FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

人が生きる理由は何か (`ω´)キリッ 4/x


人が生きる理由は何か、
なんてのは、生きているから問えることだ。
        当然のことではあるけれど、
        なんだか、負けた気になってくる。

生きる理由なんてない、と思うことも、
生きているから思えることで、
        生まれてこなければよかった、と思うことも、
        生まれてきたから思えることだ。

どんな思いも、生命に負けて、
甘ったるい思い違いにさせられる。
        力を込めても、踏ん張っても、
        自分で自分の身体は持ち上がらない。

走っても、跳んでも、
自分で自分のしっぽには届かない。
        自分のしっぽを追いかけて、
        その場でぐるぐる回る犬のような、

        そんな気分がつき纏(まと)う。



    

    We're in dire straits.

    ―― Sultans Of Swing/Dire Straits
    ―― 作詞、作曲、Mark Knopfler、1978、Vertigo



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月17日 12:27 |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

人が生きる理由は何か (`ω´)キリッ 3/x


人が生きる理由は何か、
なんて、遺伝子に、神に、霊に訊いても、
答えてくれるとは思えない。
そこから答を得られたとしても、
人が生きる理由についての、
人に理解できる答なら、
答えているのは人なんだ。

        高次からのメッセージなんてのは、
        僕には難しくて解らないけれど、
        僕ごときに解ってしまったら、
        それは、もはや高次ではあり得ない。
        だから、僕には解らなくてもいい。
        低次の僕に理解された途端に、
        次元がいくつも繰り下がる。

人が生きる理由は何か、
なんて、考えるときには、
すでに理由を探すこともないままに、
生きてしまって久しいから、
さしあたり、理由がなくても、
生きていられることは確からしい。
いまさら誰にも訊く気がしない。

        人が生きる理由は何か、
        なんて、考えても無駄なことくらい、
        たぶん、誰もが知っているから、
        遺伝子を、神を、霊を介在させて、
        お茶を濁したいだけなんだ。
        答なんて、何だっていいから、
        煙に巻かれてみたいんだ。

        たぶん、何だって構わない。
        ただし、問いの不合理性を認めているのなら。
        それを主体的に捉えているのなら。



    161001.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月16日 22:21 |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

人が生きる理由は何か (`ω´)キリッ 2/x


人が生きる理由は何か、
こんなのは考えても無理だ。
どんなにがんばっても無理だろう。

こんな哲学的な引っかけ問題には、
哲学的に違和を感じて、
戸惑ってみせるのが哲学的だ。

人が生きる理由は何か、
この問いの前提は、
人には生きる理由があって、

それを人で括ることができる、
つまり、みんな同じ理由で生きている、
ってことになるけれど、

さらに、その前に、
それを考える者は、
人である、という前提がある。

人が生きる理由なら、
ふつうは人に訊いて、
ふつうは人が答えるから。

遺伝子に訊いても答えてはくれない。
遺伝子が生きる理由なら、
遺伝子に訊けばいいけれど。

訊く先を間違えていないだろうか。
宗教の答なら、
答を神に訊くということで、

スピの答なら、
答を霊に訊くということだ。
星占いの答なら、

答を星座に訊くということだ。



    180215.jpg

    どうでもいい、右とか、左とか。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月15日 21:07 |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

人が生きる理由は何か (`ω´)キリッ 1/x


人が生きる理由は何か、
この問いは、いかにも嘘くさい。
こけおどしで、恥ずかしい。

例えば、遺伝子とか、神とか、霊とか、
つまり、生物学も、宗教も、スピも、
どんな答も確かめようがない。

確かめようがないものごとは、
説得ができないから、
説得はしない、されないのはずなのに、

しようとする、させようとする、
できると思い込んでいる。
自分の考えが、正当かどうかも疑わずに。

そんなのは、自分の考えでさえなく、
理由を述べて他人を説得しないのなら、
その自分は、何も考えていないに決まっている。

そんなのは、議論にもならない。
それでも、議論をしているつもりになって、
互いに誰かの受け売りを押しつける。

思考はどこへも行き着かない。
生物学は、信念を標榜しているだけ、
宗教は、信仰を強要しているだけ、

スピは、願望をたれ流しているだけ。



    170829.png



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月13日 21:27 |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

僕は馬鹿だから (`ω´)キリッ 6/6


ちょっと休憩。
馬鹿も休み休み。



    180210.jpg

    モーク!
    ミニ・モークだ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月11日 21:03 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕は馬鹿だから (`ω´)キリッ 5/x


学ばない人もいる、
働かない人もいる、
遊ばない人もいる、
考えない人もいる。

努力しても、できないことがあるし、
努力しなくても、できることがある。
それが、いいとか、
悪いとかではなくて。

何もしない人でも、
食べたり、眠ったり、
それくらいはできていないと、
早晩、生きていられなくなる。

人が生きる理由は何か、
誰にでも当てはまりそうなことを、
いくつか例示するのなら、
食って、寝て、恋をすること。

食べるとか、眠るとかなら、
みんな同じ、と言ってもいい。
恋をするために生きている、
ってのも、僕には手放しで信じられる。

人は、心も身体も、
恋愛用にできている。
いつも、そればっかりは、
やっていられないにしても。

いいものを食べて、よく眠れて、
すてきな恋をしている人は、
数あるリア充の中でも、
かなりグレードが高いと思われる。

恋愛は、食べる主体や、
眠る主体の、再生産といってもいい。
食って、寝て、エッチをする。
説明もいらないくらいのプリミティブ。

馬鹿っぽくて、かっこ悪いけれど、
生きる理由は、身体についてくる。
身体を離れた理由は、
利口で、かっこいいけれど、

僕には、どうにも信じられない。



    

    もうそれだけは気合い入れてやりな

    ―― Allways Coke、ファーストキス篇、1995
    ―― 息子/奥田民生
    ―― 作詞、作曲、奥田民生、
    ―― 1995、Sony Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月10日 00:38 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕は馬鹿だから (`ω´)キリッ 4/x


人が生きる理由は何か、
ってのは、とても哲学的な問いなのに、
哲学はそれに答えない。

それに答えるのは、
例えば、遺伝子とか、神とか、霊とか、
つまり、生物学や、宗教や、スピになる。

どれも答は確かめようがなく、
どれも問いをはぐらかしただけ、
どれも問いを後退させただけだろう。

例えば、生物学的な説明が、
正解だったとしても、
問いは少しもなくならない。

理由は、遺伝子に書き込まれているとして、
なぜ遺伝子に書き込まれているのか、
なぜ遺伝子を運ばされているのか。

答のない問いには答えない。
知ったかぶりをして、ごまかさない。
馬鹿にされても、分かったふりをしない。

馬鹿は、もの分かりが悪いから。



    

    いつも言葉は嘘を孕んでいる

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月08日 12:08 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

僕は馬鹿だから (`ω´)キリッ 3/x


利口な人には、きっと、
伝えたいことなどないのだろう。
馬鹿は、うまく言えないし、
つっかえながら言葉にしても、
分かってもらえそうにない。

だから、馬鹿には、
言いたいことがある。
分かってほしいことがある。

言いたいことは、
いつだって、うまく言えない。
うまく言えるのなら、
言いたいことにはならない。
うまく言えるのだから。

それとも、
うまく言えないことのほかに、
言いたいことがあるとでも?

分かってほしいことは、
いつだって、分かってもらえない。
分かってもらえるのなら、
分かってほしいことにはならない。
分かってもらえるのだから。

それとも、
分かってもらえないことのほかに、
分かってほしいことがあるとでも?



    

    夜空をみて 考えるのが 何より楽しい

    ―― 嘲笑/玉置浩二
    ―― 北野武 作詞、玉置浩二 作曲、1993、
    ―― 2012、「Offer Music Box」、SMD itaku



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月06日 12:02 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕は馬鹿だから (`ω´)キリッ 2/x


人が生きる理由は何か、
そんなふうに問うと、
人には生きる理由がある、
そんな前提が現れる。

人は何らかの理由で生きているのか、
何らの理由もなく生きているのか、
僕たちは、それさえも、
分かるようにできていないのに。

前提は、論証を抜きにして、
問いに取り込まれていて、
入れ子になって、混ざり合って、
もはや見分けがつけられない。

問いに内包された前提が、
危なっかしい問いを支えているのに。



    180125e.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年02月04日 12:04 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2