馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

写経の効用


写経はいいぞ。
心が落ち着く。
実にいい気分だ。
写経を始めて、今日で4日め。
もう三日坊主とは言わせない。

やってみれば分かる。
どんな意味なのか、
わけが解らないし、
その行為にも意味がないから、
とても落ち着く。

どんな意味なのか、
わけが解って、
その行為にも意味があるのなら、
落ち着いてなんか、
いられるものか。

誰かが考えてくれた、
小難しい説明を、
ひたすらコピペしているのは、
実にいい気分だ。
心が平安に保たれる。

写経はいいぞ。



    170523.jpg

    誤、貧因、
    正、貧困。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月23日 21:08 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フレアスカートの中で


フレアスカートの中で、
天使は何人踊れるか。
        意味の欠如なのか、
        意味の過剰なのか、
問いの意味が、
不確かだけれど、
        意味などなくても、
        春は来ている。

春の風なら、
スカートを揺らせ。
        春のスカートなら、
        風に揺れろ。
天使がいるなら、
まくり上げろ、
        たくし上げろ、
        持ち上げろ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年04月08日 12:54 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

訪問者


トマト色のNinjaの後ろに、
白いMiniが隠れている。

        トマトを盛つた盆のかげに
        忘れられてゐる扇
そんな詩を思い出した。
訪問者/伊東静雄。


誰かがうまく語れないことを、
小器用な、僕の言葉に、
        落とし込んでも仕方がない。
        大切なのは、語れなさ、だから。
うまく言ってしまうのは、
ぜんぜん違っている。

        言いたいことは、
        言えなさ、だから。

    170318a.jpg

    ばくおん!!/おりもとみまな 著、
    2012、秋田書店



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年04月07日 14:41 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セルフ給油


トマトを盛つた盆のかげに
忘れられてゐる扇
―― 訪問者/伊東静雄



    170406.jpg

外科手術か、
爆発物処理くらいの、
意気込みを感じる。

初めての給油に、
全力で取り組む。
笑えるくらいに。

その小さな手で、
できることが、
今日、またひとつ増えた。

新しい世界に、
踏み出した彼女に、
僕が、手垢のついた言葉で、

何かを言うのは、
不遜に過ぎる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年04月06日 12:51 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スクフェス全国大会


スクールアイドルフェスティバル、
略して、スクフェス。
        スクフェスは、スマホのゲーム。
        スコアを競い合う競技会が開催され、
上の子は1次予選を通過した。
彼女は並外れてゲームが巧い。

        今日、インテックス大阪で、
        2次予選会があった。
コスプレ用の着ぐるみを背負って、
Ninjaで会場に乗りつけた。

        彼女はまったくミスらずに、
        フルコンボで勝ち上がる。
彼女はやることが半端ない。
嘘みたいなことをやってのける。
        準決勝でミスを重ねて、
        敗退したけれど。
  
        She's so coolっ!

    170401.jpg

    https://lovelive.bushimo.jp/festival2017/



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年04月01日 21:04 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コスプレの閾値


少女には、ごく普通、
であるゆえに、
少女以外には、極めて特別、
という女装。

セーラー服は、
強力な記号。
コスプレの閾値であり、
かつ、極点である。


    170323.jpg
    http://bakuon-anime.com/



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年03月23日 19:23 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

納車は27日


心にぽっかり空いた穴を埋めたい。
風になろう。



    170318a.jpg

    ばくおん!!/おりもとみまな 著、
    2012、秋田書店



続きを読む

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年03月18日 20:07 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Ninja 250


昨日、彼女はバイクを買った。
カワサキ Ninja 250、
        色はオレンジ、
        2016年モデルの新車。
今日、彼女は学科試験に合格して、
免許証の交付を受けた。

        Ninja 250の本体価格は、
        税込み553,500円。
それは、彼女が1年をかけて、
バイトで稼いだ、ほぼ全額に相当する。
        彼女は高校1年生、
        16歳と1か月。

        She's so coolっ!

    170314.jpg



続きを読む

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年03月14日 20:12 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

踊らされる者へ、あるいは、パノプティコンについての補足


        フーコーは、『監獄の誕生』で、
        ベンサムが設計した刑務所、
        「パノプティコン」について言及した。
それは、看守が囚人たちを、
一望できるように設計された監獄で、
        看守は囚人をいつでも監視することができ、
        囚人は、看守にいつ監視されているのかを、
        知ることができない装置である。


    170124.png



囚人にとって、看守とは、
囚人による看守の視線の内面化である。
        監視妄想に陥ることが、
        囚人を囚人らしくさせるのであって、
        看守は、囚人に一瞥も与えなくてもいい。

ベンサムが設計した刑務所は、
ネットに似ているが、
        看守は、囚人のことなど、
        関心を持たず、忘れていてもいい。
        それが看守の所作だから。

囚人のブログには、
看守への悪口が綴られるだろう。
        その刑期を終えるまで、
        憑りつかれたように延々と。
        その本質は、自分への悪口にほかならないが、

        それが囚人の所作だから。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年02月23日 12:08 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

認めよう


        僕に批判的なブログを紹介する。

>このブログのタイトルが『感謝感激雨霰』に変わった頃、
>このブログを見ているある人物が、その人自身のブログを「感謝とは…」みたいなタイトルで更新していた。
        『感謝知らずな惑星』だろうか。
        ―― 2015/06/21、『感謝知らずな惑星』
        彼女のブログ、『感謝感激雨霰』の「感謝」をパクって、
        僕が、『感謝知らずな惑星』というタイトルをつけた、
        という主張らしい。
        そうかもしれない、認めよう。

>思い出話とか、過去のことをあたしが書くと、
>その人のブログは「現在の不在」とか何とかいうもったいぶったタイトルで更新されていた。
        これは、『「現在の不在」仮説』。
        ―― 2016/03/14~03/19、『「現在の不在」仮説 (。-`ω´-)ンー 3/3』
        彼女の、過去の思い出話をパクって、
        僕が、『「現在の不在」仮説』というタイトルをつけた、
        という主張らしい。
        そうかもしれない、認めよう。

>宗教について書くと、
>その人のブログは「神の……」とか何とかいうタイトルで更新されていた。
        これは、『神の無理ゲー』。
        2016/03/21~04/11、『神の無理ゲー (。-`ω´-)ンー 5.c/5 ―― multiple endings』
        彼女の、宗教の話をパクって、
        僕が、「神」という語を含むタイトルをつけた、
        という主張らしい。
        そうかもしれない、認めよう。

>「人の文章をちゃんと読んでる(正確に読みこなしている)人って少ない」とあたしが書いたら、
>その人は、「誤読のナントカ」みたいなもったいぶったタイトルで書いていた。
        これは、『誤読という出来事』。
        ―― 2015/12/15~12/18、『誤読という出来事 4/4』
        彼女の、他人の文章が正確に読めない話をパクって、
        僕が、「誤読」という語を含むタイトルをつけた、
        という主張らしい。
        そうかもしれない、認めよう。

>何このパクり方。
        同意する。
        何だろう、そのパクり方は。
        そんなパクり方はあり得ない。
        感謝、現在、神、誤読、
        そんな不思議なパクり方をされたら、
        誰だって不愉快になる。

>ていうか、そんなネタの拾い方しかできないんだったらブログなんかやんなよ~~~
        1年数か月にわたって、
        4回もパクられたら、
        誰だって不愉快になる。
        彼女は、昨年の夏から最近まで、
        ブログを更新していないが、
        その間、僕は、ネタが拾えなくて、

        困っていたのかもしれない。
        僕は、100回以上、困っていたことになる。

>そしてまた、そうやって更新したブログを、あたしに見せようとすんなっ!!
>お願いですから、もう来ないでください。
        そうしよう。
        ただし、感謝、過去や現在、
        宗教や神、誤読、
        僕が、それらの語を頻繁に使うことは、
        許容してほしい。
        記事の内容については触れていないが、

        安心していい。
        重なり合うことはないと思う。

        彼女に病名をつけるのは簡単だから、
        それは、問題にしない。
        僕の文章を馬鹿にするのも、
        読み手の自由だから構わない。
        問題にしたいのは、
        僕がパクったかどうか。

        僕は、彼女の主張をすべて認めても、
        パクったことにならないと思う。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年01月26日 17:03 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6