FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

遅れて来た者たち 1/x


種村季弘さんが亡くなってちょうど一年になる。
とてつもない物知りで、博覧強記という言葉がぴったりの人だったが、興味の好みは明確で、不思議なもの、いかがわしいもの、弱いもの、そして「小さいもの」であった。

亡くなる半年ほど前に、『江戸東京≪奇想≫徘徊記』を著した。
気の向くまま東京のあちこちを歩きながら、江戸随筆を渉猟し、記憶も重ねて、それぞれの土地に伝わる不思議な物語を解読してゆく。
池袋に生まれ、東京だけでも十回は引っ越した種村さんならではの著作だった。
ところがかつて住んでいた土地を訪ねはじめると、記述に慨嘆が多くなる。
なにしろ記憶にある風景は消え、高層ビル群に変わってしまった場所ばかりだからだ。

だからこそ両国界隈で、覚えていた駄菓子屋がまだ健在で、子供たちが近くで遊んでいると大いに喜ぶ。
そして以来、種村さんは「小さいものへと目が行きがちになる」のだ。
しかし結局小さなものはなかなか見当たらず「もう成長はいい加減たくさん」と嘆くのである。

さて、現在の状況はさらに凄い。
八月の日曜日、私は都市計画を学ぶ若い友人たちと都心を三時間ほど歩き、超高層ビルと巨大ビルの乱立状態を見て回った。
これらはなじみの風景を消しただけではない。
巨大投資の産物だから百年二百年は醜くとも残る。
未来をも喰っているのだ。
種村さん、見ないでよかったよ。

―― 本を読む。―― 松山巖書評集
―― 松山巖 著、2018、西田書店



    なるほど、種村さんは、
    不思議なもの、いかがわしいもの、
    弱いもの、そして小さいものが好きだった。
        だからといって、当然に、
        公明正大なものが嫌い、
        なんて措定はできないけれど、

    種村さんは、明瞭なもの、健全なもの、
    強いもの、そして大きいものが嫌いだった、
    と短絡しておこう。
        しかし、とてつもない物知りで、
        博覧強記という言葉がぴったりなら、
        大きいものだって嫌わないと思う。

    >種村さん、見ないでよかったよ。
    見ないでよかった、と思うのは松山巖であるが、
    種村さんも、きっと、そう思うに違いない。
        乱立状態、醜くとも残る、未来を喰う、
        松山巖によって選ばれた言葉は、
        きっと、種村さんの気持ちにも添うのだろう。

    種村さんには、駄菓子屋に限らず、
    例えば、ビルの1階に入ったコンビニの近くでも、
    子供が遊んでいるだけで喜んでほしかった。
        コンビニの近くでも、子供たちは、
        小さいものを見つけるんだ。
        大人が探しても見つからないものを。

        いつの時代でも、子供は、
        不思議で、いかがわしくて、
        弱くて、そして小さいから。



    

    どんなときも どんなときも ビルの間 窮屈そうに
    落ちて行く夕陽に 焦る気持ち溶かして行こう

    ―― どんなときも。/槇原敬之
    ―― 槇原敬之 作詞作曲、1991、WEA MUSIC



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年01月28日 18:07 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

現実逃避が好き 7/7 ―― 多くの人にとっての現実が、考えずに済ませられることなら


僕は、現実逃避が好き。
当たりまえのものごとに足を取られて、
ついつい、考えごとを始めてしてしまう。

しなきゃいけないことから、
すぐに意識が逸(そ)れて、
考えなくてもいいことを考え始める。

それは、どうでもいいことばかりで、
おそらく、一生に一度も考えなくても済むことで、
それでも、毎日、考えてしまう。

考えごとに逃げる、というよりも、
考えごとから逃げられない。
どれもこれも、くだらないことばかりなのに。

宇宙にも跳ばないし、時空も越えない。
僕の身の周りの、半径5mの、
当たりまえの、現実のことばかり。

でも、多くの人にとっての現実が、
考えずに済ませられることなら、
僕の考えごとは、現実逃避になるのだろう。

考えずに済ませる人が多い、
という現実があるときに、
そこからの逃避は、考えることである。

考えることは、考えない現実からの、
現実逃避に違いない。



    

    茜色の夕日 眺めてたら 少し思い出すものがありました
    晴れた心の日曜日の朝 誰もいない道 歩いたこと

    ―― 茜色の夕日/フジファブリック
    ―― 志村正彦 作詞作曲、2005、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月11日 12:12 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

現実逃避が好き 6/7 ―― 現実からの逃避、現実への逃避


逃避先から現実の側に、
持ち帰ってくる何か、

現実の側に持ち込まれた何かが、
その人の現実を意味づける。

でも、逃避先も、現実の側も、
もとより、同じ現実だから、

何かが持ち出されたわけではなくて、
何も、少しも動いていない。

だから、例えば、詩に逃避すれば、
逃避した通りに、現実は詩であり、

例えば、音楽に逃避すれば、
逃避した通りに、現実は音楽である。

例えば、ネットに逃避すれば、
例えば、バイクに逃避すれば、

例えば、星座が告げ、天使が囁き、
波動が伝わり、霊が憑きまとう。

現実逃避は、つまり、現実だ。
そして、現実は、

つまり、現実逃避である。



    180805.jpg 動画は削除されました

    このままどこか遠く 連れてってくれないか
    君は 君こそは 日曜日よりの使者

    ―― 日曜日よりの使者/THE HIGH-LOWS
    ―― 甲本ヒロト 作詞作曲、2004、UNIVERSAL SIGMA



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月10日 00:17 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

現実逃避が好き 5/7 ―― 逃避という図を描くことで、現実という地が現れる


現実は、大きすぎる全体で、
果てしない集合である。
現実は、現実だけでは意味が決まらない。
手がかりも、掴みどころもなく、
曖昧で、不用意にしか扱えない。

例えば、現実の全体を、
現実逃避の補集合としてみる。
全体に逃避という枠をはめてみる。
全体集合を固定すると、
僕にでも扱える現実が見えてくる。

つまり、逃避という側面から、
現実を眺めてみるわけだ。
逃避という図を描くことで、
現実という地が現れる。
逃避と現実が、同時に現れる。

逃避によって縁取られた残りが、
現実の全体になり、
逃避がなければ、現実がない。
現実が逃避によって、
切り抜かれた残りなら、

図と地を入れ替えて、
逃避が背景に退けば、
逃避もまた現実によって、
切り抜かれた残りになる。
では、現実をどのように観るか、

それと同じ問いになってくるのは、
どのように現実から逃避するか、
ってことである。



    180805.jpg 動画は削除されました

    Oh, we can zoom all the way to the moon
    From this great wide wacky world

    ―― Jump Up, Super Star!/The Super Mario Players feat. Kate Davis
    ―― Rob Tunstall、鈴木伸嘉 作詞、久保直人 作曲、2017、任天堂



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月09日 12:08 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

現実逃避が好き 4/x ―― 現実逃避といいながら、現実に乗ったまま降りられない


というわけで、混ぜ返す。
仮想も、空想も、夢想も、
それらが行われているのは、
当然に、いつだって現実である。

それらは、常に現実に包含される。
僕たちはいつでも現実にいて、
理想も、虚構も、非現実も、
現実を離れてはあり得ない。

現実に乗ったまま降りられない。
現実逃避といいながら、
逃げ道はなく、どこに逃げても、
そこは現実である。

現実について妄想する僕は、
メタな気分になるけれど、
メタに出た先で気づかされる。
一歩も現実から出られない。

現実は、すべてをつなぎ留める。
現実がなければ、仮想も、虚構も、
非現実も、現実逃避も、
ばらばらに解(ほど)けて、

何もなくなってしまうだろう。



    

    孤独とは言ひ換へりやあ自由 黙つて遠くへ行かう
    本物(モノホン)か贋物(テンプラ)かなんて無意味(ナンセンス) 能書きはまう結構です

    ―― 獣ゆく細道/椎名林檎、宮本浩次
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2018、EMI Records Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月08日 12:03 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

現実逃避が好き 3/x ―― というわけで、現実逃避がなければ、現実がない


というわけで、逆説だ。
現実逃避がなければ、現実がない。

現実なんて、どうしたって、
言葉で説明ができないものだ。

現実も分からないのかと、
誰かに笑われたって構わない。

僕は、分かったふりをしないで、
分からない自分を大切にする。

現実は、すべてを丸ごと抱えているような、
途方もない全体性にほかならない。

だから、虚偽の区切りを入れて、
虚偽の集合にしないと扱えないんだ。

区切りは、例えば、仮想や、空想や、
夢想や、理想や、虚構や、非現実や、

現実からの逃避、である。



    

    笑いもせず ただ 見せてくれる
    走り方 ヒーローが教えてくれる

    ―― 明日も/SHISHAMO
    ―― 宮崎朝子 作詞作曲、2017、UNIVERSAL SIGMA



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月08日 00:04 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

現実逃避が好き 2/x ―― 現実逃避が生まれたときに、現実を可能にする条件を作り出す


二項対立においては、
前項が後項の起源になる、って、
僕たちは、なんとなく思っている。

自然と人工、精神と物質、
知性と感性、自己と他者、
真と偽、善と悪、晴れと雨。

でも、後項が生まれたときに、
前項を可能にする条件を作り出す、
そんな意識を持ったほうがいい。

あらかじめ、または同時に、
前項があったように思えても、
対立を作り出したのは後項である。

現実と仮想、現実と空想、
現実と夢想、現実と理想、
現実と虚構、現実と非現実。

後項によって、切り分けられて、
もう一度、前項がまとめ上げられる。
不確かな、語り得ないものとして。

現実と現実からの逃避、
対立する逃避が、現実を作っている。



    

    あしたがまたくるね どんな日になるかね
    いい日だといいよね ワクワクしたいよね

    ―― はたらきたくない/打首獄門同好会
    ―― 大澤敦史 作詞作曲、2018、LD&K Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月07日 12:09 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現実逃避が好き 1/x ―― しかし、現実がなければ、大好きな現実逃避ができない


僕は、現実逃避が好き。
図らずも、してしまうものごとなら、
潔(いさぎよ)く、好きと認めなきゃ仕方がない。

しなくてはならないことから、
思いがけず、意識が逸(そ)れて、
ついつい、しなくてもいいことをしてしまうのなら。

困難な状況から、心ならずも、目を背(そむ)けて、
不安から逃れようとする機制。
後悔を残して、無為に過ぎていった時間。

そんなのを、現実逃避と呼ぶのなら、
それは、現実が嫌いで、
現実逃避が好きだった結果である。

現実逃避をするために、
現実が必要になるのなら仕方がない、
僕は、現実を必要悪として認めよう。

そもそも、現実がなければ、
大好きな現実逃避ができないではないか。



    180805.jpg 動画は削除されました

    ずらかりたいよ おさらば 面倒はいやだ
    あやかりたいよ うるわし 文明はいいな

    ―― 労働者/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMI Records Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月06日 20:12 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

好き嫌いと、善悪、幸不幸、について 6/6


好き嫌いから、
善悪や、幸不幸まで、
一直線に結ぶ人たちの代表は、
原理主義者だろう。

だからといって、当然には、
原理主義は否定できない。
原理主義を嫌って、
一直線に否定する者は、

それもまた、
原理主義者である。



    161105.jpg
    http://luiscezar.blogspot.jp/2011/11/mini-cooper-s-dnarally.html

他人の考えを認めるから、
自分にも自由な思考を、
許すことができる。
その順序は、逆であってはならない。

自由とは、
他人を自由にさせる自分である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年11月05日 22:34 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好き嫌いと、善悪、幸不幸、について 5/6


どれだけたくさんの他人を、
自分の中に棲まわせているか。
        数量的には、
        数え上げることはできないけれど。

それは、言い換えれば、
他人を、他人のままにしておけるか。
        無理に分かろうとしないで、
        放し飼いにしておけるか。

自己中とは、
他人を自分の中に閉じ込めること。
        自分の中の意味に収めてしまったら、
        どれだけたくさんの人と出会っても、

行き着くところは、
自分と出会っているに過ぎない。



    161104.jpg
    http://www.autoblog.com/2015/02/26/

どれだけたくさんの本を読んでも、
どんな本を読んでも、
        スピが読めばスピ、
        カルトが読めばカルト。

不自由とは、
他人を自由にさせない自分である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年11月04日 19:06 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6