FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 10/20


046、
>よくそんな非常識なことが言えますね。

非常識だから言う。
常識だったら、同意は求めない。


047、
>つまり、ノンフィクションなんですね。

フィクションは、フィクション寄りのフィクション、
ノンフィクションは、ノンフィクション寄りのフィクションだ。


048、
>チョコ? バニラ?

チョコを食べたい、と思ってしまったことが、
逆に、バニラを食べたいと思う可能性を示唆してしまう。


049、
>目的地ヲ設定シマシタ、るーと案内ヲ開始シマス。

目的地を目指すのなら、それは、
旅行ではなく、移動だ。


050、
>世の中、ろくなのがいないねえ。

自分を含めるか?
それとも、除外するか?



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月11日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 9/20


041、
>できないことをすることができるか?

言葉が嘘をつくときには。


042、
>言葉にできないことを考える、とか。

考えた時点で言葉にできる。


043、
>見ることができないものを想像する、とか。

想像した時点で見えている。


044、
>見ることができないものを言葉にする、とか。

丸い三角形、とか。


045、
>考えることができないことを言葉にする、とか。

人智の遠く及ばない叡智、とか。



    200628g.png

    

    もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして それは つまらないことだよ
    なみだ流すまでもない筈 何故なら いつも言葉は嘘を孕んでいる

    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月10日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 8/20


036、
>もっと考えて書け。

考えれば、考えるほど、読めない文章になってしまうのに、
もっと考えれば、もっと読めない文章になってしまう。


037、
>もっと考えて読め。

考えれば、考えるほど、意味を取り違えてしまうのに、
もっと考えれば、もっと意味を取り違えてしまう。


038、
>ロボットみたいな返答だな。

失礼デスネ、ういーん、がっちゃん。
誰ガろぼっとミタイヤネン、コラッ、ういーん、がっちゃん。


039、
>怒りっぽいな。

黙れっ、ごるぁ! 死ねっ、どるぁ!
誰が怒りっぽいんぢゃ、もるぁ!


040、
>落ち着いて考えれば分かる。

考えれば、考えるほど、分からなくなってしまうのに、
落ち着いて考えれば、もっと分からなくなってしまう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月09日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 7/20


031、
>睡眠、って何ですか?

軽く死んでみる練習、
と書いてからその当否を考える。


032、
>覚醒、って何ですか?

軽く生き返ってみる練習、
と書いてからその当否を考える。


033、
>睡眠不足、って何ですか?

軽く死に損なった不快感、
と書いてからその当否を考える。


034、
>寝過ごす、って何ですか?

軽く生き返り損なった焦燥感、
と書いてからその当否を考える。


035、
>二度寝、って何ですか?

軽く生死の境をさまよう快感、
と書いてからその当否を考える。



    200628f.png

    

    誰かの不機嫌も 寝静まる夜さ
    バイパスの澄んだ空気と 僕の町

    ―― エイリアンズ/キリンジ
    ―― 堀込泰行 作詞作曲、2000、Warner Music Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月08日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 6/20


026、
>ハッピーエンドとは?

例えば、ドラえもんの道具で、
困難を回避したのび太くん。


027、
>バッドエンドとは?

その後も、道具を使い続けた結果、
新たな困難を生み出したのび太くん。


028、
>幸福を結末に置くのが幸福?

そうすると、幸せな結末を迎えるまでは、
幸せであってはならないことになる。


029、
>不幸を結末に置けば不幸?

それも、逆説的で、結末を迎えるまでは、
不幸であってはならない。


030、
>デッドエンドとは?

幸福でも、不幸でも、行き詰まって、
その先がないのは、バッドエンドの一種か。



    

    遠くで ともる未来 もしも 僕らが離れても
    それぞれ歩いていく その先で また 出会えると信じて

    ―― ひまわりの約束/秦基博
    ―― 秦基博 作詞作曲、2014、Ariola Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月06日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 5/20


021、
>その論理は正しいか?

自分の論理なら、論理的で正しい。
他人の論理なら、非論理的で正しくない。


022、
>その非論理は正しいか?

他人の非論理なら、正しくない。
自分の非論理なら、実証的、経験的、直観的で正しい。


023、
>その感情は正しいか?

他人の感情なら、非論理的で正しくない。
自分が持ってしまった感情なら、正しいに決まっている。


024、
>その論理は感情か?

たぶん、それが何であれ、人は、
自分が論証したいことを論証する。


025、
>その感情は非論理か?

たぶん、それが何であれ、人は、
自分が嫌う結論を導くために論理を展開させない。



    200628e.png

    

    こっちの心根量らずと、一体如何(どう)云う御了見
    そうした喧嘩は手前から、売ってやりんす上等よ

    ―― 喧嘩上等/東京事変
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2006、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月05日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 4/20


016、
>本当の自分とは?

逆に、自分が嘘っぽく思えるときを考えてみる。
自分が嘘くさく思えるのは、
言いたいことが自分に伝わっていないからである。
自分に目的を伝えていないからである。


017、
>自分の言葉とは?

自分でも、まだ、
言葉になっていないものごとを、
自分に言い当てさせる、という、
かなり無理のある要求と思われる。


018、
>後悔とは?

言いそびれた言葉の行方を追っている。
選ばれなかった未来の時空を描いている。
陥穽に言葉を投げ入れて、埋めてみようと試みる。
懸隔に言葉を継ぎ足して、繋いでみようと企てる。


019、
>大切なものは目には見えない?

では、目に見えるものを大切にしたいのなら、
僕たちは、知るべきだ。
僕たちの目に見えるものは、
目に見えるものからできたのではないことを。


020、
>目に見えないものは大切?

僕たちは、もっと言葉を知るべきだ。
僕たちは、言葉を獲得することで、
言葉によって記述できないものごとが、
見えなくなってしまったから。



    

    ねぇ いつもなんで 僕はどうして
    肝心なことだけが言えないで

    ―― エンドロール/秦基博
    ―― 秦基博 作詞作曲、2012、Ariola Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月04日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 3/20


011、
>現実、って何ですか?

論理を展開した帰結として、何を求めているのか、
それによって答が異なってくる。


012、
>善、って何ですか?

つまり、目的が先で、
意味は後づけだ。


013、
>自由、って何ですか?

必要というのは、
何らかの目的があるから必要になる。


014、
>自分、って何ですか?

必要というのは、
その目的の求めに応じた必要であり、


015、
>愛、って何ですか?

目的を外れた意味は、
さしあたり必要ではない。



    200628d.png

    

    気付けなかったことが たぶん あるんだろうな
    ぬくもりに甘えて

    ―― 水彩の月/秦基博
    ―― 秦基博 作詞作曲、2015、Ariola Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月03日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 2/20


006、
>ブログ、って何だよ?

長い長い自己紹介、
かもしれない。


007、
>世界、って何だよ?

僕の、誤謬の投影、
かもしれない。


008、
>事実、って何だよ?

ゆえに、事実とは似ても似つかない何か、
かもしれない。


009、
>恋、って何だよ?

言葉を纏(まと)った性欲、
かもしれない。


010、
>愛、って何だよ?

意味ではなく、目的、
かもしれない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月02日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

百のプロポ ―― 或いは、的外れな返し 1/20


001、
>自分は感受性が強い。

それはよかった。
しかし、その感受性は、それを聞いた他人の感受性を、
感受する感受性に欠いている。


002、
>自分は感受性に優れている。

それが、全米が泣いた的な、愛に打たれる的な、
感受性を効率よく感受する作法的なものなら、
それを感受性とは呼びたくない。


003、
>自分の感受性に自信がない。

自信なんかいらない。
自分の感受性なのだから、他人の保証なんて求めずに、
そのまま感受性として認めてやれ。


004、
>自分の感受性にそぐわない。

それは残念だ。
感受性を備えていない人が見過ごすものごとを、
捉える能力を感受性と呼ぶのなら。


005、
>自分の感受性が分からない。

優しさは、優しくなければ見過ごしてしまう優しさを、
拾い上げる感受性とするのなら、
優しい人にとって、この世界は優しい。



    200628c.png

    

    待てこら 未だ答えは聞けちゃ居ないのさ
    洗い浚い吐け 今宵は常套句なんて通用しないと思え

    ―― 喧嘩上等/東京事変
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2006、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年07月01日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8