馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

詩とパンチラ


パンチラには詩があるか。
たくさんあるか、
少しはあるか、
ほとんどないか。

パンチラは、
ほとんど詩を含まないけれど、
ほとんどないから、
詩が切り取られる。

空や雲や月や、
風や雨や花なら、
どこをどう縁取っても、
まるごと詩だらけで、

詩を取り出せる気がしない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年04月08日 21:36 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

古池や蛙飛びこむ水の音、閑さや岩にしみ入る蝉の声 5/5


景色が、音を、
生み出していたのかもしれない。
景色が、音を、
消し去っていたのかもしれない。

確かなものは、池や岩で、
音は、不確かに成り下がる。
僕たちは、聞こえない音を聞き、
あるいは、聞こえる音が聞こえない。

僕たちに認識された空気の振動を、
僕たちは音と呼ぶが、
実際に空気が震えていたかどうかは、
僕たちにはどうでもいい。

実際の空気の振動は、
もはや確かめようがないことであり、
確かめても、僕たちが認識していなければ、
音とは呼べない振動になる。

僕が作り出した音でも、
それは、僕には、音としか言いようがなく、
僕が作り出した静寂でも、
それは、僕には、紛れもない閑(しずか)さになる。

事実はなく、解釈だけがあり、
音は、心許ない解釈の結果である。



        161224.jpg
        http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/30435/



「古い池です」、
「蛙が飛び込む水の音がします」、
芭蕉からの報告はそれだけである。
情報量は17音で、極めて少ない。

「閑(しずか)さです」、
「蝉の声が岩にしみ入ります」、
それ以外の報告は、
必ず誰かの虚構になる。

僕からの報告が多ければ多いほど、
必ず芭蕉のメッセージに嘘が混じる。
考えれば考えるほど、
虚偽のレポートになってしまう。

芭蕉が何を思っていたか、
なんてことは、僕には知る由(よし)もなく、
僕が、この句の意味を考えることは、
間違えることが運命づけられている。

考えるのなら、主語は僕にしなければならない。
以上の報告者は、僕である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月25日 19:41 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

古池や蛙飛びこむ水の音、閑さや岩にしみ入る蝉の声 4/5


僕は、蝉時雨(せみしぐれ)の中を歩いている。
足元の岩に気を取られながら歩いていて、
蝉は視界には入らない。
せんせんせんせんせん…。
僕はその音を聞いていたのだろうか。

閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉の声

        単調で鳴り止まない蝉の音は、
        容易に忘れられて、閑(しずか)さが訪れる。
        僕は、岩を見ながら歩いていたことで、
        聞こえていたはずの蝉の音を、
        どこかの岩に、置き去りにしてきたのかもしれない。

僕たちは、部屋にいるときに、
雨の音を聞き続けることができない。
窓から外を見たときに、
雨の音を聞いていたことに気づく。
降り止まなかった雨の音が戻ってくる。

        ずっと聞こえていたのかもしれないし、
        聞こえていなかったのかもしれない。
        僕は、蝉が鳴く姿を、
        注視していたわけではなく、
        蝉が鳴く音を聞いていただけだから。

        景色が、音を、
        消し去っていたのかもしれない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月25日 12:14 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古池や蛙飛びこむ水の音、閑さや岩にしみ入る蝉の声 3/5


古池や蛙飛びこむ水の音、
その対句として、
閑さや岩にしみ入る蝉の声、
しずかさやいわにしみいるせみのこえ、
を考える。

「蛙」と「蝉」、
「池」と「岩」、
「音」と「閑(しずか)さ」、
それぞれが対になり、
同じことを言いながら、

まるで逆の意味になる。



        161223b.jpg
        http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sazaesan/sazaesan_cast.html



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月24日 12:04 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

古池や蛙飛びこむ水の音、閑さや岩にしみ入る蝉の声 2/5


僕が歩いていて、
古池に行き当たる。
僕は池を見て、蛙が飛び込む音を聞く。
ぽちゃん…。
僕はその音を聞いていたのだろうか。

古池や蛙飛びこむ水の音

        僕たちは、蛙が池に跳び込んだときの、
        音を知っている。
        人それぞれに違っていたとしても、
        それが、どんな音なのかは、
        それぞれに想い起こすことができる。

僕が、さっき聞いた音は、
池を見ていたことによって、
想起された音の記憶かもしれない。
僕の耳は、僕の目が連れてきた音を、
聞いていたのかもしれない。

        まるで違う音だったのかもしれないし、
        音など聞かなかったのかもしれない。
        僕は、蛙が池に飛び込むのを、
        注視していたわけではなく、
        微かな水音を聞いていただけだから。

        景色が、音を、
        生み出していたのかもしれない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月24日 12:04 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古池や蛙飛びこむ水の音、閑さや岩にしみ入る蝉の声 1/x


松尾芭蕉が何を思っていたか、
なんてのは、僕には関係がないから、
主語は僕になる。

考えるのは僕であり、芭蕉ではない。
芭蕉の心情を考察できる人がいるのなら、
芭蕉を主語にすればいい。

まずは、
古池や蛙飛びこむ水の音、
ふるいけやかわずとびこむみずのおと、

僕が、この句の意味を考える。



        161223a.jpg
        http://chibimaru.tv/about/chara/



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月23日 20:31 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

詩論 ―― 子供仮説 (`ω´)キリッ 4/4


仕方がないから、大人と子供を、
繋(つな)いでみようと試みる、
塞(ふさ)いでみようと試みる。

拙(つたな)い言葉で戦いを挑み、
継ぎ足してみようと試みる、
投げ入れてみようと試みる。


    僕の中の子供が、
    狂気の地平に降り立って、
    言葉を拾い集めてくる。

    僕よりもふた回りも小さい、
    僕によく似た手がつかんだ答なら、
    笑われても、馬鹿にされても構わない。

    それを僕の答にしよう。


詩人は、死に損ないの子供であり、
詩は、狂人の戦記であり、
届かない懸隔であり、

埋まることのない陥穽である。



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年03月10日 20:04 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

詩論 ―― 子供仮説 (`ω´)キリッ 3/4


どれくらいの割合だろうか。
子供を殺し損なった大人がいて、
死に切れない子供も育ってしまう。

子供が、純朴な問いを投げかける。
僕は、当たりまえのことに立ち止まり、
子供みたいに考えてしまう。


    当たりまえのことについて考えている大人は、
    控えめに言っても、気が触れている。
    まともな大人なら、一生に一度も考えない。

    考える人は、考えるな、と言われても、
    考えることをやめないし、
    やめよう、と思ってもやめられない。

    考えない人は、考えろ、と言われても、
    考えることはないだろう。
    きっと問いにさえなっていないから。

    ふつうなら問いにさえならないことを、
    問いにしてしまう人は、その問いに、
    答がないことにも気づいているはずだ。

    それでも、考えることはやめられないから、
    ありがちな答は教えてくれなくてもいい。
    それが世の中的に正しい答であっても、

    なくならない不思議があるかぎりは。



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年03月10日 20:02 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

詩論 ―― 子供仮説 (`ω´)キリッ 2/x


あるいは、大人が子供に取り憑いて、
子供を殺して、身体を奪い、
そのまま逃げ切るつもりになっている。


    ふり返ってみれば、
    子供は子供が思っているほど子供ではなかったし、
    大人は子供が思っていたほど大人ではなかった。

    しかし、それは大人になってから思うこと。
    大人の僕が、子供の頃の僕を捉え直すなら、
    大人と子供の差異は小さくなって当然だ。

    今、僕が子供の頃の僕を想い返すなら、
    それは子供の頃の僕ではなく、
    大人の思考で考える小さな大人でしかない。

    子供の頃の僕は、この世界のどこにもいない。
    その理由は、ひとつだけ、
    僕が大人になってしまったから。


    子供の頃の僕は、大人の僕に想い起こされて、
    歪められて、書き換えられても、反論を許されない。
    まるで死者のような扱いを受けている。

    この世界のどこにもいなくなって、
    死者のように扱われるとは、どういうことだろう。
    僕は、どこまでも鈍感にできているらしい。

    僕のほかに、誰が殺せるのか。



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年03月04日 20:14 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

詩論 ―― 子供仮説 (`ω´)キリッ 1/x


小学校に入った頃だろうか。
系統図は、子供と大人に分岐を始める。
子供は枯死して、いずれ途絶える。

子供に大人が寄生して、
狂わされた子供は、大人の世界に連れ出され、
小さな大人に生まれ変わる。

あるいは、蛹(さなぎ)が作られる。
蛹の中で、子供は壊れて溶解し始め、
やがて羽化して、大人の空を飛ぶ。



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016年03月03日 12:03 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5