FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

心がきれいな人は、外見もきれい (´;ω;`)


心がきれいならば、外見もきれい。
たぶん、言いたいことは、逆と、対偶。

逆は、
外見がきれいならば、心もきれい。

裏は、
心がきれいでなければ、外見もきれいではない。

対偶は、
外見がきれいでなければ、心もきれいではない。

どこまでも勝ち組でありたいと、
心のきれいさまでも獲得しようとする心は、

なんて意地汚いのだろう。



    

    土砂降りの痛みのなかを
    傘もささず走っていく
    いやらしさも汚らしさも
    むきだしにして走ってく



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月30日 19:03 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕は心が汚いから (´;ω;`)


あなたのこころが
きれいだから
なんでもきれいに
見えるんだなあ
―― みつを



僕は心が汚いから、
きれいな見かけのものごとも、
汚く見えてくる。

「かちかち山」の愉快な噺は、
言い訳をしながら、
婆さんを食ったとしか思えない。

「笠地蔵」の爺さんの善行は、
7人の旅人に対する、
強盗殺人の贖罪に思えてしまう。

なんでも汚れて見えるんだ。



    160829a.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月30日 12:06 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

色即是空 (*´ω`) 4/4


穴を掘っている場合ではない。
莫近国王大臣、
如浄(にょじょう)は、たいしたことは、
言っていない。

別れの挨拶みたいなもの。
よくあるフレーズを、
使い回しているだけ。
定型句、テンプレート。

如浄の台詞には、本質がない。
空気を揺らせただけ。
悟った者どうしの会話なら、
それくらいの了解はあるだろう。

本質は空(あ)いている。
本質は穴っぽこ。
正しいとか、間違っているとか、
そんなのでは埋まらない。



僕たちには、空いた穴に、
言葉を投げ入れて、
本質を埋める自由がある。
僕は、何を投げるのか。

きっと、玄明(げんみょう)を殴り殺して、
穴に投げ入れたのだろう。



    

    見えない自由がほしくて
    見えない銃を撃ちまくる
    本当の声を聞かせておくれよ



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月28日 12:08 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

色即是空 (*´ω`) 3/4


「空」は、トイレ掃除も、
パチンコも、恋愛も、
エッチも除外しない。
        一切だから、不寛容も、
        潔癖症も除外しない。

身の周りが「空」で、
どこに行っても、
そこは僕の身の周りになる。
        そこが、城邑聚落でも、
        あるいは、深山幽谷でも。

静かに座っていなくてもいい。
そんなのは、落ち着きのない僕の、
日常ではないもの。
        だから、床板を剥がしてもいいし、
        穴を掘っていてもいいと思う。

結局は、何でもいいんだ。
でも、好き嫌いをいえば、
僕は、小さい男はいやなんだ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月26日 21:12 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色即是空 (*´ω`) 2/x


道元は、乗り気がしない鎌倉での教化を終えて、
越前に帰ってきた。
北条時頼は寄進を申し出てきたが、
道元はそれを断った。
道元は、師匠である如浄(にょじょう)の教えを守る。
国王大臣には近づくな。

帰国布化、広利人天、
莫住城邑聚落、
莫近国王大臣、
只居深山幽谷、
接得一箇半箇、
勿令吾宗致断絶。

道元の弟子の玄明(げんみょう)は、
如浄の教えなんか知らない。
時頼からの越前の土地の寄進状を、
ドヤ顔で持ち帰ってきた。
寄進は時頼の好意であり、
玄明はそれを喜んで触れ回った。

道元は怒って、玄明を追放した。
喜悦の心が汚い、という理由で。
その際、玄明が坐禅をしていた禅床の、
床板を切り取って、
一説には、さらに、床下の土まで、
掘り捨てること7尺に及ぶ。



そんな行動には、
僕は、選好を示してもいいだろう。
フローリングを剥がして、
その下の土も2mほど掘って捨てる。
異常に不寛容なのか、
病的に潔癖なのか。

怒りを抑えることができずに、
感情に任せた過剰な報復か、
潔癖へのこだわりが強くてキレたか、
前代未聞の小さい男だ。
悟った人のふるまいなど、
僕には理解できないけれど、

そこまでするか。



    

    弱い者達が夕暮れ
    さらに弱い者をたたく
    その音が響きわたれば
    ブルースは加速していく



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月26日 12:31 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色即是空 (*´ω`) 1/x


師帰越前後(しゑちぜんにかへりてのち)、
最明寺殿(さいみやうじどの)、
願心(ぐわんしん)を遂(とげ)んが為(ため)に、
越前国(ゑちぜんのくに)六條堡(ろくでうのとりで)、
二千石(にせんごく)の所(ところ)を、
永平寺(えいへいじ)の領(りやう)に寄進(きしん)ありけれども、
師(し)ついに受(うけ)られず。
玄明首座(げんみやうしゆそ)と申(まをす)僧(そう)、
この寄進状(きしんじやう)を将(もつ)て、使(つか)ひせられしなり。
彼堡(かのとりで)御寄進(ごきしん)を歓喜(くわんき)して、
衆中(しゆちう)に触(ふ)れありき玉(たま)ふを師(し)聞玉(きゝたま)ひて、
この喜悦(きえつ)の意(こゝろ)、きたなしとて、
すなわち寺院(じゐん)を擯出(ひんしゆつ)し、
玄明(げんみやう)の坐禅(ざぜん)の床(とこ)までも、
截取(きりと)りたりと云伝(いひつた)ふ。
前代未聞(ぜんだいみもん)の事(こと)なり。
―― 建撕記(けんぜいき)



―― 訂補建撕記圖會(てん(ママ)ほけんせ(ママ)いきづゑ)/鷲尾順敬 校訂、
―― 1931、東方書院



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月26日 12:27 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色即是空 (-ω-;)ウーン 18/18


「空(くう)って何だ?」
答は、実体がない。
「色即是空って何だ?」
答は、あらゆるものには、実体がない。

釈迦の挑発的なテーゼ、上等だ。
実体がなくても結構だ。
実体がないのなら、
実体を与えてやれ。

僕たちがいなければ、色(いろ)はない。
光が反射しているだけ。
それでまったく構わない。
色なら、光を見る僕たちが色にする。

僕たちがいなければ、音はない。
空気が揺れているだけ。
それでぜんぜん構わない。
音なら、振動を聞く僕たちが音にする。

世界は、僕たちと出会って、
色になる、音になる。
形づけてやれ、色づけてやれ、
メロディにしてやれ、リズムにしてやれ。

花は、僕たちがいるから、
花になれる。
月は、僕たちがいるから、
月でいられる。

花を見てやれ、
月を見てやれ。
花に鳴く鶯、
水に棲む蛙、

生きとし生けるものの、
歌を聞け。
雨に打たれろ、
星を見上げろ、

太陽を浴びろ、
風に吹かれろ。
抱きしめて、
キスをしろ。

色即是空が本当で、
僕たちが観ている世界が夢や幻でも、
僕は、夢や幻を生きてやる。
僕は、本当の世界など、

知りたくもないんだ。



    

    世界中に定められた
    どんな記念日なんかより
    あなたが生きている今日は
    どんなにすばらしいだろう

    世界中に建てられてる
    どんな記念碑なんかより
    あなたが生きている今日は
    どんなに意味があるだろう



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月23日 12:24 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

色即是空 (-ω-;)ウーン 17/18


釈迦の考えたことなんか無理。
正法(しょうぼう)なんか無理。

紀元前の人が考えたことを、
僕が考えるなんて傲慢すぎる。

生まれたときから、
テレビを観ていた末法の僕が、

過去のすべてを、
括弧に入れて忘れても、

忘れたふりにも、
ならないだろう。

釈迦は、未来の人たちが、
自分と同じ状況を生きるなどと、

思い込めるほど愚かではない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月22日 22:41 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色即是空 (-ω-;)ウーン 16/xx


ありのまま、とか、
ありがとう、とか、
おかげさま、とか、
誰も真に受けていないと思うけれど、
信じていないわりには、
みんなで大切にしているような。

実は、誰も信じていないような。
上辺の心地よい価値観を、
嘘だと分かって信じているのは、
信じているみんながいるからで、
みんなが信じていると、
みんなで思っているからで。

信じる理由がないにも関わらず、
義理堅く守ることが命題になっているような、
同じ公式に当てはめれば、
何にだって置き換え可能なような、
あえて誰かが言わなくても、
誰にだって同じ話が繰り返せるような。

そんなふうに、何にでも、誰にでも、
置換可能なものに共感しても、
何が分かり合えるのだろう。
僕たちが共に抱いているものが、
僕たちをつなげているものが、
まるで流行りの歌みたいに、

軽くて、薄っぺらなんだ。



    

    実を言うと この街の奴らは義理堅い
    ただガタイの良さには 騙されるんじゃない
    お前と一緒で 皆弱っている



    ―― 琥珀色の街、上海蟹の朝/くるり
    ―― 作詞、作曲、岸田繁、
    ―― 2016、SPEEDSTAR RECORDS



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月21日 20:04 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色即是空 (-ω-;)ウーン 15/xx


ありのまま、とか、
ありがとう、とか、
おかげさま、とか、
そんなパターンに落とし込む。
そのパターンを「空」と呼ばないで、
何が「空」だろう。

誰からも反論されないような、
心地よいフレーズで丸め込む。
そこには妥当性を基礎づけるような、
どんな論理も要請されない。
自分の考えを正当化する必要もなく、
自分の考えを押しつけることができる。

そんな出来上がった形式が、
即ち、「空」ではないのか。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月21日 20:02 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2