馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

加藤諦三 ―― 依存症 0.e/x


ひと休み、ひと休み。



    170501.jpg
    https://littlebarrie.bandcamp.com/album/king-of-the-waves

    Little Barrieのアルバム「King Of The Waves」、
    全曲、試聴できる。



無批判でいられるのは、
誰からも批判されないから。
つまり、誰もが、
無批判でいるから。

それを常識と呼ぶのなら、
馬鹿と呼ばれる常識を知らない者は、
考えるのをやめれば、
きっと、利口になれるのだろう。

常識しか知らない者は、
当然のこととして利口だ。
いくら努力しても、
たぶん、馬鹿にはなれない。

そして、たいていの大人は利口で、
たいていの大人と共に、
たいていの大人を、
利口と呼び合っている。

当然のこととして、
どこまでも、無批判に。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月02日 21:47 |
  2. 反加藤諦三
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

コメント

馬鹿は馬鹿なりに悩む訳よ。
今度やったら、大変なことになると分かっているのにやめられない。
アルコールやギャンブルの人は、借金つぎ込んで、やめられない。
はたから見ると、馬鹿だ。
で、高部知子のように「依存症は意思の弱さではなく、脳の病気」とか説かれると、これまた困る。
脳の病気、なら、治らないということ。
条件反射制御法が、今のところ、動物脳にも効くとされてますがね〜。
  1. 2017/05/03(水) 00:36:58 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

私の国語辞典には、【常識】(ry②わかりきった考え。ありふれた知識。「そんなことは-で考えなさい」とありました。苦手分野なだけに、例文がなんか怖いっす。m(__;m
  1. 2017/05/03(水) 23:40:03 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

友達と酒飲んだりしてると、
「おまえ、馬鹿言ってんじゃねーよ。」
「うるせえな、馬鹿野郎。」
というような会話が楽しくぐだぐだと続くことがあります。
お互いを馬鹿だと言い合えるような関係を、全ての人と結び合うのは難しいけれど、少しは必要でしょう。
友人達との会話では、
「お前、そんな馬鹿なことはホントにやめとけっ。」という真面目な忠告が適度に混ざっているから。
  1. 2017/05/06(土) 09:54:26 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

はじめて聞いたけど。
いいね!
ふぇんだーくさい生音くささが。
ギター以外いまいちだけどw
  1. 2017/05/07(日) 13:37:31 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

・・・・。

Now We're Nowhere
いいなあw
たまりませんね

wwww
後半の曲すごいなwww
ギター初めて持ったガキ

スティーブハウ(笑)の息子なのねドラム
こーゆーギタリストにホレてまったのね。
そこで一句
反抗期わかる気がするノンエフェクト
  1. 2017/05/07(日) 14:06:02 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

そうですね~。
やめる意思がなければ、つらくない。
本気でやめる気になった意思の強さが、
やめられない意思の弱さを知ったときに、
つらいわけだ。
  1. 2017/05/08(月) 22:53:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

国語のテストみたいなものかな。
自分が思っていることではなくて、
みんなが思っていそうなことを答える。
それが正解になる。
  1. 2017/05/08(月) 22:54:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

選択肢として、馬鹿も候補に上がってるのがいいね。
利口しか選べないのではなくて。
この馬鹿はまだいいけど、
その馬鹿だけはやめとけw。
  1. 2017/05/08(月) 22:55:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

でしょw、
元ギター小僧としては、
たまんないことをやってくれてる。

>スティーブハウ(笑)の息子なのねドラム
でしたか~w、なんか、うれしくなるなぁ。

ミニのカセットデッキで聴く、
歪んで割れた音のリトル・バーリー、
最高だ、最高だ。
  1. 2017/05/08(月) 22:56:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ばくおんなまおん

ひと,にさ,わかってほしいことを持ってる,ってことがだいじなことだよねw

他者への批判も含めて。
そもそもさ,それは自己愛からくるんじゃなくて,
社会にコミットしたいという気持ちからでてくる

それがコトバというもんだとおもうけれども,

なまのことばは,言葉そのものの意味より,発した人の人格やTPOでもって身構えてきく人が多いし。
かってなエフェクトがなされてつたわってしまう。
ちゃちなリバーブで美化された言葉になって。

言いたいことを言う,それだけのことで人格批判される,
コトバというものを持ってる意味がないことになってしまう

音がでかい,とおこられる時くらいよ。すなおにゴメンといえるのは。
  1. 2017/05/08(月) 23:51:48 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、良いこと言うね〜。
しかし、依存症については、厚生労働省も、「依存症対策」で、これは「コントロール障害」で、どんどんエスカレートしていく病気だから、「止め続ける」事が大切で、すると、脳も、それを受け容れる。と書いている。
僕の場合は、拘置所に長く居たから、「止め続ける」事が出来たし、出たら、本屋に寄らない事が「儀式化」しちゃった。
結局、現実を認めること、自分の弱さを受け容れること、そうすれば変われる。人は変われる。それが結論。
  1. 2017/05/09(火) 00:07:48 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>ひと,にさ,わかってほしいことを持ってる,ってことがだいじなことだよねw
分かってほしいことは、
なにを今さらのような、
分かり切ったようなことではないよね。
そして、その多くは、容易に他人に認めてもらえるようなことではなくて。
分かり切ったことや、承認を得やすいことは、
分かってほしいことではないもんね。

>そもそもさ,それは自己愛からくるんじゃなくて,
>社会にコミットしたいという気持ちからでてくる
突き詰めると、自分が好きなだけ、って方向に行くけれど、
そんなところには行きたくない、って気持ちはどうするw。
人それぞれでいいんぢゃないですか、ってことでオチにするけれど、
そんなところに落ち着いていられない気持ちはどうなるw。
考える人なら、自分が好きとか、人それぞれとか、
心にもないフレーズでは結べなくなる。
逆に、人と人がコミットする起点になるよ。
  1. 2017/05/09(火) 14:37:36 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>玄さん、良いこと言うね〜。
うん、うれしくなるよ。

>結局、現実を認めること、自分の弱さを受け容れること、そうすれば変われる。
それが僕にとってどういうことなのかが、
解らんのよねw。
変わるためには、変わる方法を見つけること、みたいな、
混ぜっ返しがあるんだわ。
いんちき坊主のようなトートロジーから抜け出すのは、
変わった後ではないのかな。
変わるってことは、いつだって、追認ではないのかな。
  1. 2017/05/09(火) 14:40:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

へんなコミュニティだよね、ココ。here.

自己愛はわるいことじゃない,でも,自己愛は沈黙だよ。コトバは必要ない。

>いんちき坊主のようなトートロジーから抜け出すのは、
>変わった後ではないのかな。
>変わるってことは、いつだって、追認ではないのかな。

青梗菜,良いこと言うね〜。

さらにまぜっかえせば
「得魚而忘筌,得兔而忘蹄」


追:
今検索したら…「目的を達してしまうと、役立ったものの功を忘れてしまう」
これまちがい。マッタク日本的ダメダメな解釈。
「功」ではなく,「効」でもなく,あえていうなら「用」ですね


わたしの座右の銘は・・・得意而忘言。

これ「自由自在体」の至境という・・・。

しかし現実は・・・・不得且拘言・・・・ははは
  1. 2017/05/09(火) 15:23:29 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>「得魚而忘筌,得兔而忘蹄」
魚をゲットしたら、捕獲する道具を忘れる、
ウサギをゲットしたら、牛とか羊とかを忘れる、
そう読めます。
蹄は、有蹄類と解釈しましたw。
空白が多いというか、情報量が少ないというか、
感情移入や解釈を促す抽象性を感じます。
なので、検索はしませんw。
最初に思ったのは、忘れちゃいかんのか?
ってことです。
忘れていいよ、忘れよう、って誘っている気がします。

>得意而忘言
意味が分かったら、説明を忘れる、
意味が分かれば、上手くは言えなくなる、
そう読めます。

おれっの~目をぉ見ろ~、
なんにぃもぉ言うぅな~♪
何かを言うことで、
違和感、不一致感に気づいてしまう。
だから、無理に空白を埋めようとせずに、
北島三郎的に空けておく。
ひとりぐらいはこういう馬鹿が、
いなきゃ世間の目が覚めぬ♪
  1. 2017/05/09(火) 19:26:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

検索してみて、
筌、は捕獲用ツールで合ってる。
蹄、も捕獲用トラップですか~、
なるほど。

>意味が分かったら、説明を忘れる、
ってのは合ってるらしい。
>意味が分かれば、上手くは言えなくなる、
なんてことは誰も言ってないなぁw、
なるほど。
  1. 2017/05/09(火) 23:05:38 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

m(__)m

うん,青梗菜言につけくわえただけなんだけど。

>忘れよう、って誘っている

さすがっ青梗菜っとおもいます(えらそーですがm(__)m)

>変わるためには、変わる方法を見つけること、みたいな、
>混ぜっ返しがある

>変わるってことは、いつだって、追認ではないのかな。

という指摘にわたしは共感したんです

つまり,「体」が意識して物を「用」いる,用いつづけて何かを為す,というのは有為であって,作為である,それははたして変化したことになるだろうか,と。

ほんとうの自得ではない。このばあいの自得は「変化を得る」,だけど,

つまり,変わる,その渦中にあってはわからない,忘れているがごとき,と。

無為とは,かえりみられなくなった筌・蹄のごときものだ,という
在野の漁師も猟師も,それは自得している,融通無碍だ,と。

作為と無為のパラドクスを考え続けた『莊子』らしいひねくれた喩えなんですが。
最も難しい,『莊子』の命題です
ネットで日本語で出てくるのはすべて間違ってますw

そして忘言,『莊子』からひきつがれたのが,「不立文字」という文字禪の境地,と。


追;日本人の禅は,『莊子』から佛敎をよみとかないから,まるでとんちんかん何でも矮小化して,「心で悟りを啓く仏教体験」スピのハウツーみたいなことでかたづけてるけどw「心で」と言うのが全く厳密じゃない。大ざっぱすぎる

こころってなんです?と突っ込み入れたくなる。

“忘” は亡+心。
心亡びれば残るのは
(精)神, “おのずから” ,のみ,と。

自由と無為は我より出ずる,それが,「禅那」だ,
もっといえばゴッド,「神=精神」とは,「自」のことだ,というありがたい無敵のおしえなんです。

  1. 2017/05/10(水) 01:12:56 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

でもさ,一番怖いのは
もの忘れ,だね

物忘れは意図してできるのか。

いつも思うよ。
理性をうしなう,と,ものをわすれる,は
どっちがより他人に不快や害を及ぼすか,といえばあたりまえに理性を失うでしょ,

理性は失わない方がいいな・・・
  1. 2017/05/10(水) 14:51:08 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>さすがっ青梗菜っとおもいます(えらそーですがm(__)m)
はははw、あざ~すっ!
なにをほめられているのかが、いまいちよく分かっていないのですがw、
いえいえ、天然ぶって、素性の良さを強調したいわけではなく、
なんというか、そこが僕の小憎たらしいところですw。

荘子、って、僕はまったく知らないのですが、
まったく知識がない状態で、一度は、読み解いてみる、
そこを強調したいな♪
そこを端折ると、思考が止まる。
いきなり検索すると、まだ知らないことが、分かったことになってしまう。
だから、一度は、自分に分かったふりをさせない。
分かっていない知識を、分かったように扱わせない。

>ネットで日本語で出てくるのはすべて間違ってますw
はははw、つまり、すべてコピペなんだw。
分かっていない知識を、分かったように扱っている。

>でもさ,一番怖いのは
>もの忘れ,だね
「得魚而忘筌」を、もの忘れ的に捉えている人は、
少なくないと思うわ。
喉元過ぎれば熱さを忘れる、ってのと同じにするから、
「功」なんてのが出てくる。

>日本人の禅は,『莊子』から佛敎をよみとかないから,まるでとんちんかん何でも矮小化して,「心で悟りを啓く仏教体験」スピのハウツーみたいなことでかたづけてるけどw
間違える、ってことさえできないw。

加藤諦三の次は、
色即是空から荘子を読み解いてみようかな。
自信なんてないけれど、
ごまかさない精神は、自ずから安定感を連れてきます。
知ったかぶりをするから自信がなくなるのよw。
そして、自信がないからコピペで分かったふりをする。
なぜ、そんな当たりまえなことを、
知らないのだろう!w
  1. 2017/05/11(木) 11:01:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>理性は失わない方がいいな・・・
神のポジショニングが取れなくなる。
サッカーでも、野球でも、
切り込んでくるギターでも、煽ってくるシンバルでも、
ゲームの状況に応じて、プレイヤーは自分の位置を定める。
全体や他との関係で、位置づけをしていたのに、
立ち位置を失ってしまう。
怖いな。
  1. 2017/05/11(木) 12:13:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

『莊子』は世界を観照してたわごとを言ってるだけなんです。
でもムカシの日本人はそもそもそんなタワゴトをぶつくさつぶやく,ということが,ありうる,ということが

そもそもわからない。

なんか役に立つことが書いてあるんだろうとおもう,うえ,ハウツー本として読まなきゃ本読む価値はない,と思ってる人が,読んでるから,

そこにはかならず処世訓や人生に役立つおしえが書いてなきゃいかんと思う。ムリヤリこじつけたのが,ネット上にあふれる要約です

『莊子』を読んでも,実体経済や,権威や人間関係に役立つことなど何一つ書いてやしない。

ただただ茫漠とした自由と無為でテンパるのは,こんなに,どーでもいー気持ち良さだ,と。
リトルバーリーのナマ音やポールコゾフのマーシャル直,とおなじですね


追:テンパるは,古義のほう,ですw
  1. 2017/05/12(金) 17:46:22 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>『莊子』は世界を観照してたわごとを言ってるだけなんです。
お~、荘子は僕たちの仲間だw。

>なんか役に立つことが書いてあるんだろうとおもう,うえ,ハウツー本として読まなきゃ本読む価値はない,と思ってる人が,読んでるから,
あ~、そういう人たちが読み解けるように、
加工された荘子なのですね。
解らないなら解らないで、解らないと書きゃいいのに。
色覚異常者にだけ読むことができる検査表もあるよ。

>ただただ茫漠とした自由と無為でテンパるのは,こんなに,どーでもいー気持ち良さだ,と。
仲間だなぁ。
僕も、なんの役にも立たないことにリーチをかけてますから。
ほんとに役に立たない。
なんの知識も増えやしないw。

>リトルバーリーのナマ音やポールコゾフのマーシャル直,とおなじですね
加工されない音、ですか~。
  1. 2017/05/12(金) 23:42:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1360-2e09c6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)