクションであり、
だから、考える余地がある。
もしも、まったくのノンフィクション、
なんてものがあるとしたなら、
僕の出来の悪い頭で考えるなんて、
まったく余計なことである。

逆に、まったくのフィクション、
なんてものがあるとしたなら、
僕には考える余地しかなくて、
まったく事実に基づかないところから、
僕の出来の悪い頭で考えるなんて、
とても僕にできるとは思えない。

では、ノンフィクションは、
ノンフィクション寄りのフィクションで、
対して、フィクションは、
フィクション寄りのフィクションで、
どちらも、ノンフィクションぽさの加減、
フィクションぽさの程度である。

ノンフィクションとフィクションは、
互いの関係による相対だが、
どちらもフィクションの上に成り立つ。
事実、なんてものがあるとしたなら、
それは、僕の外側にあるのだろう。
事実は、僕の内側には入れない。

事実は、僕の出来の悪い頭で、
僕にでも理解できるように書き替えられた、
僕のフィクション=物語である。



    

    あなたはすぐに絶対などと云う あたしは何時も其れを厭がるの
    だって冷めてしまっちゃえば 其れすら嘘になるじゃない

    ―― ギブス/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2000、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月11日 00:08 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4