FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

ぶっちゃけて、正直に言えば、


>そんな僕でも、目につくところにあって、
>すぐに手に取ることができれば、
>多忙や疲労を思うよりも早く、
>指が勝手に弾きそうな気がする、なんて、

衝動買いの言い訳にしては、回りくどい。
ぶっちゃけて、正直に言えば、
ちょっとエド・シーランになってみたかった、
っていう、恥ずかしい理由が本当っぽい。

    190728.jpg



あるいは、ミニのトランクから、
トラベルギターが出てきたらかっこいい、
っていう、恥ずかしい理由が正直っぽい。
そんなのは、最初から分かっていたはず。

    190720.jpg



自分との上手な折り合い方が、
もっともらしい理由を作る前に、
自分で自分を笑える人になって、
他人にも笑ってもらおうと思う。

理屈が多くなった自分に騙される前に。



    

    ―― In My Life/Ed Sheeran
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲(Lennon-McCartney)、1965、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月29日 00:03 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ド、ミ♭、ファ、ソ、シ♭、ド、


ド、ミ♭、ファ、ソ、シ♭、ド、
ってやってれば、ブルースっぽくなる。

理由は知らなくても、
なるんだから、それでいい。

ド、ミ、ファ、ソ、シ、ド、
これだけで沖縄っぽくなるように。

らしさ、ってのは、
減らし方で出来上がるのかもしれない。

何が減らされているかを、
説明するためには、

12音階を揃えなければならないけれど、
さしあたり、使える音だけが、

分かっていれば成り立つようなもの。



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/The Beatles
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



らしくない、って感じるときには、
僕たちは、足りないのではない。

たぶん、いつだって、多すぎる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月27日 00:02 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなのが、ブルース、って、


ブルース、って何?
なんて、改めて訊かれると、
僕は、満足に答えられないけれど、

12フレと15フレの間をうろうろさせて、
こんなのが、ブルース、って、
弾いてみせることはできる。

音の並びがブルースっぽいのなら、
さらに原理を訊いてくる人はいない。
ブルースらしく聞こえれば、それだけで、

ブルースは機能しているもの。



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/Toto
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



例えば、優しさ、って何?
あるいは、生きる、って何?
何を訊かれても、僕は答えられないけれど、

原理が分かったところで、
機能していなければ、答にはならない。
理屈はさておき、やってしまうほうが早い。

僕が、何も考えていない馬鹿だとしても。



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/Prince, Tom Petty, Steve Winwood, Jeff Lynne
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



While My Guitar Gently Weeps のソロは、
Aマイナーペンタ一発で、
とても単純なブルース。

でも、ロック、と言うのならロックで構わないし、
マイナー、と言われればマイナーでいいし、
メジャー、と言いたいのならメジャーでもいい。

3分半からのプリンスを聴けば、もう、どうでも。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月26日 00:02 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギターが穏やかに泣いている間に


気がつけば、この頃、
ギターを弾いていない。
        それが気になっていたのは、
        弾かないと、弾けなくなるから。

できなかったことが、
できるようになるのはうれしくて、
        できていたことが、
        できなくなるのは悲しい。

可能性は、不可能性を内包していて、
静かに、緩慢に、もの悲しい。
        何かができるようになる、ってことは、
        やがては、できなくなる、ってことである。

        ギターが穏やかに泣いている間に。



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/The Beatles
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月24日 00:02 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

鉄弦、アコギ


高校生の頃は、そんなことはなかった。
出したり、しまったり、運んだり、
弦を張り替えることさえ、
それぞれに、楽しいイベントだった。

7つの大罪の1つは、怠惰。
ギターをケースから出す、
今では、そんなことさえ面倒くさいと、
怠惰を司る悪魔、ベルフェゴールが囁く。



    190720.jpg

そんな僕でも、目につくところにあって、
すぐに手に取ることができれば、
多忙や疲労を思うよりも早く、
指が勝手に弾きそうな気がする、なんて、

何だかんだ言っても、つまりは、衝動買い。



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/Santana
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



忙しくて、疲れていて、
それでも、やってしまうことが、
本当にやりたいことだとしたら、
それは、多忙の中でしか見つからない。

そう思い直してみる。



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/MonaLisa Twins
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



何かすることがあるのは有難いことだ。
資本主義的生産様式であれ、
社会主義的生産様式であれ、
その中に、身をゆだねる多忙があるのは救いだ。
多忙は神様だ!
―― 消息、序詩/吉野弘



    

    ―― While My Guitar Gently Weeps/The Beatles
    ―― George Harrison 作詞作曲、1968、Apple Records



    ―― 吉野弘詩集/吉野弘 著
    ―― 小池昌代 編、2019、岩波文庫



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月23日 00:01 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Strawberry Fields Forever 3/3


    これが本当だと いつも思ってる
    だけど この僕さえ虚構なのかも知れない
    君のことを解ってるつもりでも
    すべては僕の一人よがりなのかも知れない
    つまり 僕と君は同じじゃないってことさ

虚構なのかも、なんて、
中二病みたいなことを言って、
        解ったつもりになっても、
        一人よがりに過ぎないと思う。



解らないのなら、
解らないままで扱わないと、
        考えることもなくなって、
        解ったふりだけが上手くなる。
誰の心も、自分の樹を持っている。
英語から日本語には訳せるけど、
        その樹は、その樹なりの論理を持っていて、
        翻訳が可能とは限らない。



    時々、ではなくて、いつも、
    それが僕だと思っている。
    でも、そう、
    それは夢だと分かっている。
    No ってのは、Yes のことで、
    って考えている。
    でも、それはまったく間違っていて、
    納得できない、って考えている。

解らないのなら、
解らないままに訳すよりほかはない。
        読み解くことで異常とされるような、
        色覚の検査表もある。
ジョン・レノンの樹には、
彼のほかに、誰もいない。
        誰も彼に合わせることができないのなら、
        読み解けるほうがおかしい。
そして、それは悪いことではないと、
僕も思っている。
        否定ばかりで、
        誰とも解り合えそうにないけど、
時々、ではなくて、いつも、
それが僕だと思っている。
        そんなあれこれを、
        肯定してくれるのなら、
No ってのは、Yes のこと。
ついてきてくれないかな、
        今から行くんだ、
        イチゴがたくさん、

        生(な)っている場所に。



    

    Always no sometimes think it's me,
    but you know I know when it's a dream.
    I think, er No, I mean, er Yes but it's all wrong.
    That is I think I disagree.

    Let me take you down,
    'cause I'm going to Strawberry Fields.
    Nothing is real and nothing to get hung about.
    Strawberry Fields forever.

    Strawberry Fields forever.
    Strawberry Fields forever.



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月06日 12:12 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Strawberry Fields Forever 2/3


    目を閉じれば 人生なんて楽なもの
    目に映ったものは 自分なりに受け止めればいい

「マジカル・ミステリー・ツアー」を買えば、
こんな訳がついてくるらしい。
        独善的な人生訓みたいだ。
        50年前は、こんな歌詞が目に映っても、
自分なりに受け止めればよかったのか。
それとも、目を閉じていたのか。
        ビートルズ世代には、疑いもなく、
        納得できる意訳なのだろうか。



    何も見ないで、
    生きていくほうが簡単な理由は、
    目に映ったものがすべて、
    嘘になってしまうから。

これはこれで、
変な意訳だから、
        僕なりの受け止め方は、
        世の中的には、間違いとされる。
僕の樹には、僕のほかに、
誰もいないみたいだ。
        でも、それはまったく間違っていて、
        納得できない、って考えている。
No ってのは、Yes のことで、
って考えている。
        時々、ではなくて、いつも、
        それが僕だと思っている。
そう、そんなことは、
どうでもよかった。
        See the world spinning around.
        Round and round and round and round and round.

        世界はぐるぐる回っている。



    

    Living is easy with eyes closed,
    misunderstanding all you see.



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone
    ―― The Fool on the Hill/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月05日 15:21 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Strawberry Fields Forever 1/x


    僕と一緒に行かないか
    あのストロベリー・フィールズに
    すべてが夢 捕われるものさえ何もない
    ストロベリー・フィールズよ 永遠に

    目を閉じれば 人生なんて楽なもの
    目に映ったものは 自分なりに受け止めればいい
    ひとかどの人物になるのは困難なことさ
    それでもなんとかなるもの 僕には関係ない話だ

    どうやら 僕の樹には誰もいないようだ
    それが高かろうと低かろうと
    つまり 誰もぼくを理解することはできないのさ
    でも それでいいんだ
    僕にとっちゃ それほど不幸って訳じゃない

    これが本当だと いつも思ってる
    だけど この僕さえ虚構なのかも知れない
    君のことを解ってるつもりでも
    すべては僕の一人よがりなのかも知れない
    つまり 僕と君は同じじゃないってことさ

    ―― 訳詩、山X安X




なんだか違う。
ぜんぜん違う。
        人それぞれ、としか言っていない。
        ふてくされた人の言い訳みたいだ。
ストロベリー・フィールズは、たぶん、
そんなに解ったような歌ではない。
        ジョン・レノンが、
        東洋趣味を丸出しにして、
無何有(むかう)の郷(さと)を彷徨(さまよ)うような、
だから、言葉は、戸惑いながら、
        遠慮がちに繰り出され、
        何が言いたいのか、

        解らない歌だと思っている。



    Let me take you down,
    'cause I'm going to Strawberry Fields.
    Nothing is real and nothing to get hung about.
    Strawberry Fields forever.

    Living is easy with eyes closed,
    misunderstanding all you see.
    It's getting hard to be someone but it all works out.
    It doesn't matter much to me.

    No one I think is in my tree,
    I mean it must be high or low.
    That is you can't you know tune in but it's all right.
    That is I think it's not too bad.

    Always no sometimes think it's me,
    but you know I know when it's a dream.
    I think, er No, I mean, er Yes but it's all wrong.
    That is I think I disagree.

    ―― Strawberry Fields Forever



    

ついてきてくれないかな、
今から行くんだ、
        イチゴがたくさん、
        生(な)っている場所に。
本当のことなんて何もないから、
気にかけることも何もない。
        ストロベリー・フィールズで、
        いつまでも過ごそう。

何も見ないで、
生きていくほうが簡単な理由は、
        目に映ったものがすべて、
        嘘になってしまうから。
どんな人にもなれなくて、
でも、うまくなれてしまうけど、
        そう、そんなことは、
        どうでもよかった。

僕は思うんだけど、
僕の樹の上には、
        誰もいないみたいだ。
        みんなには、高すぎるか低すぎるのだろう。
だから、分かっている。
君も僕に合わせることはできない。
        それは悪いことではないと、
        僕は思うんだけど。

時々、ではなくて、いつも、
それが僕だと思っている。
        でも、そう、
        それは夢だと分かっている。
No ってのは、Yes のことで、
って考えている。
        でも、それはまったく間違っていて、
        納得できない、って考えている。



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月04日 12:03 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

感動についてのn個の一考察 8/8



    160820a.jpg
    http://www.ceskatelevize.cz/porady/10158946349-michel-petrucciani/20838254059/



僕が思っていたよりも、
ペトルチアーニの骨は脆くて、
ピアノを弾く彼の指や腕の骨は、
その内部では常に骨折を繰り返していた。

痛みに耐えながら演奏を続け、
コンサートが終わると、
医者に行って治療をする。
それが彼のツアーだった。

鍵盤を叩く彼のタッチの激しさに、
僕は騙され続けた。



    160820b.jpg



年間200回を越える公演を終えた1998年の暮れ、
彼はニューヨークで肺炎にかかり、
翌年の1月6日に急逝する。
36歳。



    160820c.jpg



2011年にドキュメンタリー映画が作られて、
彼が骨を折りながら演奏していたことを、
僕は知ることになる。
彼が死んでから13年も経っていた。

彼は、死ぬまで僕を騙してくれたから、
僕は、いつまでも彼に騙されたままでいようと思う。
ピアノの演奏に関しては、
彼を健常者のままにしておこうと思う。

彼は、多くを語らずに、
音楽を提示したから、
僕は、お涙頂戴の物語を忘れて、
能天気に彼のピアノを聴こうと思う。

きっと、彼も、
それを望んでいる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年08月20日 21:47 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

感動についてのn個の一考察 7/x



    160808g.jpg
    http://www.ceskatelevize.cz/porady/10158946349-michel-petrucciani/20838254059/



つまり、僕は、お涙頂戴の物語に対する、
適応障害なのだろう。
心優しい人なら、適応できる物語なのに、
僕は、過敏に異常な反応をしてしまう。

応じてしまうことについては同じである。
たぶん、心が優しいとか、冷たいとかの謂いは、
僕たちが、優しいとか、冷たいとかと呼んでいる、
反応のパターンを選択する傾向に過ぎない。

そして、僕が書こうとしていることは、
僕が陥っているパターンの正当化である。



    160808e.jpg



他人のハンディキャップや、
他人の不幸に萌える心優しい人たちは、
彼の演奏を聴くと同時に、
感動の物語を読み込む。

心が冷たい僕は、物語を排除する。
僕は、彼を障害者とは思っていない。
彼は、ピアノの演奏に関しては、
健常者でなければならない。

そうでなければ、彼の公演は、
見世物興業になってしまう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年08月19日 19:09 |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12