FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

不語話時即聞


人は言葉で思考する。
どんな現象も、どんなそんなこんなも、あれこれも、
言葉によらないものはない。

言葉を思考の対象にするのも言葉だろう。
言葉によって、矢が止まり、亀を追い越せなくなったとしても、
人は言葉で言葉に挑む。

この信仰からの宗旨替えはできそうにない。



世界は、人の思惑によって分解される。

見えるものも見えないものも、
分解され得るものもされ得ないものも、
あれもこれも、なんだかんだも、言葉によって分解される。



言葉によって構成された恣意的な世界の産物を、
僕たちは、必然と感じてしまう。
名詞が備われば、それに対応する実体があるかのように妄想してしまう。

皆で見た夢を、皆で分かり合えるのなら、
夢の世界にも生きられる。



僕たちは、どんなに奇妙な制度も、
どんなに幼稚な宗教も、
既に受け容れた世界に生まれたから、
言葉を疑う、そんな不遜なことをしてはいけない。

人の世界で生きてゆく限り、言葉を批判する言葉は、
刹那の後には自己へと向かう。



僕は、誤謬によって自我を、
存在としての自我を、実体としての自我を信じて、
自我という実体への信仰を世界に投影している。

なるほどそうだが、
しかし、それ以外になにをどうできる?



語り得ないものについては、
例えば、猫に訊いてみよう。
猫の始めに言葉はないから。

    言葉は人の営為の表現だ。
    猫の営為は、人の思う以外の世界は、
    人の思惑どおりの在りかたをしているわけではない。
    人が世界をどう思っても、それで一向に構わないが、
    人の間だけにとどめてくれ。
    猫も同じと思い込むのは、どういう所見だ?
    にゃあ。



語り得ないものについては、
例えば、仏に訊いてみよう。
神は饒舌だが、仏は言葉を断念する。

    体得仏向上事、方有些子語話分。
    如何是語話?
    語話時闍梨不聞。
    和尚還聞否?
    待我不語話時即聞。

    「言葉による認識を超えることを体得して、
    そして、少しは、語話(discours)によって説く条件が揃う」
    「語話とは、どのようなもの?」
    「君が語るときには(parole)、君には聞こえないもの」
    「君には聞こえるのか?」
    「僕が黙っているときを待てば、
    僕には即座に聞こえてくる」



“在る”とは何だろう。
なぜ“無い”のではないのだろう。
僕たちは“存在”ではなく、
“存在者”として“存在”の周りを逡巡している。

円の中心には“在る”が在るとして、
けれども、僕たちは円の中には入れない。

言葉が巡っている限り、中心には辿り着けない。
“沈黙しなければならない”という認識に至るとき、
たぶん、きっと、僕たちは、
円をまたぐことができるのだろう。

沈黙なんて言葉が浮かんだら、
それで、お終いになるけれど。



猫は黙って、
なにを観るでもなく、なにかを観ている。

僕は少し喋り過ぎたようだ。
不語話時即聞。
猫は、確かに黙り込んでいる。



    言語はその発生から見て心理学の最も未発育な形式の時期に属しています。
    つまり、言語形而上学の、
    ありていにいえば理性の根本前提をわれわれの意識にのぼらせるとしますと、
    われわれは一つの原始的な呪物崇拝活動の内部へ
    足を踏み入れることになるのであります。
    そこでわれわれの意識が至る処で認めるのは、
    さまざまな行為者と行為ばかりです。
    で、行為を動かす原因一般として意志を信じることになります。
    われわれの意識は「自我(イッヒ)」を信じます。
    存在としての自我、実体としての自我を信じ、
    この自我=実体への信仰を、ありとあらゆる事物に投影することとなります。
    ――「偶像の黄昏」、
       『偶像の黄昏/アンチクリスト』/ニーチェ著、西尾幹二訳、
       1991、白水社
    始めに、言葉(ロゴス)はおられた。
    言葉は神とともにおられた。
    言葉は神であった。
    ――「ヨハネ福音書」、
       『新約聖書 福音書』/塚本虎二訳、
       1963、岩波文庫
    大師、有時(あるとき)示衆(じしゆに)云(いはく)、
    「体得仏向上事、方有些子語話分
     <仏向上の事を体得して、方(まさ)に些子(しやす)語話の分有り>」。
    僧便(すなはち)問(とう)、
    「如何是語話 <如何ならんか是れ語話>」。
    大師云(いはく)、「語話時闍梨不聞 <語話の時、闍梨不聞なり>」。
    僧曰、「和尚還聞否 <和尚また聞くや否や>」。
    大師云、「待我不語話時即聞 <我が不語話の時を待つて、即ち聞くべし>」。
    ――「正法眼蔵/仏向上事」、
       『正法眼蔵 二』/道元著、水野弥穂子校注、
       1990、岩波文庫







にほんブログ村
  1. 2014年08月08日 19:01 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

もう、たくさん


興味を失った趣味、
とかけて、

    140805a.jpg

別れた彼女、
と解く。

    140805b.jpg

たくさんだ。







にほんブログ村
  1. 2014年08月05日 12:56 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

happy end


「ごめん、今日、行けなくなった」
「え~、そうなん?」
「うん、ごめん」
「仕事…、忙しいの?」
「あ、ん…、そうでもないけど」
「…そう」
「…うん」
「なんだか、この頃、冷たくなったね」
「…ごめん」
「それと…、嘘が…、下手になった」
「……」
「……」
「…もしもし?」

「それはそうと、そんなところで、誰と電話してんのかな?」
「あ…」
「お疲れさまっw」
「へへへっw」







にほんブログ村
  1. 2014年08月04日 20:13 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4


傷つきやすい君を、乱雑に扱った。
どういうわけだか、そんなふうに扱われることを、
君も望んでいると思い込んでいたから。

佇まいも、身の丈も、桃という語感も、
なにからなにまで、すべてがかわいいと思った。
僕が触れるたびに、君はかすかに甘く香った。

僕が、君の言葉を、
言葉どおりに受け取らないことを知っていて、
君は、僕は悪くないと言う。

君は、平気だと言う。
傷ついた姿を僕に見せつけながら。
だから、君は僕の手に余る。

僕には君が手に負えない。







にほんブログ村
  1. 2014年08月01日 12:26 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

青条揚羽


言葉のない世界には、
生も死もないのだろうが、
君は蝶だった。
青条揚羽(アオスジアゲハ)、
僕たちからはそう呼ばれていた。

    140801.jpg

僕から君に、
死を与えよう。







にほんブログ村
  1. 2014年08月01日 12:24 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2