馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

色即是空 (-ω-;)ウーン 18/18


「空(くう)って何だ?」
答は、実体がない。
「色即是空って何だ?」
答は、あらゆるものには、実体がない。

釈迦の挑発的なテーゼ、上等だ。
実体がなくても結構だ。
実体がないのなら、
実体を与えてやれ。

僕たちがいなければ、色(いろ)はない。
光が反射しているだけ。
それでまったく構わない。
色なら、光を見る僕たちが色にする。

僕たちがいなければ、音はない。
空気が振動しているだけ。
それでぜんぜん構わない。
音なら、振動を聞く僕たちが音にする。

世界は、僕たちと出会って、
色になる、音になる。
形づけてやれ、色づけてやれ、
メロディにしてやれ、リズムにしてやれ。

花は、僕たちがいるから、
花になれる。
月は、僕たちがいるから、
月でいられる。

花を見てやれ、
月を見てやれ。
花に鳴く鶯、
水に棲む蛙、

生きとし生けるものの、
歌を聞け。
雨に打たれろ、
星を見上げろ、

太陽を浴びろ、
風に吹かれろ。
抱きしめて、
キスをしろ。

色即是空が本当で、
僕たちが観ている世界が夢や幻でも、
僕は、夢や幻を生きてやる。
僕は、本当の世界など、

知りたくもないんだ。



    

    世界中に定められた
    どんな記念日なんかより
    あなたが生きている今日は
    どんなにすばらしいだろう

    世界中に建てられてる
    どんな記念碑なんかより
    あなたが生きている今日は
    どんなに意味があるだろう



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月23日 12:24 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色即是空 (-ω-;)ウーン 17/18


釈迦の考えたことなんか無理。
正法(しょうぼう)なんか無理。

紀元前の人が考えたことを、
僕が考えるなんて傲慢すぎる。

生まれたときから、
テレビを観ていた末法の僕が、

過去のすべてを、
括弧に入れて忘れても、

忘れたふりにも、
ならないだろう。

釈迦は、未来の人たちが、
自分と同じ状況を生きるなどと、

思い込めるほど愚かではない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月22日 22:41 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色即是空 (-ω-;)ウーン 16/xx


ありのまま、とか、
ありがとう、とか、
おかげさま、とか、
誰も真に受けていないと思うけれど、
信じていないわりには、
みんなで大切にしているような。

実は、誰も信じていないような。
上辺の心地よい価値観を、
嘘だと分かって信じているのは、
信じているみんながいるからで、
みんなが信じていると、
みんなで思っているからで。

信じる理由がないにも関わらず、
義理堅く守ることが命題になっているような、
同じ公式に当てはめれば、
何にだって置き換え可能なような、
あえて誰かが言わなくても、
誰にだって同じ話が繰り返せるような。

そんなふうに、何にでも、誰にでも、
置換可能なものに共感しても、
何が分かり合えるのだろう。
僕たちが共に抱いているものが、
僕たちをつなげているものが、
まるで流行りの歌みたいに、

軽くて、薄っぺらなんだ。



    

    実を言うと この街の奴らは義理堅い
    ただガタイの良さには 騙されるんじゃない
    お前と一緒で 皆弱っている



    ―― 琥珀色の街、上海蟹の朝/くるり
    ―― 作詞、作曲、岸田繁、
    ―― 2016、SPEEDSTAR RECORDS



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月21日 20:04 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色即是空 (-ω-;)ウーン 15/xx


ありのまま、とか、
ありがとう、とか、
おかげさま、とか、
そんなパターンに落とし込む。
そのパターンを「空」と呼ばないで、
何が「空」だろう。

誰からも反論されないような、
心地よいフレーズで丸め込む。
そこには妥当性を基礎づけるような、
どんな論理も要請されない。
自分の考えを正当化する必要もなく、
自分の考えを押しつけることができる。

そんな出来上がった形式が、
即ち、「空」ではないのか。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月21日 20:02 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

色即是空 (-ω-;)ウーン 14/xx


        日本って、日本人って、
        能とか、茶道とか、祭とか、
        形式を至上のものとしてきた。
葬式とか、戒名とか、
卒業式とか、卒業旅行とか、
就活も、婚活も。

        デモ行進のラップとか、
        ドラムの音とか、
        リズムとか。
成人式とか、
そこでの馬鹿の行動とか、
その報道の仕方とか。
        結婚式とか、
        産んでくれてありがとう、
        なんて手紙の朗読とか。

出来合いのパターンを守れば、
考えなくてもいいし、
誰からも文句は言われない。
        だからといって、
        形式は正しさを担保しないが、
        間違いとされることはない。
だから、考えない人にとっては、
形式は正しくなり、
そして、形式が正しくなる。

        ありのまま、とか、
        ありがとう、とか、
        そんなので結んだ文章なら、
「空」でも、何でも、
正しい見かけを作るのだろう。
形式は正しさを担保しないが、

        それでも、
        間違いとされることはない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月19日 21:07 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

色即是空 (-ω-;)ウーン 13/xx


「有」るのでもなく、
「無」いのでもない、
そんな「空」のあり方なんて、
がちんこで考えても、
面倒くさいだけ。

すべては「空」だから、
人はありのままでいい、
なんて結論に持って行くほうが、
多くの読み手からの、
承認が得られるのだろう。

ありがとう、とか、
おかげさま、とか、
生かされている、とか、
宇宙のエネルギー、とか、
そんなのでもいい。

そんなのばかりだから、
そんなのが正しいのだろう。
それは、ある程度、
体系が出来上がっている論理、
といってもいい。

そんなものは、
論でも理でもないけれど、
そんなもので「空」を説明する、
とりあえず、それが、
僕たちの「空」のパターンだ。

ありのまま、とか、
ありがとう、とか、
おかげさま、とか、
僕は、嫌いなんだ、そういうの。
まるで分かり合えない。

僕と同じように、
分かり合えない人となら、
分かり合えると思うけれど。



    

    もういいよ そういうの
    君はもう ひとりじゃないから



    ―― 琥珀色の街、上海蟹の朝/くるり
    ―― 作詞、作曲、岸田繁、
    ―― 2016、SPEEDSTAR RECORDS



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月19日 21:04 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色即是空 (-ω-;)ウーン 12/xx


釈迦は、尊敬されても、
仏にされても、
うれしくないと思う。

手を合わせてもらっても、
願いごとを聞かされても、
たぶん、やめてくれ、と言う。

自分が考えたことを、
一緒になって考えてくれるほうが、
きっと、うれしい。

2017年の、
末法の、こんな世の中では、
名残りというのも、

気配というのも、
もう遠すぎて、
感じられないとしても、

せめて、さよならの代わりに。



    

    ここは天国じゃないんだ
    かといって地獄でもない

    いいやつばかりじゃないけど
    悪いやつばかりでもない



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月18日 20:17 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色即是空 (-ω-;)ウーン 11/xx


椅子の「空」を説明するときには、
椅子、って言葉が使えない。
椅子、と言ってはだめなんだ。

結局は、「椅子がない」ってことだが、
「椅子がない」では、
椅子の「無」になる。

「空」は、「実体がない」ってことだが、
「実体がない」では、
実体の「無」になる。

実体、と言ってはだめなんだ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月17日 18:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

色即是空 (-ω-;)ウーン 10/xx


否定文は、肯定文を否定して作る。
僕たちは、肯定したものごとを、
否定することになる。
否定は、一度は肯定されている。

だから、「無」というためには、
「有」がなければならない。
「有」がないのなら、
「無」もなくなってしまう。

想像もできないようなものごとは、
否定することもできない。
それは、もちろん「有」ではなく、
そして、「無」でさえもない。


机があって、
それに合う椅子がある部屋。
そこに、僕たちは、
椅子の「有」を観る。

机だけがあって、
椅子がない部屋。
そこに、僕たちは、
椅子の「無」を観る。

椅子がなければ、
机は役に立たない。
僕たちは、椅子のない机に、
椅子の「無」を想う。

机も椅子もない部屋で、
椅子を想い浮かべることがなければ、
僕たちは、椅子の「無」を観ない。
もちろん、椅子の「有」も観ない。

僕たちは、その部屋で、
椅子の「空」を観ることになる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月17日 12:04 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色即是空 (-ω-;)ウーン 9/xx


「空(くう)って何だ?」
答は、実体がない。
「色即是空って何だ?」
答は、あらゆるものには、実体がない。

答は、簡単だから、
丸暗記すればいい。
しかし、考える人なら、
さらに、問いは続く。

「だから、空って何だよ?」


だから、には含意がある。
「空」とは、「実体がない」こと。
しかし、「有」とも「無」ともいえないから、
せっかく「空」を生み出したのに、

僕たちは、また「無」に戻さないと、
「空」を説明することができない。
「空」とは、「実体が空である」こと。
そう言わなければならないのに、

「空」に「無」を代入してしまう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月17日 12:02 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0