馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

夢に胡蝶と為る 3/x


みんなに共通の価値観って、
何があるのだろう。
例えば、人との関わりが大切だとして、
みんなが、当たりまえに、
それに承認を与えているゆえに、
人は、替えが効くのかもしれない。

誰もが、同じように、
人との関わりが大切、と言うのなら、
同じような言葉を選んで、
同じような話を繰り返すのなら、
大切なはずの人との関わりも、
代替可能に成り下がってくる。

誰かの言葉の繰り返しなら、
その誰かは、誰でもいいし、
繰り返す誰かも、誰でもいい。
さらには、人でなくてもいい。
僕は、スマホを見るから、
静かにしてほしい。

髪を切っているときも、
タクシーの車内でも。



    

    僕らが手にしている 富は見えないよ
    彼らは奪えないし 壊すこともない
    世界はただ妬むばっかり



例えば、人との関わりが大切だとして、
自分の言葉で話す人なら、
代替が不可能になってくる。
精神的な富を、
分かち合ってくれる人がいなければ、
その心の豊かさは、

豊かであるゆえに、
その豊かさの持ち主を壊してしまうだろう。



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン


    …… なぜなら、いま彼女が身をもって知ったこと
    ―― それは、もしほかの人びととわかちあえるのでなれれば、
    それを持っているがために破滅してしまうような、
    そういう富があるということだったからです。
    ―― モモ/ミヒャエル・エンデ 著、大島かおり 訳、
    ―― 2001、岩波書店



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月16日 22:02 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢に胡蝶と為る 2/x


関心を寄せることに、または、
時間を投資することに対して、
正当化するための十分な価値を持たないことを、
とりあえず、無為、と呼ぶとして、
独りになると、僕は無為になりたがる。
まるで役立たず、まったく使えない。

多数に認められるような言葉を選んで、
一日のほとんどすべてを過ごしてきたのに、
独りの時間になったら、僕は、
少数にも認められない言葉を選んでいる。
世の中的には、有為ではない、無為な言葉で、
誰も幸せにしないし、少しも有意義ではない。

それは、荘子の夢と同様に、
意図を伴う変化ではない。
どちらにもなれるけれど、
なろうとしてなれるものではない。
世の中的には、有為ではない、無為な行為で、
誰の為にもならないし、何の役にも立たない。

みんなの一員である僕が独りになったのか、
独りの僕がみんなの一員になっているのか、
僕には分からないけれど、
自然にしていいのなら、
意図を伴わないのなら、
何も考えないでいいのなら、

僕は、自然に無為を選んでいて、
意図せずに選ぶものが無為であり、
無為が僕の自然である。
何も考えないでいいときに、
何の役にも立たないことを考えるなんて、
愚の骨頂、馬鹿の極み、

認められなくても当然だと思う。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月16日 12:43 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢に胡蝶と為る 1/x


夢為胡蝶 ―― 夢に胡蝶(こちょう)と為(な)る


昔者、莊周夢為蝴蝶。
栩栩然蝴蝶也。
自喩適志與。
不知周也。
俄而覺、則蘧蘧然周也。
不知、周之夢為蝴蝶與、蝴蝶之夢為周與。
周與蝴蝶、則必有分矣。
此之謂物化。
―― 莊子/内篇、齊物論第二


昔者(むかし)、荘周(そうしゅう)夢に胡蝶(こちょう)と為(な)る。
栩栩然(くくぜん)として胡蝶なり。
自(みずか)ら喩(たの)しみて志(こころざし)に適(かな)へるかな。
周たるを知らざるなり。
俄(にわか)にして覚むれば、則ち遽遽然(きょきょぜん)として周なり。
知らず、周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるかを。
周と胡蝶と、則ち必ず分(ぶん)有らん。
此(こ)れを之(これ)物化(ぶっか)と謂(い)ふ。


昔、私(荘周)は夢の中で蝶になった。
それはひらひらと飛んでいる蝶であった。
自身楽しい気分で、自分の気持ちにぴったり合い、
蝶になりきっていた。
(蝶である自分は人間の)周であることに気付かなかった。
やがてふと目覚めてみると、
自分はなんと驚いた様子の周である。
そこで、人間である周が夢の中で蝶になっていたのか、
蝶が夢の中で周になっているのかがわからなくなってしまった。
(世の常識では、)私(周)と蝶とには必ず区別があるはずである。
このような状態のことを物化(物事の変化)というのである。



        5月に「忘筌(ぼうせん)」で、
        でたらめを書いたけれど。
        得意而忘言と、得魚而忘筌と、色即是空 ―― 1/x

        荘子といえば、「夢為胡蝶」が定番で、
        揺るぎない鉄板の正解があって、
        それは「忘筌」の比ではない。

        僕の半端な思いつきなど、
        愚の骨頂、馬鹿の極み、
        間違いになるに決まっている。

        必ず、間違いなく。



―― 論語・韓非子で学ぶ入試漢文/高橋浩樹 著、
―― 2009、学習研究社



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月15日 18:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何時もの夏がすぐそこにある証


誰からも承認されるような言葉を選んで、
一日のほとんどすべてを過ごしてきたから、

せめて、ブログくらいは、
認められない言葉を表したくなる。

せっかくの独りの時間なのに、
承認されやすいことを書いてどうする?

それとも、承認されにくいことのほかに、
承認してもらいたいことがあるとでも?

承認されやすいことで承認を得て、
それで誰かと分かり合えるとでも?

それで喜び合えるとでも?



    

    君の喜ぶものは ありあまるほどにある
    すべて君のもの 笑顔を見せて



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月13日 23:32 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

世界はただ妬むばっかり


盗んだものなどくだらないし、
くだらないものしか盗めない。
盗まれるようなものなど、
くだらないものだったし、
くだらないものなら、
盗まれたって構わない。

簡単に盗まれるようなものなら、
表現する意味なんてなかったし、
だから、盗まれた、なんて、
騒がなくてもいい。
自分の言葉ではなかっただけのこと。
簡単に盗まれるような言葉なら、

世界の、社会の、他人の言葉で、
もとより僕の言葉ではないもの。



    

    もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
    それは くだらないものだよ
    返して貰うまでもない筈
    何故なら 価値は生命に従って付いている



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月12日 21:03 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

世界はまだ不幸だってさ


この世界には、もう、お手上げで、
絶望を受け容れているけれど、

自分のことなら、
あきらめているわけではない。

世界には、多くを望まないけれど、
自分には、期待を棄てない。

世界には、社会には、他人には、
僕を傷つける力がないから。

間違っていてもいい。
僕は、僕のその構えを、

ニヒリズム、と呼んでみる。



    

    もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして
    それは つまらないことだよ
    なみだ流すまでもない筈
    何故なら いつも言葉は嘘を孕んでいる



    ―― ありあまる富/椎名林檎
    ―― 作詞、作曲、椎名林檎、
    ―― 2009、EMIミュージック・ジャパン



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月12日 12:04 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「腐れ神」の寓意 (´;ω;`)


「あなたのこころがきれいだから
なんでもきれいに見えるんだなあ」

「心がきれいな人は、外見もきれい」
どちらも、きれいなフレーズだ。

どんなにきれいなフレーズでも、
僕が触れば、汚れてしまう。

なんでも、たちどころに腐らせる。
「千と千尋」の、「腐れ神」のように、

世の中には、抜けない刺(とげ)が、
いくつも刺さっている。



    171009.jpg

「カオナシ」がいくらでもいるように、
顔だけ、なんてのもいくらでもいる。

どちらも、どこにでもいる、
ありきたりな、

化け物なのだろう。



    

    張り詰めた日々を 溶かすのは
    朝焼け前の 君のこころ

    両手を 広げたら
    聴こえてくるよ



    ―― 琥珀色の街、上海蟹の朝/くるり
    ―― 作詞、作曲、岸田繁、
    ―― 2016、SPEEDSTAR RECORDS



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月09日 20:03 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

照合してみる (´;ω;`)


「あなたのこころがきれいだから
なんでもきれいに見えるんだなあ」
―― みつを

このフレーズは、
「心がきれいな人は、外見もきれい」
というフレーズを無化させる。

心がきれいな人から見れば、
なんでもきれいに見えるから、
心も外見も、汚いということはない。

「心がきれいな人は、外見もきれい」
そんなのは当然であり、
それ以外には帰結しない。



    160829a.jpg

心が汚い人なんていない。
もしも、そう思えないようなら、
その理由は、自らの心の汚れである。

しかし、その理由は、
心が汚い人なんていないことに矛盾する。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月09日 20:01 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶさいくのきれいな心は、迷惑 (´;ω;`)


「あなたのこころが
きれいだから
なんでもきれいに
見えるんだなあ」
これは違う。

「心がきれいな人は、外見もきれい」
これも違う。
その逆の、
「外見がきれいな人は、心もきれい」
これが正しい。

ぶさいくは、
持ってしまった親切心を、
表に出せば、
迷惑がられる。
きれいな心は、

抑えたほうがいい。



    
    

なにもかも違う。
全員だめだ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月07日 20:35 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

差別を支える因果関係 (´;ω;`)


「心がきれいな人は、外見もきれい」、
これに因果関係を認めると、
ぶさいくは、汚い性格の現れになる。

ハンセン病は業病、
AIDSはゲイの病気、
糖尿病は贅沢病だった。

うつになるのは心が弱い人。
いじめられる側にも原因がある。
頭が悪い人たちの原因と結果は、

あらゆる差別を支え続ける。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年10月07日 20:34 |
  2. 反みつを
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0