FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

そう思わなきゃ、やってられない (*^ω^*) 1/x


わりとよく聞く理由なんだけれど、
子孫繁栄のため、なんだって。
人が生きる理由は。

たしかに、子孫を残そうとする生きものだけが、
種として生き残っているわけだから、
子孫繁栄は、理由っぽく思えてくるが、

でも、そんなのは理由にはならない。
そう思えているからといって、
そんな必然を理由にしていいものか。

わざわざ、理由なんてものにしなくても、
そうなっているのだから、
そうなっているだけではないのか。



    

    I hope you don't mind that I put down in words
    How wonderful life is while you're in the world

    ―― Your Song/Ellie Goulding
    ―― Bernie Taupin 作詞、Elton John 作曲、1970、DJM Records



中学の理科で習ったのは、
物体に力を加えると、
加えた力の大きさに応じて速さが変わること。

例えば、物体を自由落下させると、
時間とともに速さが増すが、
物体は速さを増すために、

落下しているわけではないし、
また、落下するために、
速さを増しているわけでもない。

逆に、物体に力が働かないと、
等速で直線運動を続けるが、
物体は速さを一定にするために、

移動しているわけではないし、
また、移動するために、
等速運動をしているわけでもない。

それらは、僕たちには、理由とは思えなくて、
そう思えていないから、
そんな必然を理由にしなくてもいい。



    

    So goodbye yellow brick road, Where the dogs of society howl
    You can't plant me in your penthouse, I'm going back to my plough

    ―― Goodbye Yellow Brick Road/Sara Bareilles
    ―― Bernie Taupin 作詞、Elton John 作曲、1973、DJM Records



それでも、それとこれとは別で、
理由っぽく思えるんだから、人が生きる理由は、
子孫繁栄のため、としてみようか。

例えば、キノコでも、クラゲでも、
種を保存するための機能は、
生得的に備えているが、

もとより、僕が問いたいのは、
生きものが生きる理由ではない。
人が生きる理由である。

生きる理由を、アメーバと共有して、
それで満足できるのなら、
それでも構わないけれど。

人が生きる理由なんて、
あるのかないのか分からないようなことを、
考えたくないのはよく分かる。

どこかで見つけた、子孫繁栄のため、って答を、
正解にして憶えれば、もう考えなくて済む。
何でもいいから答を得て、

終わりにしなきゃ、やってられない。
そして、そこで終わらなきゃ、
直ちに問いが待ち受ける。

人が子孫を繁栄させる理由は何か。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月09日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自分を機能させる、という物語 7/7 (。-`ω´-)ンー


>訊く先を間違えていないだろうか。
>僕なら、人が生きる目的は、人に訊いて、
>人が答えればいいと思うけれど。

僕たちは、問う存在であるが、
忘れてはならないのは、
僕たちは、問われている存在である。

僕たちは、答を求めるが、
忘れてはならないのは、
僕たちは、答を求められている。



    

    さぁ、正しく見える道 それを歩いておけば
    存外、自分すら騙せたりしちゃうんだ あぁ、今日も終わっていくなぁ

    ―― 魔法電車とキライちゃん/石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2012、1st PLACE



大人になったつもりでいるのなら、
ずっと問いの前に立たされていたことを、
そろそろ、思い知るべきなんだ。

大人になってずいぶん経つのなら、
もう、生きることの意味を問うのをやめて、
そろそろ、答えるべきなんだ。

生きる、ってことは、つまり、
生きることの問いに、自ら答える義務である。
つまり、自分は、どう生きてきたのか。

僕たちは、何のために生きるのか、
なんて問うけれど、しかし、僕たちは、
どう生きるのか、って、今日まで、うんざりするほど、

ずっと問われ続けてきたんだ。



    

    それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて
    殺して あがいて 笑って 抱えて

    ―― 命に嫌われている。/初音ミク
    ―― カンザキイオリ 作詞作曲、2017、2019、神椿レコード



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月07日 00:04 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

自分を機能させる、という物語 6/7 (。-`ω´-)ンー


人が生きる、その目的とか、
理由とか、意味とか、価値とか、

そのあたりの問いは、胡散(うさん)くさい。
例えば、遺伝子とか、神とか、霊とか、

生物学も、宗教も、スピも、
どんな答も確かめようがない。

哲学は、途方に暮れて、答えようとしない。
そんな哲学的な引っかけ問題には、

哲学的に違和を感じて、
戸惑ってみせるのが哲学っぽい。

確かめようがないものごとは、
説得ができないから、

説得はしない、されないのはずなのに、
しようとする、させようとする、

できると思い込んでいる。
説得は、その時点で、説得力を欠く。

思考はどこへも行き着かない。
生物学は、信念を標榜しているだけ、

宗教は、信仰を強要しているだけ、
スピは、願望をたれ流しているだけ。



    

    さぁ、正しく見える道 それを歩いておけば
    存外、自分すら騙せたりしちゃうんだ あぁ、今日も終わっていくなぁ

    ―― 魔法電車とキライちゃん/石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2012、1st PLACE



遺伝子が生きる目的なら、
遺伝子に訊けばいいけれど、

人が生きる目的は、
遺伝子に訊いても答えてはくれない。

宗教の答なら、それが可能かどうかはさておき、
答を神に訊くということで、

スピの答なら、それが可能かどうかはさておき、
答を霊に訊くということで、

星占いの答なら、それが可能かどうかはさておき、
答を星座に訊くということだ。

訊く先を間違えていないだろうか。
僕なら、人が生きる目的は、人に訊いて、

人が答えればいいと思うけれど。



    

    この世は無常 皆んな分つてゐるのさ 誰もが移ろふ
    さう絶え間ない流れに ただ右往左往してゐる

    ―― 獣ゆく細道/椎名林檎、宮本浩次
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2018、EMI Records Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月06日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

自分を機能させる、という物語 5/7 (。-`ω´-)ンー


話は変わるけれど、
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」ってメモは、

何のために生きるのか、
ってのは、さて置いて、

ひたすら、どう生きるのか、
ってのを、表した詩だと思っている。

たぶん、僕のほかに、
誰もそんなことは思っていないから、

そんなのが試験に出題されたなら、
誤答になるのは承知の上で。



    

    超能力があったって 別に何もできやしないなって
    十何年で知ったこと 自分の無力さくらいだった

    ―― サイコなわたし/石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2015、1st PLACE



    雨ニモマケズ
    風ニモマケズ

    雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
    丈夫ナカラダヲモチ ……

    ヨクミキキシワカリ
    ソシテワスレズ ……

    東ニ病氣ノコドモアレバ
    行ツテ看病シテヤリ

    西ニツカレタ母アレバ
    行ツテソノ稻ノ束ヲ負ヒ

    南ニ死ニサウナ人アレバ
    行ツテコハガラナクテモイイトイヒ

    北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
    ツマラナイカラヤメロトイヒ

    ヒデリノトキハナミダヲナガシ
    サムサノナツハオロオロアルキ

    ミンナニデクノボウトヨバレ
    ホメラレモセズ

    クニモサレズ
    サウイフモノニ

    ワタシハナリタイ
    ―― 雨ニモマケズ/宮澤賢治



    190629.jpg



よく見聞きして、理解して、
そして、忘れず、

その手で、ものを作り、
文字を書き、

手渡して、受け取って、
その足で、西でも東でも、

誰かを気づかって、
歩き回ればいい。

頭を使って、身体を使って、
心を動かせて、

そういう者になれば、
何の役にも立たなくても、

人生は機能しているが、
デクノボウ、なんて呼ばれかたは、

できれば、されないほうがいい。
令和の今なら、もう少しくらい、

何かの役に立ったほうがいい。



    

    気遣つてゐるやうで気遣わせてゐるんぢやあ 厭だ
    自己犠牲の振りして 御為倒(おためごか)しか、とんだかまとゝ

    ―― 獣ゆく細道/椎名林檎、宮本浩次
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2018、EMI Records Japan



ひたすら、どう生きるのか、
ってのを、表した詩なのに、

詩が、計らずも、何のために生きるのか、
ってのも、説明を始めようとしているのなら、

何のために生きるのか、
ってのは、すなわち、

どう生きたのか、で答えるんだ。



    私はかつて正しかったし、
    今もなお正しい。
    いつも、私は正しいのだ。
    私はこのように生きたが、
    また別の風にも生きられるだろう。
    私はこれをして、あれをしなかった。
    こんなことはしなかったが、
    別なことはした。
    そして、その後は?
    私はまるで、あの瞬間、
    自分の正当さを証明されるあの夜明けを、
    ずうっと待ち続けていたようだった。
    ―― 異邦人/カミュ



    ―― 宮沢賢治詩集/宮沢賢治 著
    ―― 谷川徹三 編、1950、岩波文庫
    ―― 異邦人/アルベール・カミュ著
    ―― 窪田啓作訳、1954、新潮文庫



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月05日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

自分を機能させる、という物語 4/7 (。-`ω´-)ンー


馬鹿みたいな話だけれど、
生きる意味について考える人なんて、
スピや宗教を除いては、

そうそういないから、
捨て石になったつもりで、
もうしばらく馬鹿を続けてみる。



    

    曖昧な言葉を全部 一から十まで数えて味見をするよ 僕たちは
    その中で少しだけ変な味があったような それを今度は僕が拾うのさ

    ―― 君はいなせなガール/石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2012、1st PLACE



掃除ロボットの僕にとっては、
自分が機能する、ということが、
そのまま、目的を果たすことになる。

掃除のために生きている、ってことも、
掃除とは何か、ってことも、
知らなくても、目的を果たすことになる。

モーターもファンもフィルターも、
ローラーもブラシもタイヤも、
もっぱら、掃除のために作られているから、

それらが機能することで、
即ち、同時に、原理を満たす。
つまり、機能主義とか原理主義とか、

そんな対立は考えなくてもいい。
機能主義=原理主義であるのなら、
原理は知らなくてもいいから、

機能させることに集中すればいい。
そして、人は、機械とは違って、
頭を使って、身体を使って、

心を動かせているうちに、
自ら機能を向上させるような、
自己組織化する掃除ロボットである。

原理は、その後でも遅くない。



    

    生きているうちはずっと旬だと そう裏付けて
    充たして いまを感じて覚えて何時もより 生きて、生きて、活きて居よう

    ―― 旬/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月02日 00:03 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

自分を機能させる、という物語 3/7 (。-`ω´-)ンー


突拍子もない話だけれど、
僕は、掃除、という目的のために作られた、
掃除ロボットである、と妄想してみる。

誰だって、好き好んで人として、
生まれてきたわけではないように、
僕だって、よりによって掃除ロボットとして、

生まれてきたことについては、
何の感慨もないままに、
気がつけば、僕は、

掃除ロボットだった、と妄想してみる。



    

    最初の頃なんか 思い出せないな みんな変わっていったな
    比べようもないような そんな日々すら「昔がよかったなぁ」だって

    ―― 昨日を/000×石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2012、1st PLACE



掃除ロボットとして生まれた僕は、
僕の目的、つまり、自分が、
掃除のために作られたことを知らない。

しかし、そんなことは知らなくても、
カメラや、センサーを駆使して、
室内の形状を憶えて、

障害物をマッピングして、
自分の位置を把握しながら、
掃除の計画を立てたりする。

そもそも、掃除、ってのが、
僕には、何のことかがよく分からないけれど、
それでも、僕は、掃除をしているらしい。

充電が切れそうなときに、
当然のように充電台まで戻って、
しばらく機能を失う間のほかは、

僕は、常に、掃除をしているらしい。



    

    忘れないようにしても そこから立ち去ることと 揺らがない想い
    なぜか 思い出せないことばかり 浮かんでくるのさ

    ―― 忘れないように/くるり
    ―― 岸田繁 作詞作曲、2018、Speedstar Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月01日 00:08 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分を機能させる、という物語 2/x (。-`ω´-)ンー


加えて、神、なんて大きな物語でなくても、
しょぼい僕の、しょぼい物語でも、
果たせるような目的であること。



    

    表札とかレッテルとか 早い目にはがして 濁りのない強い目でさ
    前だけ見れたらなぁ でもさ、そんな人なんて 気持ちが悪いよな

    ―― 魔法電車とキライちゃん/石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2012、1st PLACE



僕たちが想い描く小さな物語でいえば、
かつての、努力が報われるような物語、
つまり、勝ち負けはあるにしても、

ゲームを進めているうちに、
みんなが成長できるような、
ボードゲームのような物語でも、

今どきの、その場で状況が変わり、
次の展開では、敵と味方でさえも、
入れ替わるような物語、

つまり、勝ち負けでいえば、
誰かに対しては勝てるけれど、
誰かに対しては負けるような、

カードゲームのような物語でも、
いずれも、果たせるような目的であること。
それは、原理はさて置いて、偏(ひとえ)に、

自分を機能させることだと思っている。



    

    生きているうちはずっと旬だと そう裏付けて
    充たして いまを感じて覚えて何時もより 生きて、生きて、活きて居よう

    ―― 旬/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年06月30日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自分を機能させる、という物語 1/x (。-`ω´-)ンー


生命も、心も、生も、死も、
いくらでも語ることができるし、
かつ、少しも語れる気がしない。

それら自体の、意味とか、
正しさとか、価値とか、
目的とか、根拠とか、

そんなのは、何も言えない、
ってのを前提にして、それでも、
生きる意味について語ってみるとすれば、

まずは、根拠のない妄想だけど、
僕は、何かの目的のために作られた、
って仮定してみる。

それは、神を措定する、と言い換えてもいい。
創造主がいる、と措定して、
その創造主には目的がある、

って措定してみる。



    

    いつかは仕返しだって 見事にやってやる
    だから覚悟は しておいてよね あなたのことです

    ―― ゲラゲラと笑うな/石風呂
    ―― 石風呂 作詞作曲、2013、1st PLACE



生まれる前から決まっていた目的を、
でっち上げるつもりはなくて、
生まれてから、死ぬまでの、

生の外側のことは、何も言えない、
ってのを踏まえて、僕が言いたいのは、
目的なんてものを知らなくても、

目的を果たせる、ってこと。



    

    マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
    毎晩絶頂に達して居るだけ

    ―― 丸の内サディスティック/東京事変
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、1999、‎東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年06月29日 00:01 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不作為にはフラグが立たない、という物語 (。-`ω´-)ンー


>酔っぱらって、裸になって、
>寝て、起きて、息子に怒って、孫を呪う、

自制が効かなくなるのは、
好ましくはないけれど、
        昔から、酒癖が悪い人はいる。
        酔って、脱ぎたがる人はいる。

ノアが、日頃からそんな人だったら、
それは、いつものことで、
        ことさらに、問題は起きなかった。
        日常的に、問題ではあるけれど。



    

    お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する。
    生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。

    ―― 命に嫌われている。/初音ミク
    ―― カンザキイオリ 作詞作曲、2017、2019、神椿レコード



では、カナンが呪われた理由は、
ノアが、常々、そんな人でなかったからである。
        酒を飲んでいなかったからである。
        酔って、脱いでいなかったからである。

理由、ってのは、
どこにフラグを立てるか、ってことで、
        物語、ってのは、
        立てたフラグを関連づける、ってことだ。

僕たちは、不都合が起きてから、
理由を探し始めるから、
        いつだって、その時々の、
        作為から原因を拾ってくる。

不作為は、作為以外の、
すべての可能性のことであり、
        不作為は、継続して不作為だから、
        フラグを立てる位置が定まらない。

        探せば探すほどに、埋もれてしまう。
        特定できずに、見失ってしまう。



    

    答は無いの? 誰かの所為にしたい
    ちゃんと教育して叱ってくれ

    ―― 群青日和/東京事変
    ―― 椎名林檎 作詞、H是都M 作曲、2004、Virgin Music



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年06月28日 00:04 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ゲームに参加しないとルールが分からない、という物語 (。-`ω´-)ンー


>酔っぱらって、裸になって、
>寝て、起きて、息子に怒って、孫を呪う、

そんなノア爺さんは、僕たちの想像を絶するくらいに、
出来が悪い人だった、って想像してみる。

例えば、あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ、
なんてパラダイムなど、600歳になっても、950歳になっても、

ノアには、まったく分からないし、考えることもできなくて、
それは、考えない、というよりも、考えられない、というよりも、

もっと無垢な、考えるということ自体を知らないような。
まき散らした砂粒の模様をぼんやりと眺めているような。

あるいは、あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ、
ってフレーズを考えようとした途端に、構文が壊れ始めるような。

愛(って?)に隣人(こいつのこと?)を自分(なんで、おれが?)、 とか、
自分(なんで、おれが?)に隣人(こいつのこと?)を愛(って?)、 とか。

隣人愛なんて持ち合わせていたなら、ノアは生き残っていない。



    

    「正しいものは正しくいなさい。」 「死にたくないなら生きていなさい。」
    悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。

    ―― 命に嫌われている。/初音ミク
    ―― カンザキイオリ 作詞作曲、2017、2019、神椿レコード



さらに話を混乱させると、仲良しの隣人なら、
わざわざ誰かに言われなくても、誰だって仲良くできるから、

隣人とは、実は、どうしても仲良くなれない人たちや、
遠く離れた知らない人たちのことを指していて、

ってことは、隣人愛は、実際には、隣人愛を否定することになるけれど、
もちろん、ノアにそれを言っても無駄である。

ノアが馬鹿で、僕たちが利口、ってわけではなくて、
あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ、ってのは、

僕たちが、当たりまえに生活している日常の、
根っこに採り入れられたルールであり、それは、ゲームに参加して、

他のプレイヤーと共に生きてみないと分からない。



    

    生きてるっていうことが何より大事だなんて
    それなら僕らはなぜ夢を見続けてるの

    ―― 願い/琴音
    ―― 琴音 作詞作曲、2018、Eggs



あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ、ってのは、
革命家の転回で、驚きの哲学で、なんともロックな思想だ。

イエス・キリストは史上最高のロック・スターである。
ジョン・レノンは、We're more popular than Jesus now って言ってたけれど。

あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ、ってのは、
キリスト教だから、ってレッテルを貼って、自分から区別しようとしても、

誰も自分から切り離すことができないメッセージである。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年06月25日 00:04 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4